イオン (店舗ブランド)

この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

イオン (AEON) は、イオングループが展開する店舗ブランド。総合スーパー (GMS) とスーパーマーケット (SM) の形態がある。

目次

概要編集

店舗ブランドとしての「イオン」が誕生したのは2007年平成19年)3月2日に開業した複合商業施設LoveLa万代にオープンしたラブラ万代店[1]である。この時は食品に特化した都市型スーパーマーケット業態であった[2]。その後、2008年(平成20年)3月13日モリシア津田沼店を[3]、同年10月9日には南砂町スナモ店をオープンした[4]

 
イオン幕張店(千葉市美浜区幕張
ブランド統合前から「イオン」ブランドで展開する店舗の一つ
(開業当初は「カルフール幕張」で、日本国内におけるカルフール1号店であった)

しばらくは複合商業施設に入居する都市型スーパーマーケットのブランドとしてイオンリテールが展開していたが、2010年(平成22年)3月10日にカルフールSAとの店舗名称使用ライセンス契約が前日の同年3月9日で終了した[5]事に伴い、旧・イオンマルシェが展開していたカルフール6店舗を屋号変更して総合スーパーとしての「イオン」が誕生した[6]。その後、同年4月21日イオン九州が運営していた戸畑サティを改装によりイオン戸畑店としてリニューアル[7]し、同年11月26日にイオンリテールが売上低迷や老朽化のため閉店したジャスコいかるが店跡地に、SSMであるイオンいかるが店をオープンした[8]

そして、いかるが店がオープンする少し前の2010年(平成22年)10月6日にイオンマルシェ・マイカルを順次イオンリテールへ吸収合併し、合わせて、2011年(平成23年)春以降にジャスコサティの店舗名も順次「イオン」に変更・統一することが公式発表された[9]

2011年(平成23年)に入ってからイオン北海道、イオン九州、琉球ジャスコ(現・イオン琉球)もグループ内で追随するように各社が展開していたジャスコ・サティ・ポスフールの名称を廃止し、一斉に「イオン」へ変更・統一することを発表した(琉球ジャスコは「ジャスコ」のみの展開であるため、店舗名称変更の扱いとなっている)[10][11][12]

2011年(平成23年)3月1日広島サティを除くジャスコ・サティ・ポスフール、そして、イオンリテールで唯一のマックスバリュ店舗であったマックスバリュ中条店が一斉にブランド変更を行い、「イオン」に統一された[13][14](広島サティは2011年平成23年)7月18日に閉店[15])。

イオングループ内では、長年イオン株式会社(旧・ジャスコ株式会社)が運営してきた「ジャスコ」に加え、近年の企業買収により獲得した「サティ(マイカルおよびイオン九州[16]運営)」、「ポスフール(イオン北海道運営、かつてはマイカル北海道運営のサティだった)」、「カルフール(イオンマルシェ〈旧:カルフール・ジャパン〉運営)」といった、複数の総合スーパーが並存する状態が続いていたが、今回のブランド名変更で、グループ内の総合スーパーのブランド名が再度統一された。

2015年(平成27年)9月1日にはダイエーが運営していた店舗のうち、マックスバリュ北海道へ継承した札幌円山店を除く北海道の「ダイエー」8店舗とカテプリ新さっぽろの9店舗をイオン北海道へ、愛知県の5店舗をイオンリテールへ、マックスバリュ九州へ継承した吉塚店を除く九州地区の「ダイエー」24店舗をイオンストア九州(同社からの事業受託によりイオン九州が運営)へそれぞれ継承され、北海道と九州地区の店舗は店舗ブランドを「イオン」に一斉変更。愛知県内の店舗は「ダイエー」のままイオンリテールへ継承されたが、同年9月27日をもって「ダイエー」としての営業を終了し、2日間の休業を経て、同年10月1日に店舗ブランドを「イオン」に変更した[17]。なお、カテプリ新さっぽろ店については2016年(平成28年)4月30日をもって一旦営業を終了。同年12月16日の第1期オープン(地下2階から2階部分)に伴って「カテプリ」に名称変更し、建物転借によりイオン北海道からイオンモールへ運営移管した[18][19]

2016年(平成28年)3月1日には、ダイエーが運営していた宮城県・山梨県及び関東・関西地区の一部店舗の29店舗と、マックスバリュ東北が運営していた新潟県内の7店舗[20]の計36店舗をイオンリテールへ継承。継承後、旧「ダイエー」店舗のうち28店舗については、北本店(埼玉県北本市)を皮切りに順次「ダイエー」としての営業を終了し、2日間の休業を経て店舗ブランドを「イオン」に屋号変更されており、3月30日の金剛店(大阪府大阪狭山市)、古川橋駅前店(大阪府門真市)、富雄店奈良県奈良市)、三田店(兵庫県三田市)の屋号変更をもって完了[21]。残る碑文谷店(東京都目黒区)は5月5日をもって「ダイエー」としての営業を終えて改装に入り、12月16日に1階から4階部分の営業を再開し、店舗名をイオンスタイル碑文谷に改めた[22]。また、旧「マックスバリュ」店舗は継承前の同年2月27日までに営業を一旦終了して改装に入り、村上肴町店(新潟県村上市)を皮切りに順次「イオン」へ屋号変更の上営業を再開し、亀田店(新潟県新潟市江南区)の営業再開により完了した。

店舗名称について編集

旧店舗ブランドからイオンにブランド変更された際、同じ店舗名が旧店舗ブランドに複数存在する場合はどちらか一方の店舗の名称が変更された。例えば、ジャスコ福岡東店と福岡東サティの場合、福岡東サティはそのまま福岡東店に変更されたが、ジャスコ福岡東店はモール名称を取って福岡ルクル店[23]に店舗名称が変更された。また、2015年に実施したダイエーの店舗網再編の際にも重複の可能性のある店舗を変更したり逆に維持している店舗もある[24]

また、秋田中央店(旧・秋田サティ)や宇城バリュー店(旧・ジャスコ小川店)[25]のように、ブランド変更に伴って単体で店舗名を変更した店舗も存在しており、旧ジャスコ店舗の一部で見られていた"新"+地名の店舗(既存店舗を閉店し、同じ場所に建て替えあるいは新店舗へ実質移転した店舗)は茨木店(旧・茨木サティ)との店舗名重複を避けるためブランド名変更のみとなった新茨木店(旧・ジャスコ新茨木店)や新名取店(旧・ジャスコ新名取店)[26]といった一部の例外を除き、ほとんどはブランド変更に合わせて"新"を取り、地名のみの店舗名となった。

岡山県倉敷市にあるジャスコイオン倉敷店とジャスコ倉敷店については、総合スーパーとしての機能をジャスコイオン倉敷店に統合し、店舗名から"ジャスコ"が除かれ、倉敷店に。一方、一部フロアがマックスバリュ西日本運営のザ・ビッグ倉敷店となっているジャスコ倉敷店についてはディスカウントストアに業態転換し、ザ・ビッグ倉敷笹沖店となった[27]

また、2014年(平成26年)以降に新規出店やリニューアルオープン等で増加している「イオンスタイルストア」に関しては、開始当初、従来通り「イオン+(地域名)店」の店舗名称であったが、2015年(平成27年)に店舗名称を「イオンスタイル+地域名」に改め、既に「イオンスタイルストア」として運用していた「イオン」の一部店舗も順次店舗名称の改称が行われている。

