メインメニューを開く
左 新設されたペデストリアンデッキ(2005年11月撮影)(注:写真右の赤い建物は取り壊され、その場所に新しくCIAL PLATという6階建ての駅ビルが2009年10月7日に開業した。)
右のビル ステーションタワー東神奈川
左のビル リーデンスフォート東神奈川
(2005年11月撮影)

かなっくシティは、神奈川県横浜市神奈川区東神奈川一丁目のJR東神奈川駅東口と、京急仲木戸駅西口の、両駅間にある再開発地区の名称である。

目次

概要編集

東神奈川駅と仲木戸駅、再開発ビル3棟をペデストリアンデッキで接続している。これにより、地上に降りずにJR・京急両駅の行き来ができるようになった。そのほかにも区民文化センター(かなっくホール)が新設された。この開発と同時期に反対側の東神奈川駅西口でも、歩道橋の架け替え、エレベーターの新設、駅前広場の整備(バスターミナルとタクシー乗り場の位置変更)等が行われた。

再開発ビルが建っている辺りは以前、古く、老朽化した住宅・店舗が建ち並んでいた。横浜市は土地の高度利用、防災性の向上を図るために土地を取得し、バリアフリー化を行い、駐輪場や駅前広場等の公共施設を整備するため、再開発事業を行った。

かなっくシティという名称は、公募により決定した。この地域は、神奈川県道12号横浜上麻生線の南端部が計画中である。[1]

施設編集

  • かなっくシティ東部療育ビル
    • 1階 リワーク神奈川
    • 2階 希望更生センター
    • 3階 横浜光センター
    • 4 - 7階 横浜市東部地域療育センター
  • リーデンスフォート横浜
    • 1 - 2階 店舗
    • 3階 かながわ保育園
    • 4 - 7階 UR都市機構賃貸住宅(40戸)
    • 8 - 19階 分譲住宅(104戸)
  • ザ・ステーションタワー東神奈川
    • 1階 店舗
    • 2 - 4階 かなっくホール(神奈川区民文化センター)
    • 5 - 19階 分譲住宅(112戸)
  • かなっくウォーク(ペデストリアンデッキ)
  • 東神奈川駅前交番
  • 東神奈川駅前駐輪場

周辺施設編集

周辺道路編集

関連項目編集

外部リンク編集