さくらと一郎

さくらと一郎(さくら と いちろう)は、徳川一郎とくがわ いちろう)と山岡さくら(やまおか - )によるデュエット歌手。現在のさくらは2代目であるが、現在でも「さくらと一郎」として歌手活動を行っている。

1974年、それぞれソロ歌手だった一郎こと徳川一郎と初代さくらでコンビ結成。同年リリースした「昭和枯れすゝき[1]」が150万枚の大ヒット[2]。1978年、河野さくらが離脱しコンビ解消。後に一郎が2代目さくら(山岡さくら)と組み現在にいたる。

目次

メンバー編集

一郎編集

さくら編集

  • 河野 さくら1948年1月22日 - )福島県出身。本名は菅野 和子(かんの かずこ)。初代さくらであったが、1978年にソロ歌手に転向。その後2001年に漫談家・松鶴家千とせとコンビを組み、「さくらと千とせ」として「昭和枯れすすき」の新バージョンをリリースした。
  • 山岡 さくら(やまおか さくら、1956年2月21日 - )群馬県出身。女声担当。本名は佐俣光子。2代目である。

主な曲編集

など

エピソード編集

  • 楽天野村監督が2008年5月29日に巨人監督と対戦した。9回裏の攻撃で追加点を狙う巨人が2死一塁の状況で一塁走者の矢野謙次が二盗を敢行するも憤死し、楽天が勝った。試合後にインタビューに応じた野村監督が「バッカじゃなかろかルンバ~♪」と節を付けたコメントをした。即興のオリジナル曲かと思われたが、実際はさくらと一郎の歌であったため、それについてマスコミから取材を受けた。

主なテレビ出演編集

関連項目編集

  • 船頭小唄
  • サクラ大戦(ゲーム) 主人公の大神一郎と神宮寺さくらの名前は、さくらと一郎から取った。

脚注編集

  1. ^ 「昭和枯れすすき」とも表記される
  2. ^ 長田暁二『歌謡曲おもしろこぼれ話』社会思想社、2002年、252頁。ISBN 4390116495

外部リンク編集