店舗外観・内装編集

2011年のイオン統一化および2015年のダイエー店舗再編時における店舗ブランド統一の際、JUSCOやSATY・Posful・daieiからÆONへの看板の掛け替えが間に合わなかった店舗が少なくなかった。一方でイオン統一以前から2000年代以降に開店したショッピングセンターを中心にÆONの看板を提示していた店舗も存在した。正式な変更日よりも前に看板の掛け替えを終えた店舗では金融機関のように新社名の看板の上に旧社名の幕で隠すことは行わなかった。店舗内においても一部は新しい案内物に更新されたがポスターや店舗案内版・店内表示などで旧ロゴ(JUSCO・SATYなど)の上に「ÆON・イオン」表示のシールや白テープを張って対処する場合が多い。

店舗内装もブランド統一後にリニューアルした店舗を除き継続使用している。総菜売り場もおもに旧ジャスコでは「READY MEAL」[28]、旧サティ・ポスフールでは「DELICATESSEN」と表記されている。

イメージキャラクター編集

  • 武井咲 - 2011年(平成23年)3月からイオンのCMに出演。
  • HKT48 - 2015年(平成27年)9月からイオン九州限定のCMに出演。
  • Wake Up, Girls! - 2016年(平成28年)9月からイオンの東北地区限定のCMに出演。

店舗編集

  • 2013年9月現在(以下同じ)の最北端店舗:紋別店(北海道紋別市
  • 現在の最東端店舗:根室店(北海道根室市
  • 現在の最南端かつ最西端店舗:那覇店(沖縄県那覇市

なお、福井県には店舗がない。

総合スーパー (GMS)編集

総合スーパーのイオンはイオン北海道、イオンリテール、イオン九州、琉球ジャスコ(現・イオン琉球)が運営していたジャスコ、マイカルとイオン九州が展開していたサティ、そしてイオン北海道の単独業態だったポスフール[29]の3ブランドが2011年(平成23年)3月1日に変更・統合により誕生した。

また、この統合以前にもカルフールから業態転換したイオンブランドの店舗(イオンリテール運営)が、関東関西の一部地域に展開していた(計7店舗)ほか、イオン戸畑ショッピングセンターの核店舗であった「戸畑サティ」が2010年(平成22年)4月に「イオン戸畑店」に改称されていたが、この大幅転換により4社合計で408店舗に拡大した。

なお、同年7月18日で閉店した広島サティは運営会社が合併によりイオンリテールに変更となったものの、すでに閉店が決まっていたため、旧名称のまま営業を続けた。一部がマックスバリュ西日本運営のザ・ビッグ倉敷店となっているジャスコ倉敷店はディスカウントストアのザ・ビッグ倉敷笹沖店に、マックスバリュ長野で唯一運営していたジャスコ新白馬店はスーパーマーケットのマックスバリュ白馬店にそれぞれ業態転換された(マックスバリュ長野では当初、イオンリテールから長野県内のジャスコ4店舗を譲り受けたが、マックスバリュに業態転換された新白馬店を除く3店舗は順次ザ・ビッグに転換。マックスバリュ白馬店に関しても2014年10月4日にザ・ビッグに再業態転換)。

ブランド統合を完了してから2015年8月までに32店舗の新規開業(建て替えなどで「ジャスコ」時代に一旦閉店し、旧店舗と同じ場所で「イオン」として開業した店舗を含む)と14店舗の閉鎖を行い、18店舗増加した。

そして、2015年9月1日のダイエーの店舗網再編により、北海道の「ダイエー」8店舗と「カテプリ新さっぽろ」がイオン北海道へ、九州地区の「ダイエー」24店舗がイオンストア九州(同社からの事業委託によりイオン九州が運営)へそれぞれ移管し、一斉に「イオン」へブランド変更したことで33店舗追加。その際、壱岐店とプラザ大島店も移管したことにより、これまで「イオン」では展開されていなかった離島にも進出した。愛知県の「ダイエー」5店舗は店舗ブランドを変更せずにイオンリテールへ移管された後、同年9月27日をもって「ダイエー」としての営業を終了し、2日間の休業を経て、同年10月1日に「イオン」へブランド変更したことで、もう5店舗追加。その間に1店舗の閉鎖があった。

2015年10月から2016年2月にかけ、3店舗の開業と1店舗の閉鎖を行い2店舗増加。2016年3月1日に、本州の一部の「ダイエー」29店舗がイオンリテールへ移管され、うち28店舗は順次「イオン」へブランド変更したほか、同時期に新規店舗も1店舗開業したことであわせて29店舗増加。同年4月に1店舗を開業した一方、カテプリ新さっぽろ店が全面改装のため一旦閉店(同年12月16日の第1期リニューアルオープンをもって「カテプリ」に改称し、建物貸借により運営をイオンモールへ移管)。同年5月に1店舗の開業と2店舗の閉鎖を、同年8月に1店舗を閉鎖、同年12月に1店舗を開業し、さらに、改装のため閉店した旧ダイエー碑文谷店がイオンスタイル碑文谷として再開業。2017年1月から3月にかけて4店舗を順次閉鎖し、翌月にはブランド統一後初めて徳島県に1店舗出店。同年6月から9月にかけて5店舗の開業と2店舗の閉鎖[30]を行い、2017年11月時点で総合スーパー業態は495店舗を展開する。

イオンリテールの公式サイトには運営会社や業態に関係なく全国の「イオン」が掲載されている[31]

特徴的な店舗編集

GMS業態の店舗は衣食住のフルライン展開で、単独での出店・ショッピングセンターの核店舗での出店に関わらず、複数階にフロアを構えるのが通常であるが、中には通常のGMS業態の店舗とは異なる以下のような特徴的な店舗が存在する。

スーパーマーケット (SM)編集

 
イオンモリシア津田沼店
(千葉県習志野市、イオンリテール運営

スーパーマーケットのイオンは、イオンリテールが運営する、地域に密着した食料品・日用品中心のスーパーマーケットである。前述のとおり、複合商業施設内への出店だったこともあり、これらの店舗では「イオン食品館」の屋号を掲げている。2011年(平成23年)3月1日にはイオンリテールで唯一のマックスバリュとして営業していた中条店(新潟県胎内市)が「イオン」へブランド変更した。

その後、スーパーマーケット業態での新規店舗も開業するようになり、2015年(平成27年)12月4日にイオンタウン仙台富沢の核店舗としてオープンした仙台富沢店(宮城県仙台市太白区)は、イオンリテール運営店舗で初となる売場面積1,000平方メートル以下の小型店舗(約840平方メートル)[32]。2016年(平成28年)3月5日にオープンした広野店(福島県双葉郡広野町)は広野町の公共商業施設である「ひろのてらす」に入居する店舗である[33]。同年7月12日には、山梨県甲府市の商業施設ビルKoKoriの地下1階に、甲府ココリ店をオープンした[34]

また、前述のとおり、同年3月1日にマックスバリュ東北が運営していた新潟県の「マックスバリュ」7店舗がイオンリテールへ継承され、同年3月15日に村上肴町店が開業したのを皮切りに、同年3月17日に山二ツ店(新潟県新潟市中央区)、同年3月19日に荒川アコス店(新潟県村上市)、同年3月22日に藤見町店(新潟県新潟市東区)、同年3月24日に上木戸店(新潟県新潟市東区)、同年3月26日に笹口店(新潟県新潟市中央区)と順次「イオン」としてオープンし、同年3月30日にオープンした亀田店を以ってマックスバリュ東北から継承したすべての店舗を「イオン」としてオープンした[35]

なお、モリシア津田沼店と南砂町スナモ店は2017年8月31日をもって閉店し、ダイエーへ吸収分割の上で継承され、屋号を「ダイエー」に改め、後述するフードスタイルストア(AEON FOOD STYLE by daiei)業態に移行して同年9月5日にオープンした[36][37]

同年9月20日には、埼玉県吉川市にあるイオンタウン吉川美南の2期区画の増床オープンに合わせ、核店舗として、SSM業態のイオン吉川美南店がオープンした[38]

