くめ・クオリティ・プロダクツ

くめ・クオリティ・プロダクツ株式会社(Kume Quality Products)は、茨城県常陸太田市に本社、東京都茨城県群馬県大阪府愛知県に営業所を置く日本納豆ブランドメーカーであった。

くめ・クオリティ・プロダクツ株式会社
KUME QUALITY PRODUCTS.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
313-0195
茨城県常陸太田市大里町4137
設立 1972年
業種 食料品
事業内容 納豆その他大豆発酵食品の研究・製造・販売
代表者 代表取締役社長 石塚昇一郎
資本金 4,000万円
従業員数 270人
決算期 6月
主要子会社 有限会社くめ食品工業
くめ・バイオデリカ株式会社
北海道くめ・クオリティ・プロダクツ株式会社
外部リンク http://www.kume-natto.com/
テンプレートを表示

沿革編集

[1]

  • 1952年 創業
  • 1972年2月 「有限会社くめ納豆店」を設立して、法人化
  • 1984年9月 有限会社くめ納豆店が、「有限会社くめ食品工業」に商号(社名)変更。販売部門を別会社とし、「株式会社くめ納豆店」を設立
  • 1987年 株式会社くめ納豆店が、「くめ・クオリティ・プロダクツ株式会社」と商号(社名)変更
  • 1993年7月 くめ・クオリティ・プロダクツ株式会社が、有限会社くめ食品工業の製造部門を吸収して、製造販売業となる。3,000万円の増資し、資本金4000万円とする。
  • 1997年 研究施設と工場、コミュニケーションルームを併設した「こしらえの丘」が落成
  • 2009年8月 民事再生手続の開始を申し立て

民事再生手続きによる再建編集

2009年8月25日に、東京地裁民事再生法の適用を申請[2]。負債総額は、約110億円。少子高齢化により日本国内市場が縮小する中、食品製造大手のミツカンが参入してさらに納豆の販売競争は激化。業績が低迷して事業譲渡を検討していたが[2][3]、株式会社ミツカンが営業権を、株式会社ミツカングループ本社商標権をそれぞれ買い取る事で基本合意し、「くめ納豆」ブランドでの販売は継続されることとなった[4]。従業員組合が出資し設立した新会社・金砂郷食品株式会社[5]常陸太田市にある本社工場と高柿工場を引き継ぎ、ミツカンが同社に製造を委託している。

2009年9月24日開催の債権者説明会で、数年に渡って粉飾決算が行われていたことを明らかにしており、今後の再建への影響が生じる可能性がある[6]

主な商品(ブランド)編集

  • 納豆
    • 丹精
    • 味道楽
    • 秘伝金印
    • もろみ酢だれ納豆
    • 黒米入り黒豆納豆
  • テンペ

マーケティング・ブランディング編集

くめ納豆倶楽部編集

公式ファンクラブ「くめ納豆倶楽部」を設け、その名誉会員にはPENICILLIN東海林のり子が在籍していた。

テレビ・ラジオ提供番組(過去)編集

関連項目編集

編集

  1. ^ 沿革(インターネットアーカイブ沿革)
  2. ^ a b 帝国データバンク - 大型倒産速報「くめ・クオリティ・プロダクツ株式会社2009年8月25日 Archived 2009年9月8日, at the Wayback Machine.
  3. ^ 読売新聞「「くめ納豆」事業譲渡へ」2009年8月1日[リンク切れ]
  4. ^ ミツカン-報道資料「「くめ納豆」製品の販売にむけた基本合意について」2009年8月25日
  5. ^ 金砂郷食品株式会社 会社案内
  6. ^ 「くめ納豆」が粉飾決算、民事再生にも影響 Yomiuri Online・2009年9月25日[リンク切れ]

外部リンク編集