ファントム・フィルム

株式会社ファントム・フィルム (Phantom Film) は、外国語映画の輸入・配給・宣伝、日本映画の企画・製作・配給・宣伝を行う映画会社である。

株式会社ファントム・フィルム
Phantom Film Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
150-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷2-34-13
ベルファイブビル 4F
設立 2003年12月5日
業種 情報・通信業
法人番号 7011001041587
事業内容

外国語映画の輸入・配給・宣伝 / 日本映画の配給・宣伝 / 日本映画の企画・製作
俳優、タレントのマネージメント及びプロモーション業務

  • 映画の配給・宣伝
  • 外国語映画の輸入
  • 日本映画の企画・製作
代表者 小西啓介(代表取締役社長)
資本金 1629万円
主要株主 ハピネット
関係する人物 叶井俊太郎
外部リンク https://www.phantom-film.com/
テンプレートを表示

概要編集

叶井俊太郎らが2003年末に立ち上げた映画配給会社。

しかし、叶井は1年で退社。小西啓介が代表となる。

2005年9月、ウェッジホールディングス簡易株式交換を実施して完全子会社化[1]。しかし、2007年2月に全株式が小西に譲渡され、資本関係は無くなった[2]

2020年10月、ハピネットが発行済み全株式を取得して完全子会社化[3]

配給作品編集

日本映画編集

外国映画編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 簡易株式交換による株式会社ファントム・フィルムの完全子会社化に関するお知らせ (PDF)
  2. ^ 子会社の異動に関するお知らせ (PDF)
  3. ^ 株式会社ファントム・フィルムの株式の取得(子会社化)に関するお知らせ (PDF)

外部リンク編集