このため2017年9月時点で、スーパーマーケット業態は新潟県が9店舗、宮城県・福島県・埼玉県・山梨県が各1店舗ずつの計13店舗を展開する。

また、上記以外の「マックスバリュ」については統合は行われず、従来通りの屋号で展開される。

イオンエクスプレス編集

イオンリテールでは、「イオン」の派生業態として小型スーパーマーケット「イオンエクスプレス」を展開しており、エクスプレス仙台荒町店(宮城県仙台市若林区)を実験店として開業したのを皮切りに、都市部に展開している。

これまではイオンの店舗案内サイトには掲載されなかったが、2016年7月に宮城県仙台市内の7店舗がイオンの店舗案内サイトに掲載されるようになった。同年12月5日には、大阪府大阪市平野区にエクスプレス平野駅前店をオープンした。

2017年9月時点で、宮城県11店舗、大阪府1店舗の計12店舗がイオンの店舗案内サイトに掲載されている。

新店舗分類編集

 
イオンスタイル多摩平の森
(東京都日野市多摩平、イオンリテール運営)
東京都内でのイオンスタイル1号店
 
イオンスタイル笹丘
(福岡県福岡市中央区、イオン九州運営)
※旧ダイエーからイオンを経てイオンスタイルとなった初めての店舗
 
イオンスタイルラブラ万代 (かつてのダイエー新潟店)
(新潟県新潟市中央区、イオンリテール運営)
※店舗ブランドとしての「イオン」1号店だった (ダイエーからイオンへの直接の継承は行われていない)
 
ダイエー神戸三宮店
(兵庫県神戸市中央区、ダイエー運営)
京阪神地区でのフードスタイルストア第一号店
店舗外観に「ÆON FOOD STYLE by daiei」ロゴを掲げている[39]

イオングループでは2014年10月に、2015年1月のダイエーの完全子会社化などを踏まえ、既存店舗を5業態に再分類した上でそれぞれについて改革を行う方針を明らかにしており[40]、イオン・ダイエーについては以下の3業態に分けられる。

イオンスタイルストア(イオンスタイル)
ファミリー向け業態。「商品やサービスを通して生活の“スタイル”をご提案する」をキャッチコピーとする。店舗によっては衣料品を扱わない等、特定の品目に特化した構成となる。
この業態に関しては旭川駅前店北海道旭川市)など、2014年以降に新規開業あるいはリニューアルオープンした一部店舗から運用を開始しており、2015年4月24日にはレイクタウン店埼玉県越谷市)と鎌取店千葉県千葉市緑区)の2店舗が改装オープンに伴ってい店舗名称を「イオンスタイルレイクタウン」と「イオンスタイル鎌取」に変更したのを皮切りに、多摩平の森東京都日野市)や茨木大阪府茨木市)など、イオンリテールが運営する一部店舗も順次、店舗名称を「イオンスタイル」に改称。「イオン」の1号店であるラブラ万代店も、2016年7月22日の改装オープンに伴って店舗名称を「イオンスタイルラブラ万代」に変更した[41]。また、イオン琉球が運営するライカム店沖縄県中頭郡北中城村)も「イオンスタイルライカム店[42]」に名称変更したほか、イオン九州でも平成28年熊本地震の影響で休業していた熊本店の2階が2016年7月20日の営業再開に合わせて九州地区での「イオンスタイル」1号店である「イオンスタイル熊本[43]」に改装し、同年9月10日には旧ダイエー店舗だった笹丘店をイオンスタイル笹丘に改称・リニューアルオープンしたことで、2017年8月現在、30都府県・56店舗が「イオンスタイル」名義となっている。殆どの店舗が「イオン」からの転換[44]か新規開業だが、イオンスタイル碑文谷東京都目黒区)は「ダイエー」から改装・休業を経て直接「イオンスタイル」に転換した店舗である。なお、イオンリテール運営の一部店舗やイオン九州運営の店舗では一部のフロアに「AEON STYLE STORE」の看板を掲げている店舗がある。
※ただし、幕張新都心千葉県千葉市美浜区)・和歌山和歌山県和歌山市)・天童山形県天童市)・名古屋茶屋愛知県名古屋市港区)は、直営店内に設置されているフロア案内と店名以外では、イオンスタイルのロゴと名称を使用していないため、出入口には他店と同様の「ÆON」の看板が設置してあり、出入口名は、イオンスタイルストアになっている。また、専門店街から直営ゾーンに入るところは、「ÆON STYLE STORE」となっている。
イオングランドジェネレーションストア
シニア向け業態。「グランドジェネレーション」とは、元々同社が2012年に「50代以上のアクティブ顧客」を指す名称として使い始めたもので(発案者は小山薫堂[45]、きめ細かい接客を売りとする。
2013年5月にイオン葛西店(東京都江戸川区)で初めて導入され、その後、2014年4月にイオンマリンピア店(千葉県千葉市美浜区[46]、同年9月にイオン八事店(愛知県名古屋市昭和区[47]、2017年6月にイオンスタイル新茨木(旧イオン新茨木店、大阪府茨木市)[48]にも順次導入され、4店舗を展開する。
フードスタイルストア (ÆON FOOD STYLE by daiei)
「食にこだわる総合スーパー」がキャッチコピーの食品関連に特化した業態。原則として旧ダイエーのうち関東・関西地区の大規模店舗がこの業態にリニューアルされる[49]
本業態については2015年6月20日にリニューアルオープンしたダイエー赤羽店が1号店である。店舗ブランドは「ダイエー」のままだが、店舗外観に「ÆON FOOD STYLE」ロゴが掲げられている。2016年11月19日にリニューアルオープンした三軒茶屋店(東京都世田谷区、旧foodium)と東三国店(大阪府大阪市淀川区、旧グルメシティ)からは黒を基調とした「ÆON FOOD STYLE by daiei」の新しい店舗看板が掲げられている。2017年8月現在、6都府県13店舗がこの業態となっている。
上記の通り、モリシア津田沼店と南砂町スナモ店は2017年9月5日よりイオンリテールからダイエーに継承され、この業態に変更された[50]。「イオン」店舗が「ダイエー」に転換するのはこれが初の例となる[51]
なお、この業態はあくまでダイエーの店舗であるため、先述のイオンの店舗数やイオンリテールの公式サイトの全国のイオン店舗案内には含まれていない。

閉店した店舗編集

本項では「イオン」にブランド変更された後に閉店した店舗を述べる。

東北地区編集

関東地区編集

  • 下市店(茨城県水戸市、1982年(昭和57年)5月29日開店 - 2015年(平成27年)2月15日閉店)
    旧伊勢甚ジャスコ時代から営業していた店舗の一つだった。
    店舗の老朽化により一時閉店。
  • 取手店(茨城県取手市、1996年(平成8年)10月開店 - 2015年(平成27年)9月30日閉店)
    開業当初はジャスコ取手店として営業していた。周辺地域に複数の大型店舗が進出したことで環境が変化し、それによる競争激化によって売上高が減少したことが要因[56]
  • 北本店(埼玉県北本市、1980年(昭和55年)9月開店- 2017年(平成29年)6月30日閉店)
    ダイエーからの転換店舗。忠実屋として開店し、1994年(平成6年)にダイエーとなる。2016年(平成28年)3月1日にイオンリテールに継承された旧ダイエー店舗のうち、最も早い同年3月4日に「イオン」へ鞍替えした店舗であると共に最初の閉店店舗にもなった[30]

