メインメニューを開く

すっから母さん』(すっからかあさん)は、植田まさし読売新聞社発行の雑誌『週刊読売』(後の『読売ウイークリー』)において1982年1月17日号から1994年11月6日号まで643回連載した4コマ漫画である。また、芳文社の『まんがタイムファミリー』においても2007年1月号まで、隅月連載で『よりぬきすっから母さん』が掲載された。 

概要編集

東京の庶民的な家庭・須柄(すっから)家を舞台に、主婦のてる子とその家族、そして近所の人たちが巻き起こす騒動を描く。

登場人物編集

てる子
主人公。専業主婦だがパートをしていたこともある。太った体型から日常生活で苦労したりからかわれることがあり、食事関係のネタも多く、ダイエットに何度も挑戦しているが長続きしない。子供2人を両肩に抱えられるなど、かなりの力持ちである。新婚当初は痩せていた。
ドジで気分屋な性格で、スポーツや創作料理など様々なことに興味を示すが、失敗も多い。忘れっぽい一面もあり、背中に湿布を貼っていたのを忘れたままレントゲンを受け、医師から物忘れが激しい旨の診断をされる程。

  まさるを追いかけているため(体系の割に)足が速く、それを見た近所の人たちから町内リレーの選手にまさる共々選ばれたこともある。

一度だけ同作者の『コボちゃん』にセリフ付きで登場したことがある。
てる子の夫。中年と思われるサラリーマン。冷静な性格で、妻の行動をたしなめることが多いが、力では妻にかなわない他、酒や仕事関係の付き合いなどで妻を怒らせる時がある。
とも子
長女。小学生。母親と違いしっかりした性格であるが、やはり子供っぽいところもある。
まさる
長男。坊主頭の小学生。やんちゃな性格で母親を怒らせることも多い。学校の成績はあまり良くない(そのため点数の低い答案用紙を持って帰る描写が多い)。ドラマ版では『まさ子』という女の子に変更された。
きよし
末っ子。幼稚園児と思われるが、回によって平日に家にいるなど一定していない。年相応にわがままや世間知らずな言動で親を困らせることがある。

テレビドラマ編集

概要編集

2003年テレビ東京系列でドラマ化された。ドラマ化に当たっては毎回2つのエピソードを放送すると共に、オセロの2人が視聴者から寄せられた投書やドラマに関連したトークを交えて放送された。全25回でステレオ放送。第8回目より、小倉優子がキャストに加わり、エンディングに「隣のゆうこちゃん」というコーナーが追加された。

ドラマパートのキャスト編集

ネット局編集

※判明分

テレビ東京系列
系列外

備考編集

外部リンク編集


テレビ東京 日曜25:00枠
前番組 番組名 次番組
男達の風景
※金曜25:00枠へ移動
すっから母さん
25:00 - ラグビーW杯ハイライト
25:15 - ドゥニチラヴ(30分番組)