メインメニューを開く

さようなら』(Sayonara) は、平田オリザの同名の戯曲をもとに、深田晃司脚本監督を務め、2015年に公開された日本映画[3]2015年10月の東京国際映画祭で初めて公開され、日本では2015年11月21日に一般公開となった[4][5]。公開に際し、R15+に指定された[6]

さようなら
Sayonara
監督 深田晃司
脚本 深田晃司
原作 平田オリザ
製作 小西啓介小野川浩幸、深田晃司、ブライアリー・ロング[1]
出演者 ブライアリー・ロング
Geminoid F
音楽 小野川浩幸[1]
撮影 芦澤明子[2]
編集 浦部直弘、深田晃司[1]
配給 ファントム・フィルム
公開 2015年10月、東京国際映画祭
日本の旗 2015年11月21日
上映時間 112分[2]
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語英語フランス語ドイツ語[2]
前作 ほとりの朔子(2013年)
次作 淵に立つ(2016年)
テンプレートを表示

ブライアリー・ロング (Bryerly Long) が演じる主人公ターニャと、石黒浩が開発したアンドロイドであるジェミノイドF (Geminoid F) によるレオナは、舞台版と同じ配役である[3]。両者を主役に据えたこの映画は、「アンドロイドが人間の俳優に対して演技する最初の映画 (the first movie to feature an android performing opposite a human actor)」と宣伝された[4]

原作の舞台を見て、脚本を書いた深田は。「死を知らぬアンドロイドと死にゆく人間の対話が、死とは何か考えさせる。強烈な死の匂いに引きつけられた」と述べている[3]

目次

あらすじ編集

放射能に汚染された近未来。日本政府は、国民に優先順位をつけ、徐々に国外へ避難させる「棄国」を決断する。

難民として日本に住むターニャは、今は亡き両親が購入したアンドロイドのレオナに介護されながら、人里離れた一軒家で生活をしていた。彼女には避難できる見込みはない。レオナは老朽化して車椅子に乗り、周りの人々は次々と去っていく中、ターニャは最期のときを待つ[3][7]

キャスト編集

公開編集

世界初公開は、2015年10月の東京国際映画祭においておこなわれた[4]日本では、11月21日に一般公開された[5]

評価編集

批評家たちの反応編集

バラエティ』誌のピーター・デブルージ (Peter Debruge) は、この映画を「人間とロボットの関係についての陰鬱な習作であり、その美しい風景を別にすれば、ほとんど何も惹きつけるものがない (dreary study of human-robot relations [that] offers little to engage apart from its pretty scenery)」と記した[2]

ハリウッド・リポーター』誌のデボラ・ヤング (Deborah Young) は、この映画を「暗く、絶望的で、とても陰鬱な ... 日本的雰囲気による終末もの (dark, hopeless and pretty depressing [...] post-apocalyptic Japanese mood piece)」と記した[1]

映画評論家秦早穂子は、この映画について、「原発事故、人種問題なども含むが、死に向かって生きる人間、死を知らないアンドロイドとのリアルで、不思議な関係が主題」だとしている[7]

栄誉編集

この映画は、2015年の東京国際映画祭でコンペティション部門に選ばれた[4]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l Deborah Young (2015年10月24日). “'Sayonara': Tokyo Review”. The Hollywood Reporter. 2015年11月9日閲覧。
  2. ^ a b c d Peter Debruge (2015年10月24日). “Tokyo Film Review: ‘Sayonara’”. variety.com. 2015年11月9日閲覧。
  3. ^ a b c d 小原篤. “人間を問う、ほほえみ 「さようなら」出演のジェミノイドF&監督の深田晃司”. 朝日新聞・夕刊be金曜: p. 3  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  4. ^ a b c d James Hadfield (2015年10月24日). “Tokyo: ‘Sayonara’ Filmmakers Debate Future of Robot Actors”. variety.com. 2015年11月9日閲覧。
  5. ^ a b さようなら(2015) - allcinema
  6. ^ その先に、見える世界。”. KAWASAKIしんゆり映画祭/KAWASAKIアーツ・映画祭事務局. 2019年1月11日閲覧。
  7. ^ a b 秦早穂子. “(評・映画)「さようなら」 技術と心が近づいていく”. 朝日新聞・夕刊: p. 4  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧

外部リンク編集