甲信越・北陸地区編集

  • 新潟店(新潟県新潟市西区青山2[57]1979年(昭和54年)8月開店[58] - 2012年(平成24年)2月20日閉店[57]
    1993年(平成5年)には売上高100億円を超えていたが閉店時は半分程度に落ち込んだこと[59]に加えて店舗老朽化などが進んでいたことから全面建て替えするため一時閉店となった[60]2012年(平成24年)3月21日から[要出典]2013年(平成25年)3月3日までは仮店舗としてイオン青山食品館を営業していた[59]
    2013年(平成25年)4月23日にイオン新潟青山ショッピングセンターの核店舗となるイオン新潟青山店として再開業した[59]
  • 砺波店(富山県砺波市新富町[61]1992年(平成4年)開店[61] - 2013年(平成25年)2月28日閉店[61]
    JR砺波駅の北西約500mの中神地区に出店していたが、隣接の中神土地区画整理組合から保留地を取得し、敷地を約5万m2に拡大した新店舗へ建て替えのため一時閉店となった[62]
    2015年(平成27年)7月14日にイオンモールとなみとして再開業され、核店舗は同年4月にリニューアルオープンしたイオンスタイルレイクタウン(旧イオンレイクタウン店)やイオンスタイル鎌取(旧イオン鎌取店)から開始した新店舗分類の名称である「イオンスタイル」を冠したイオンスタイルとなみとなった[63]
  • 東松本店(長野県松本市、1981年(昭和56年)3月25日開店 - 2015年(平成27年)3月24日閉店)
    松本カタクラモールの核店舗として出店。建て替えに伴うSC全体の完全閉鎖に伴い閉店。
    2017年(平成29年)9月21日にイオンモール松本として再開業され、核店舗は長野県内での「イオンスタイル」1号店であるイオンスタイル松本となった[64]

東海地区編集

近畿地区編集

  • 藤井寺店(大阪府藤井寺市1973年(昭和48年)12月1日開店 - 2014年(平成26年)2月28日閉店[71]
    イオンモール藤井寺の核店舗。店舗老朽化による全面建て替えに伴い一時閉店。
  • 光明池店(大阪府和泉市2001年(平成13年)2月6日開店 - 2014年(平成26年)8月31日閉店)
    カルフール光明池としてオープンし、2010年(平成22年)3月10日付でイオン光明池店に変更。ブランド統合に先駆けて「イオン」で営業していた店舗の1つだった。
  • 寝屋川店(大阪府寝屋川市1978年(昭和53年)3月24日開店 - 2016年(平成28年)8月31日閉店)
    イオンモール寝屋川の核店舗(開業当初はジャスコ寝屋川店として開業)。全面建替に伴い一時閉店。
  • 西神戸店(兵庫県神戸市西区1988年(昭和63年)11月10日開店 - 2014年(平成26年)12月31日閉店)
    西神戸サティとしてオープンした店舗だった。跡地には近隣で営業していたケーズデンキが建物を新築したうえで移転した。
  • 向日町店(京都府向日市、1981年(昭和56年)開店 - 2015年(平成27年)5月31日閉店[72]
    ニチイ向日町店として開業。1997年(平成9年)に向日町サティ、2011年3月にイオン向日町店となった。イオンモール京都桂川の開店や建物の老朽化が閉店の理由[72]
    店舗跡は解体され、マンション等からなる複合施設が建設される予定で、商業施設としてダイエーが出店する他、向日市市役所の一部機能が移転する見通しとなっている[73]
  • 大久保店(京都府宇治市1979年(昭和54年)3月8日開店 - 2016年(平成28年)5月31日閉店)
    ニチイ大久保店として開業。後に大久保サティ、2011年3月にイオン大久保店となった。店舗面積の狭さなどで消費者のニーズの多様化に対応できず、ピーク時に比べて売り上げが減少したことが閉店の理由[74]

中国地区編集

  • 出雲店(島根県出雲市、1981年(昭和56年)開店 - 2014年(平成26年)8月31日閉店)
    ジャスコ出雲店として開業し、2011年3月にイオン出雲店に改称した。
    閉店後、全面建て替えを行い、2016年(平成28年)5月2日に「イオンモール出雲」の核店舗となる「イオンスタイル出雲」として再開業した[75]
  • 廿日市店広島県廿日市市、1986年(昭和61年)5月開店 - 2014年(平成26年)4月30日閉店[76]
    ニチイ廿日市店としてオープンし、のち廿日市サティ→イオン廿日市店。
  • 安岡店(山口県下関市梶栗町[77]1989年(平成元年)9月15日開店[77] - 2013年(平成25年)9月末閉店[78]
    鉄筋コンクリート2階建てで、売り場面積は延べ5,300m2(直営売り場面積4,573m2[77]
    閉店後、同じグループ会社のマックスバリュ西日本へ店舗継承されてディスカウントストアに業態転換し、2013年(平成25年)11月14日に「ザ・ビッグ安岡店」としてリニューアルオープンした[78]

九州地区編集

  • 徳力店福岡県北九州市小倉南区1979年(昭和54年)10月23日開店[79] - 2017年(平成29年)8月31日閉店[80]
    1979年(昭和54年)10月に「ニチイ徳力店」として開店。マイカル九州が運営していたが、2007年8月21日より同社を吸収合併したイオン九州の運営となり、2011年3月1日に店舗ブランド統一により「徳力サティ」から改称した。建物の老朽化が閉店の理由。
  • 西新店福岡県福岡市早良区、1967年(昭和42年)9月14日開店 - 2016年(平成28年)5月31日閉店[81]
    1958年(昭和33年)9月に丸栄の1号店として開店した「丸栄西新店」が前身で、5階建てに改築して新規オープン。開業当初は「ユニード西新店」として営業し、1980年代末期にディスカウントストアの「トポス西新店」へ業態転換されたが、2006年に店舗ブランド整理の為「ダイエー西新店」へ再転換。前述のとおり、2015年9月に「イオン西新店」となった。建物の老朽化が閉店の理由。閉店後、店舗は解体され、建て替える予定である[82]
  • 城野店(福岡県北九州市小倉南区、1981年(昭和56年)2月27日開店 - 2017年(平成29年)1月31日閉店[83]
    開業当初は「ダイエー城野店」として営業しており、前述のとおり、2015年9月に「イオン城野店」となった。店舗を取り巻く環境の変化や建物の老朽化が閉店の理由。
  • 水巻店(福岡県遠賀郡水巻町、1983年(昭和58年)4月29日開店 - 2017年(平成29年)3月31日閉店[84]
    開業当初はユニード運営の「水巻アピロス」として営業し、1994年4月にユニードがダイエーに合併の際、「ダイエー水巻店」に改称。前述のとおり、2015年9月に「イオン水巻店」となった。店舗を取り巻く環境の変化やユーザーニーズへの対応・期待されるサービス対応が十分にできなくなったことが閉店の理由。
  • 銅座店長崎県長崎市、1969年(昭和44年)11月13日開店 - 2017年(平成29年)2月28日閉店[85]
    開業当初は「丸栄長崎店」として開店し、後に「ユニード長崎店」に改称。ユニードがダイエー入りした際に「ショッパーズ長崎」に改称した。1994年4月にユニードがダイエーに合併の際、「ダイエー長崎店(現在のイオン長崎店)」との店舗名重複を避けるために「ダイエー銅座店」に改称。前述のとおり、2015年9月に「イオン銅座店」となった。建物の老朽化が閉店の理由。
  • 鹿児島谷山店鹿児島県鹿児島市、1996年(平成8年)3月1日開店 - 2017年(平成29年)1月31日閉店[86]
    九州地区で3店舗目のハイパーマート業態として開業。開業当初は「ハイパーマート鹿児島谷山店」として営業し、2002年9月1日に「ダイエー鹿児島谷山店」へ転換。前述のとおり、2015年9月に「イオン鹿児島谷山店」となった。店舗を取り巻く環境の変化やユーザーニーズへの対応・期待されるサービス対応が十分にできなくなったことが閉店の理由。

