からす座(からすざ、烏座、Corvus)は、トレミーの48星座の1つ。

からす座
Corvus
Corvus
属格 Corvi
略符 Crv
発音 [ˈkɔrvəs]、属格:/ˈkɔrvaɪ/
象徴 the Crow/Raven
概略位置:赤経 12
概略位置:赤緯 −20
正中 5月10日21時
広さ 184平方度 (70位
主要恒星数 4
バイエル符号/
フラムスティード番号
を持つ恒星数
10
系外惑星が確認されている恒星数 0
3.0等より明るい恒星数 4
10パーセク以内にある恒星数 1
最輝星 γ Crv(2.58
最も近い星 α Crv;(48.2光年)
メシエ天体 0
流星群 Corvids (6月26日
隣接する星座 おとめ座
コップ座
うみへび座

日本では春の南の空に見ることができる星座で、β星γ星δ星ε星の4つの3等星で構成される四角形の特徴的な並びは、比較的目立つ。

主な天体編集

恒星編集

以下の恒星には、国際天文学連合によって正式な固有名が定められている。

  • α星:アルキバは、4等星。
  • β星:クラズ (Kraz) 。
  • γ星:ギェナー (Gienah)は、からす座で最も明るい恒星。はくちょう座ε星も同名で呼ばれていたため、かつてはギェナー・コルビ (Gienah Corvi) と呼んで区別されていたが、2016年にGienahが正式にからす座γ星の固有名とされた。
  • δ星:アルゴラブ (Algorab) 。

星団・星雲・銀河編集

からす座には顕著な天体が少ない。

  • NGC 4038およびNGC 4039(触角銀河):アンテナ銀河とも呼ばれるハート型の変わった形の銀河。これは衝突する2つの銀河から成ると考えられている。

神話編集

古代ローマオウィディウスが伝えるギリシア神話によると、カラスはアポローンの使いの鳥であった。当時は真っ白できれいな鳥で、人の言葉を喋っていた[1]。ところが、このカラスは、アポローンの恋人コローニスが別の男と密会しているという誤った情報をアポローンに伝えた。カラスがうっかり者だったという説と、カラスがうそつきだったという説がある。アポローンは現場に行き、人影を確認して矢を放ったところ、間男などはおらず、射殺した相手は当の恋人コローニスであった。コローニスは、腹にいるアポローンの子を無事育てて欲しいと告げ息を引き取った。この子は無事育ち、後にへびつかい座になった。この後の詳細はへびつかい座およびアスクレーピオスを参照のこと。カラスは罰として真っ黒に染められ、二度と人の言葉を喋れないようにされたのち、天上に追放され、星座となった。なお、「このときカラスを天に打ち付けた4本の釘が、からす座で四辺形を作る4つの星である」とする話が巷間伝わっている[2][3]が、これは1980年代から[4]日本でのみ広まっている説で、これは野尻抱影「星三百六十五夜」[5]にある、からす座をムジナの生皮の四つ足をクギでうった形にたとえる「皮張り」という奥多摩地方に伝わる方言と混同したものと思われる[独自研究?]

呼称と方言編集

日本では「帆かけ星」などと呼ぶ地方がある。

出典編集

  1. ^ Ian Ridpath. “Star Tales - Corvus and Crater”. 2014年2月4日閲覧。
  2. ^ 沼澤茂美、脇屋奈々代『星座神話クラブ』誠文堂新光社、1996年2月15日、91頁。ISBN 9784416296035
  3. ^ 沼澤茂美、脇屋奈々代『四季の星座神話』誠文堂新光社、2014年7月9日、61頁。ISBN 978-4416114575
  4. ^ 山田卓『春の星座博物館』地人書館、1993年5月15日、第二版第一刷、121頁。ISBN 4-8052-0160-6
  5. ^ 野尻抱影『星三百六十五夜』恒星社厚生閣、1988年8月30日、新装版、8頁。ISBN 4-7699-0623-4

座標:   12h 00m 00s, −20° 00′ 00″