移転した店舗編集

本項では「イオン」にブランド変更された後に移転し、旧店舗と同じ店舗名で営業している店舗を述べる。なお、以下に述べる木更津店と岡山店の新店舗は前述の新店舗分類の1つのファミリー向け業態である「イオンスタイルストア」として営業しており、2015年からは店舗名称を「イオンスタイル木更津」・「イオンスタイル岡山」に改称されている。

関東地区編集

  • (旧)木更津店(千葉県木更津市朝日、1982年(昭和57年)11月17日開店 - 2014年(平成26年)8月31日閉店)
    扇屋ジャスコ時代から営業していた店舗の一つで、木更津グリーンシティショッピングセンター(現在のイオンタウン木更津朝日)の核店舗として営業していた。
    2014年10月18日に市内築地に開業したイオンモール木更津の核店舗として移転オープン。旧店舗跡の一部がグループ会社のカスミに継承され、同年11月14日にスーパーマーケット「フードスクエアカスミイオンタウン木更津店」としてオープン。2015年9月24日には木更津市役所の新庁舎建設に伴う仮庁舎として、市民部・福祉部・財務部・都市整備部・教育部などが旧店舗跡2階に移転して「朝日庁舎」が開設された。
  • (旧)ユーカリが丘店(千葉県佐倉市ユーカリが丘4丁目、1992年(平成4年)3月6日開店 - 2016年(平成28年)6月5日閉店)
    当初は「ユーカリが丘サティ」として開業し、2011年3月の店舗ブランド統合により「イオンユーカリが丘店」に改称した。
    2016年6月10日に市内ユーカリが丘6丁目に開業したイオンタウンユーカリが丘の核店舗として移転オープンし、ファミリー向け業態として「イオンスタイルユーカリが丘」に再改称された[87]

中国地区編集

  • (旧)岡山店(岡山県岡山市北区青江1976年(昭和51年)12月5日開店 - 2014年(平成26年)9月30日閉店)
    鉄筋コンクリート3階建ての店内にはエレベータがなく、1階から3階の屋上駐車場までスロープで結んでいるのが特徴であった。
    旧イオン岡山店が開店して丁度38年となる2014年12月5日に区内下石井1丁目、岡山駅前に開業したイオンモール岡山の核店舗の1つとして移転オープンした。
    旧店舗は老朽化の為にリフォームして再利用することが閉店案内と同時に発表されたがどのように利用するのかは発表していない。

九州地区編集

  • (旧)姶良店(鹿児島県姶良市東餅田、1988年(昭和63年)11月25日開店 - 2016年(平成28年)2月14日閉店)
    元々は旧姶良町を拠点とするスーパーを運営するヱビスヤ(後のマイカル南九州)とマイカル九州が共同で開業した鉄筋コンクリート3階建ての「サンシティ・リブレ」を前身とし、核店舗には「ショッピングデパートヱビスヤ」が入居していた。2000年にマイカル南九州とマイカル九州の統合により「姶良サティ」に改称し、2007年からはマイカル九州を合併したイオン九州が運営。2011年3月に核店舗が「イオン姶良店」に改称すると同時にSC名が「イオン姶良ショッピングセンター」となった。
    2016年3月10日に、旧店舗の西側に位置する西餅田に開業したイオンタウン姶良の核店舗として移転オープンした。旧店舗は解体され、2017年4月22日に市民サービスセンター、事業所内保育施設、シネマコンプレックス、専門店街などで構成された東街区をグランドオープン。これにより、賃貸面積としてはイオンタウン最大規模のショッピングセンターに発展した[88]

運営会社編集

日本編集

イオンは次のイオングループ各社が福井県を除く46都道府県で運営している(かつてはジャスコ・サティ・ダイエーが出店していたが、後に撤退している。旧ジャスコ店舗がない山梨県については旧サティ店舗の石和店が編入し、甲府昭和店が開業、2016年3月のダイエー店舗網再編により大月店が加わり、同年7月には食品スーパー業態の甲府ココリ店が開業。徳島県にはブランド統一後しばらく店舗が無かったが、旧ジャスコ店舗跡に出店する形で2017年4月にイオンスタイル徳島が開業)。マックスバリュと異なり、運営エリアは明確に分けられている。

  • イオン北海道株式会社
    • 営業エリア:北海道
    • 「火曜市」や「お客さま感謝デー」、「お客さまわくわくデー」のTVCMはイオンリテールとは別のもの(マックスバリュ北海道と合同)を放映している。
  • イオンリテール株式会社
    • 営業エリア:本州・四国地区
    • ブランド変更と同時に「サティ」を展開していたマイカルを吸収合併(これにより「ビブレ」の運営も引き継いだが、2016年3月に「フォーラス」と共に株式会社OPAへ移管した)。
    • ダイエーから転換された店舗の一部は、イオンリテールストア株式会社に運営委託(直営売場のレシートにも、イオンリテール株式会社ではなく、同社の名称で表示される)している拠点も存在する。
    • 前述した食品スーパー業態の「イオン(イオンスタイルラブラ万代を含む)」も運営する。
  • イオン九州株式会社
    • 営業エリア:九州地区(沖縄県を除く)
    • ダイエーから転換し店舗(イオンスタイル笹丘を含む)では、イオンストア九州株式会社から運営委託している(直営売場のレシートにも、イオン九州株式会社ではなく、同社の名称で表示される)している拠点も存在する。
    • 九州地区の「火曜市」はマックスバリュ九州では実施されていなかった(代替で「木よう市」を実施する)ため、同社では「スーパー火曜市」として独自のTVCMを放映していたが、2012年11月20日よりマックスバリュ九州でも「火曜市」がスタートされたため、同年11月19日より共通のTVCMに差し替えとなっていた(マックスバリュ九州独自の「木よう市」は現在も並行開催されているため、CMの途中に「九州のマックスバリュでは木曜市も開催」のテロップが入る)。2014年6月30日からは再び九州地区限定の「火曜市」のTVCMが放映されている(当初は2012年11月以前のCMと同様だったが、後に複数回変更されている)。
  • イオン琉球株式会社(旧・琉球ジャスコ株式会社)
    • 営業エリア:沖縄県
    • 独自セールである「水曜市」や「土日市」、「いちゃりば祭」はイオンにブランド変更も継続実施されている。

日本国外編集

中国マレーシアでは日本国内での店舗ブランド統合後も「ジャスコ(JUSCO)」の屋号を継続していたが、順次日本国内と同じ「イオン(AEON)」に屋号変更している。2014年(平成26年)にはベトナムカンボジアに順次進出したほか、中国でも江蘇省や湖北省に進出するなど、海外では店舗網の拡大が進んでいる。

なお、イオンストアーズ香港では「イオンスーパーマーケット(AEON SUPERMARKET)」の屋号で食品スーパー業態も展開している。

中国編集

店舗数(2015年2月現在) - 58店舗(イオンストアーズ香港13店舗、イオン華東1店舗、イオン湖北1店舗、イオン華南11店舗、北京イオン5店舗、広東イオン17店舗、青島イオン東泰10店舗)

GMS業態 - 45店舗(イオンストアーズ香港8店舗、イオン華東1店舗、イオン湖北1店舗、イオン華南9店舗、北京イオン5店舗、広東イオン12店舗、青島イオン東泰9店舗)
SM業態 - 13店舗(イオンストアーズ香港5店舗、イオン華南2店舗、広東イオン5店舗、青島イオン東泰1店舗)
  • 永旺(香港)百貨有限公司(AEON Stores (Hong Kong) Limited - イオンストアーズ香港)
    • 営業エリア:香港
    • イオンストアーズ香港では、2012年11月29日に旧ジャスコ荃灣店から移転オープンした新荃灣店から屋号が「AEON」となっている。
  • 永旺華東(蘇州)商業有限公司(AEON EAST CHINA (SOZHOU) CO., LTD. - イオン華東)
    • 営業エリア:江蘇省
    • 2013年5月20日設立[89]。2014年4月25日にイオンモール蘇州呉中の核店舗として、イオン蘇州呉中店をオープン[90]
  • 永旺(湖北)商業有限公司(AEON (HUBEI) CO., LTD. - イオン湖北)
    • 営業エリア:湖北省
    • 2013年3月21日設立[89]。2014年12月19日にイオンモール武漢金銀潭の核店舗として、イオン武漢金銀潭店をオープン[91]
  • 永旺華南商業有限公司(AEON South China Co., Ltd. - イオン華南)
    • 営業エリア:広東省(深圳市、恵州市恵城区、佛山市順徳区)
    • イオン華南では、2013年3月30日に開業した恵陽店から屋号が「AEON」となっている。
  • 永旺商業有限公司(Beijing AEON Co., Ltd. - 北京イオン)
    • 営業エリア:北京市・天津市
  • 広東永旺天河城商業有限公司(Guangdong Aeon Teem Co., Ltd. - 広東イオン)
    • 営業エリア:広東省(イオン華南が運営する地区を除く)
    • 広東イオンでは、2013年1月2日に開業したスーパーマーケット海港城店から屋号が「AEON」となっており、同年3月1日に既存店全てを「AEON」に屋号変更し、広東吉之島天貿百貨有限公司(Guangdong JUSCO Teem Stores Co., Ltd、広東ジャスコチームストアーズ)から商号変更した[92]
  • 青島永旺東泰商業有限公司(Qingdao AEON Dongtai Co., Ltd. - 青島イオン東泰)
    • 営業エリア:山東省

ASEAN諸国編集

店舗数(2015年2月現在) - 32店舗(イオンマレーシア29店舗、イオンカンボジア1店舗、イオンベトナム2店舗)

  • AEON Co. (M) Bhd.(イオンマレーシア)
    • 営業エリア:マレーシア
    • イオンマレーシアでは、2012年(平成22年)4月14日にオープンしたイポーステーション18店から屋号が「AEON」となっており、既存店も順次「AEON」に屋号変更されている。
  • AEON(CAMBODIA)Co.,Ltd.(イオンカンボジア)
    • 営業エリア:カンボジア
    • 2012年(平成24年)8月3日設立。2014年(平成26年)6月30日にイオンモールプノンペンの核店舗として、イオンプノンペン店をオープン[93]
  • AEON VIETNAM CO.,LTD(イオンベトナム)
    • 営業エリア:ベトナム
    • 2011年(平成23年)10月7日設立。2014年(平成26年)1月11日にイオンモールタンフーセラドンの核店舗として、イオンタンフーセラドン店をオープン[94]、次いで、同年11月1日にイオンモールビンズオンキャナリーの核店舗として、イオンビンズオンキャナリー店をオープンした[95]

POSシステム編集

  • 食品有人レジには東芝テック製 (M-8000・LS-790T) が導入されている。
  • 食品有人レジ以外の有人レジには東芝テック製 (M-6800またはM-8000・客面ディスプレイタイプ) もしくは富士通製が混在している。
  • セミセルフレジ(お支払いセルフレジ)では、チェッカー側は東芝テック製もしくは寺岡精工製が、精算機側は寺岡精工製が導入されている。
  • セルフレジには日本NCR[96]および富士通フロンテック[97]が導入されている。
  • WAONをはじめとするICカード読み取り機は、JREM製とパナソニック製を併用している。

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ “イオン ラプラ万代店 3月2日オープン 新潟県新潟市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2007年3月8日)
  2. ^ “3月2日(金)「イオン ラブラ万代店」オープン” (プレスリリース), イオン株式会社, (2007年2月23日), http://www.aeon.info/company/data/1173635_789.html 2011年3月1日閲覧。 
  3. ^ “イオン、直営都市型SM「イオンモリシア津田沼店」開店 コンビニゾーン併設”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2008年2月27日)
  4. ^ “オープン情報=イオンリテール「イオン南砂町スナモ店」”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2008年10月8日)
  5. ^ “カルフールとイオンのライセンス契約終了について” (PDF) (プレスリリース), イオン株式会社, (2010年1月15日), http://www.aeon.info/ICSFiles/afieldfile/2010/01/15/100115R.pdf 2011年1月24日閲覧。 
  6. ^ “イオン 店名を「カルフール」から「イオン」へ”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2010年3月18日)
  7. ^ 戸畑サティは「イオン戸畑ショッピングセンター」に変わります。4月23日(金)「イオン戸畑店」がグランドオープンにさきがけ新生オープン! (PDF) - イオン九州株式会社 ニュースリリース、2014年10月6日閲覧。
  8. ^ “イオン、斑鳩にショッピングセンター”. 週刊奈良日日新聞 (奈良日日新聞社). (2010年11月12日)
  9. ^ “当社連結子会社間の合併契約締結に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), イオン株式会社, (2010年10月6日), http://www.aeon.info/company/data/2010/pdf/101006R_1.pdf 2011年1月24日閲覧。 
  10. ^ “3月1日(火)「新生イオン」誕生! 北海道の「ジャスコ」と「ポスフール」は『イオン』に生まれ変わります” (PDF) (プレスリリース), イオン北海道株式会社, (2011年2月18日), http://www.aeon-hokkaido.jp/news_pdf/news_268.pdf 
  11. ^ “3月1日(火)「新生イオン」誕生!九州内のジャスコ及びサティが「イオン」に生まれ変わります” (PDF) (プレスリリース), イオン九州株式会社, (2011年1月25日), http://www.aeon-kyushu.info/news/2011/110125.pdf 2011年1月26日閲覧。 
  12. ^ “〜県内ジャスコ5店舗が「イオン」に生まれ変わります〜 3月1日(火)「ジャスコ」から「イオン」に店名変更のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 琉球ジャスコ株式会社, (2011年2月10日), http://www.aeon-ryukyu.jp/news/pdf/00364.00000001.pdf 2011年2月17日閲覧。 
  13. ^ “サティ:名称「イオン」に 全国91店舗で”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2011年3月1日)
  14. ^ “ポスフールもジャスコもイオンに 3月1日から名称統一”. 苫小牧民報 (苫小牧民報社). (2011年2月16日)
  15. ^ “広島サティ:閉店 SC競争激化直撃 営業14年“感謝””. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2011年7月19日)
  16. ^ 旧:マイカル九州
  17. ^ 店舗移管についてのお知らせ - 株式会社ダイエー お知らせ 2015年9月1日
  18. ^ イオンモール/イオンカテプリ新さっぽろ店を活性化”. 流通ビジネス (2016年4月15日). 2016年10月29日閲覧。
  19. ^ “新さっぽろ駅前が生まれ変わる、40年目の"REBORN!" 11月25日(金)「サンピアザ」「デュオ」「イオン新さっぽろ店」 12月16日(金)「カテプリ」第1期 REBORN!オープン” (PDF) (プレスリリース), 札幌副都心開発公社、イオンモール、イオン北海道(3社連名), (2016年11月17日), http://www.aeonmall.com/files/management_news/889/pdf.pdf 2016年11月27日閲覧。 
  20. ^ 2013年5月に自己破産を申請した株式会社パワーズフジミから継承し、居抜き出店していた
  21. ^ 店舗移管についてのお知らせ - 株式会社ダイエー お知らせ 2016年2月29日(2016年3月10日閲覧)
  22. ^ “12/16(金)「イオンスタイル碑文谷」ソフトオープン” (PDF) (プレスリリース), イオンリテール株式会社, (2016年12月16日), http://www.aeonretail.jp/pdf/161216R_2.pdf 2016年12月19日閲覧。 
  23. ^ モール名称の変更に伴い、2012年(平成24年)1月1日付で店名を福岡店に変更。
  24. ^ ダイエー鹿児島店はそのままのブランド転換ではイオン鹿児島店と重複してしまうためイオン鹿児島鴨池店に変更している。またダイエー宮崎店でもイオン宮崎店との重複を避けるためイオン南宮崎店に変更している。一方、ダイエーショッパーズ福岡店は「ショッパーズ」の名称を外した場合既存のイオン福岡店と重複するため、イオンショッパーズ福岡店となった。
  25. ^ モール名称の変更に伴い、2012年(平成24年)1月1日付で店名を宇城店に変更。
  26. ^ 現在は「イオン名取店」と"新"を取り除いた店名に変更されている。
  27. ^ ザ・ビッグ倉敷店と倉敷笹沖店は建て替えのため2016年5月31日で閉店。建て替え期間中の仮店舗営業時以降はマックスバリュ西日本運営の「ザ・ビッグ倉敷店」に統一され、2017年4月22日に再開業。
  28. ^ 旧ジャスコでも1990年代以前から内装が変わっていない店舗はDELICATESSENと表記されている場合もある。
  29. ^ 元をたどればマイカル北海道(現:イオン北海道)運営のサティであり2002年(平成14年)に転換された。
  30. ^ a b 甲子園店も2017年5月末には完全閉鎖される予定であったが、直前で食品売り場のみの営業継続に変更され、同年10月1日を以て全館休業した。
  31. ^ ただし、カテプリ新さっぽろ店のみイオン北海道に継承後も掲載されていなかった(イオン北海道の公式サイトにも記載がなく、店舗自体の公式サイトも独自のものとなっている)。その後、「カテプリ」への改装後にイオンモールの公式サイトに掲載されるようになる)
  32. ^ “12/4(金)イオンタウン仙台富沢グランドオープン” (PDF) (プレスリリース), イオンタウン、イオンリテール(2社連名), (2015年11月16日), http://www.aeonretail.jp/pdf/151116R_1.pdf 2016年4月7日閲覧。 
  33. ^ “福島)イオン広野店、3月5日開店 「復興の起爆剤に」”. 朝日新聞. (2016年2月3日). http://www.asahi.com/articles/ASJ2244XWJ22UGTB00F.html 
  34. ^ “7/12(火)「イオン甲府ココリ店」オープン” (PDF) (プレスリリース), イオンリテール株式会社, (2016年6月30日), http://www.aeonretail.jp/pdf/160630R_2.pdf 2016年11月5日閲覧。 
  35. ^ “3月26日(土)「イオン笹口店」グランドオープン” (PDF) (プレスリリース), イオンリテール株式会社 北関東・新潟カンパニー, (2016年3月24日), http://www.aeonretail.jp/pdf/160324R_2.pdf 2016年4月7日閲覧。 
  36. ^ イオン/モリシア津田沼店と南砂町スナモ店、ダイエー店舗にリニューアル流通ニュース(2017年8月13日)2017年9月2日閲覧。
  37. ^ “『ダイエーモリシア津田沼店』と『ダイエー南砂町スナモ店』のオープンについて” (PDF) (プレスリリース), 株式会社ダイエー, (2017年9月1日), http://www.daiei.co.jp/corporate/pdf/release/2017/170901-2.pdf 2017年9月5日閲覧。 
  38. ^ “9/20(水)あさ9時「イオンタウン吉川美南」増床オープン” (PDF) (プレスリリース), イオンリテール、イオンタウン, (2017年8月21日), http://www.aeonretail.jp/pdf/170821R_1_2.pdf 2017年10月18日閲覧。 
  39. ^ なお、2017年2月に「三宮オーパ2」が開業するのに合わせて看板類が変更されるまでは画像の上部看板の「Opa」「ÆON FOOD STYLE by daiei」部分にダイエーのロゴが掲げられていた。
  40. ^ 「本業赤字」イオンが踏み切る大改革 - 東洋経済オンライン・2014年10月7日
  41. ^ “ラブラ万代の「イオン」がリニューアル。イートイン拡充、バルも設置。昼休みや仕事帰りの利用に便利”. にいがた、びより。(新潟日報). (2016年7月21日). http://www.niigata-nippo.co.jp/biyori/odekake/056422.html 2017年3月6日閲覧。 
  42. ^ ライカム店のみ、店名に「店」の文字を入れている。公式サイト上では当初イオンスタイルのブランド名を使用していなかった。
  43. ^ ただし、イオンの店舗案内ページやイオン九州の店舗案内ページでは「イオン熊本店」のままである。
  44. ^ イオンスタイル笹丘とイオンスタイル東戸塚は「ダイエー」から一旦「イオン」に転換した上で再度「イオンスタイル」に転換している。
  45. ^ “グランド・ジェネレーション”を旗印に商品や設備、接客まで変革を推進 - 読売ADレポート OJO・2012年8月16日
  46. ^ “イオンマリンピア店「Grand Generation's Mall」を千葉県初導入!” (PDF) (プレスリリース), イオンリテール株式会社, (2014年4月24日), http://www.aeonretail.jp/pdf/140423R_1_1.pdf 2017年8月20日閲覧。 
  47. ^ “イオン八事店 「Grand Generation's Mall」を東海地区初導入!” (PDF) (プレスリリース), イオンリテール株式会社, (2014年9月12日), http://www.aeonretail.jp/pdf/140912R_1.pdf 2017年8月20日閲覧。 
  48. ^ “6/3(土)「イオンスタイル新茨木」グランドオープン” (PDF) (プレスリリース), イオンリテール株式会社, (2017年5月25日), http://www.aeonretail.jp/pdf/20170525R_3.pdf 2017年8月20日閲覧。 
  49. ^ イオン、セブンが新店で模索 総合スーパー立て直しの成否 - DIAMOND Online・2014年12月10日
  50. ^ “『ダイエーモリシア津田沼店』と『ダイエー南砂町スナモ店』のオープンについて” (プレスリリース), (株)ダイエー, (2017年9月1日), オリジナル2017年9月8日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20170908025427/http://www.daiei.co.jp/indexes.php/corporate/release_detail/1301 
  51. ^ “イオン/モリシア津田沼店と南砂町スナモ店、ダイエー店舗にリニューアル”. 流通ニュース (株式会社ロジスティクス・パートナー). (2017年9月1日). オリジナル2017年9月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170902134817/https://ryutsuu.biz/strategy/j090124.html 
  52. ^ “ジャスコ、青森・七戸にワンフロア総合スーパー「七戸店」オープン”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1994年10月7日)
  53. ^ a b “来月17日にイオン七戸SCオープン”. デーリー東北 (デーリー東北新聞社). (2011年8月8日)
  54. ^ “新業態・実験店出店続く青森・札幌周辺 過疎地に大型店、加熱する低価格競争”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (1994年10月28日)
  55. ^ “イオン七戸SC開業 大勢の客でにぎわう”. デーリー東北 (デーリー東北新聞社). (2011年9月16日)
  56. ^ “イオン取手店:9月に閉店へ 競争激化で売上高減少 /茨城”. 毎日新聞. (2015年3月25日). http://mainichi.jp/area/ibaraki/news/20150325ddlk08020032000c.html 2015年11月23日閲覧。 
  57. ^ a b “新潟西区のイオン新潟店で閉店式”. 新潟日報(新潟日報社). (2012年2月21日)
  58. ^ “イオン新潟店、来月20日に閉店”. 新潟日報 (新潟日報社). (2012年1月7日)
  59. ^ a b c “イオン新潟青山、4月23日オープン”. 新潟日報 (新潟日報社). (2013年2月19日)
  60. ^ “イオン新潟青山SCプレオープン”. 新潟日報 (新潟日報社). (2013年4月8日)
  61. ^ a b c “建て替えで閉店 イオン砺波店”. 北日本新聞 (北日本新聞社). (2013年3月1日)
  62. ^ 井波光雄 (2013年1月10日). “イオン砺波店、規模拡大 現店舗は2月末閉店”. 北日本新聞 (北日本新聞社)
  63. ^ “「イオンモールとなみ」7月14日(火)AM9:00 グランドオープン” (PDF) (プレスリリース), イオン・イオンリテール・イオンモール, (2015年5月25日), http://www.aeon.info/news/2015_1/pdf/150525R_1.pdf 2015年5月25日閲覧。 
  64. ^ “「イオンモール松本」9月21日(木)10:00 グランドオープン” (PDF) (プレスリリース), イオン・イオンリテール・イオンモール, (2017年7月28日), http://www.aeon.info/news/2017_1/pdf/170728R_4.pdf 2017年7月28日閲覧。 
  65. ^ イオンリテール/愛知県豊田市に「イオンスタイル豊田」、9月上旬オープン”. 流通ニュース (2017年7月25日). 2017年8月3日閲覧。
  66. ^ “「イオンスタイル豊田」9月7日(木)グランドオープン” (PDF) (プレスリリース), イオンリテール株式会社, (2017年7月20日), http://www.aeonretail.jp/pdf/170720R_2_2.pdf 2017年10月18日閲覧。 
  67. ^ 津 サンバレーが来春閉店 37年の歴史に幕”. 伊勢新聞 (2015年12月18日). 2016年1月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年1月5日閲覧。
  68. ^ a b 大島宏一郎 (2016年3月1日). “37年間ありがとう イオン津南が閉店”. 中日新聞. 2016年3月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月2日閲覧。
  69. ^ 三重)津の「サンバレー」来春閉店へ 1978年開店”. 朝日新聞 (2015年12月25日). 2016年1月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年1月5日閲覧。
  70. ^ “「(仮称)イオンモール津みなみ」の出店について” (PDF) (プレスリリース), イオンモール, (2017年7月18日), http://www.aeonmall.com/files/management_news/967/pdf.pdf 2017年8月3日閲覧。 
  71. ^ “閉店ニュース 26年2月28日(金) イオンモール藤井寺”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2013年11月14日)
  72. ^ a b “京都のイオン向日町店、33年の歴史に幕 地元住民ら惜しむ声”. 京都新聞. (2015年5月31日). http://www.kyoto-np.co.jp/economy/article/20150531000124 
  73. ^ イオン跡地にダイエー出店へ 京都・向日の複合施設京都新聞(2016年11月30日)2017年1月3日閲覧。
  74. ^ “イオン大久保店、5月閉店へ 京都・宇治”. 京都新聞. (2015年12月1日). http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20151201000036 2016年7月7日閲覧。 
  75. ^ “~いつも 出雲で 新感覚~「イオンモール出雲」5月2日(月)AM9:00グランドオープン” (PDF) (プレスリリース), イオンリテール、イオンモール、イオン(3社連名), (2016年5月2日), http://www.aeonmall.com/upload/1457586097.pdf 2016年7月7日閲覧。 
  76. ^ “イオン廿日市店閉店 4月末、跡地の活用は未定”. 中国新聞(中国新聞社). (2014年2月25日)
  77. ^ a b c “イオン安岡店今秋閉店 マックスバリュが継承へ―下関” 山口新聞 (みなと山口合同新聞社). (2013年7月5日)
  78. ^ a b “下関に開店 ゆめモールとザ・ビッグ” 山口新聞 (みなと山口合同新聞社). (2013年11月15日)
  79. ^ 都道府県別・政令指定都市別・市町村別SC (Report). 日本ショッピングセンター協会. (2012年1月)
  80. ^ イオン徳力店閉店のお知らせ (PDF)” (2017年2月1日). 2017年8月31日閲覧。
  81. ^ イオン西新店閉店についてのお知らせ (PDF)”. イオンストア九州・イオン九州(2社連名) (2016年2月23日). 2016年6月5日閲覧。
  82. ^ “イオン西新店:5月31日閉店 店舗老朽化 /福岡”. 毎日新聞. (2016年2月24日). http://mainichi.jp/articles/20160224/ddl/k40/020/440000c 2016年6月5日閲覧。 
  83. ^ イオン城野店閉店のお知らせ (PDF)”. イオンストア九州・イオン九州(2社連名) (2016年8月12日). 2017年2月4日閲覧。
  84. ^ イオン水巻店閉店のお知らせ (PDF)”. イオンストア九州・イオン九州(2社連名) (2016年11月11日). 2017年4月1日閲覧。
  85. ^ イオン銅座店閉店についてのお知らせ (PDF)”. イオンストア九州・イオン九州(2社連名) (2016年8月26日). 2017年3月1日閲覧。
  86. ^ イオン鹿児島谷山店閉店のお知らせ (PDF)”. イオンストア九州・イオン九州(2社連名) (2016年8月12日). 2017年2月4日閲覧。
  87. ^ “6/10(金) イオンタウンユーカリが丘グランドオープン” (PDF) (プレスリリース), イオンタウン、イオンリテール(2社連名), (2016年5月17日), http://www.aeontown.co.jp/images/corporate/news/2016051704.pdf 2016年7月3日閲覧。 
  88. ^ “4/22(土)イオンタウン姶良東街区 グランドオープン” (PDF) (プレスリリース), イオンタウン株式会社, (2017年3月24日), http://www.aeontown.co.jp/images/corporate/news/20170324.pdf 2017年3月31日閲覧。 
  89. ^ a b 湖北省及び江蘇省におけるGMS事業運営会社設立のお知らせ (PDF) - イオン・イオンチャイナ 2社連名によるリリース(配信元:イオン株式会社) 2013年6月27日(2015年2月22日閲覧)
  90. ^ 「イオンモール蘇州呉中」4月25日(金)グランドオープン (PDF) - イオン・イオンモール 2社連名によるリリース(配信元:イオン株式会社) 2014年4月24日(2015年2月22日閲覧
  91. ^ 12/19(金)「イオンモール武漢金銀潭」グランドオープン (PDF) - イオンモール・イオン 2社連名によるリリース(配信元:イオン株式会社) 2014年12月15日(2015年2月22日閲覧)
  92. ^ 4月12日(金)「イオン光大都会豪庭店」オープン (PDF) - イオン・広東イオン 2社連名によるリリース(配信元:イオン株式会社) 2013年4月10日(2015年2月22日閲覧)
  93. ^ カンボジアに初の本格的ショッピングモール誕生!イオンのカンボジア1号店「イオンモールプノンペン」6月30日(月)グランドオープンセレモニーを開催 (PDF) - イオン・イオンモール2社連名によるリリース(配信元:イオン株式会社) 2014年4月26日(2015年2月22日閲覧)
  94. ^ 1月11日(土)ホーチミンに「イオンモール タンフーセラドン」がオープン (PDF) - イオン・イオンベトナム・イオンモール 3社連名によるリリース(配信元:イオン株式会社) 2013年12月27日(2015年2月22日閲覧)
  95. ^ 11月1日(土)「イオンモール ビンズオンキャナリー」がオープン (PDF) - イオン・イオンベトナム・イオンモール 3社連名によるリリース(配信元:イオン株式会社) 2014年10月15日(2015年2月22日閲覧)
  96. ^ 掲載: 『イオンスタディ』 商業界臨時増刊2009年1月臨時増刊 (PDF/452KB) - 日本NCR公式ウェブサイト、2013年9月3日閲覧
  97. ^ 「お客様とともに夢をかたちに」富士通導入事例レポート 対談 イオン株式会社 - 富士通公式ウェブサイト、2014年5月11日閲覧

外部リンク編集