とさでん交通3000形電車(とさでんこうつう3000がたでんしゃ)は、とさでん交通で2018年に登場した路面電車車両である。「ハートラムII」の愛称がある。

とさでん交通3000形電車
画像提供依頼:車体外観・車内の画像提供をお願いします。2019年8月
基本情報
運用者 とさでん交通
製造所 アルナ車両
製造初年 2018年
製造数 1編成
運用開始 2018年3月27日
主要諸元
編成 3両1編成
軌間 1,067mm
電気方式 直流600V
最高運転速度 40km/h
起動加速度 2.5km/h/s
減速度(常用) 4.6km/h/s
編成定員 71(着席28)
編成重量 23.0t
編成長 16,500mm
長さ A・B車5,645mm C車5,210mm
台車 SS-16
車輪径 610mm
主電動機 TDK6408-D 三相かご形誘導電動機
主電動機出力 85kW
駆動方式 直角カルダン自在継手式
歯車比 11:64
制御方式 VVVFインバータ制御
制動装置 回生・発電ブレーキ併用電気指令式空気ブレーキ
テンプレートを表示

概要編集

アルナ車両製のリトルダンサーシリーズのタイプUaの3車体連接の超低床式電車であり、1端側から2端側にかけてA・C・B車で構成されている。車体は前面非貫通型・16.5 m級2扉(前中扉は片引戸、前扉は折戸)の普通鋼製となっている。前面窓には1枚窓を採用しており、前面窓上部と車体側面に英語併記のLED行先表示器を配置しており、前面下部側に前照灯・標識灯を並んで配置している。車体のカラーリングはミルキーホワイトをベースとし、コーポレートカラーのグリーンとオレンジが配色されている。

車内の座席はA車とB車が枕木方向に並ぶ一人掛けのシート、C車がレール方向に並ぶロングシートとしており、C車の一部座席は収納式とし、ペダルを踏むことで収納されて車椅子スペースとすることができる。運転台の主幹制御器は右手操作式のワンハンドルマスコンである。

制御方式はVVVFインバータ制御であり、主電動機は出力は85 kwの三相かご形誘導電動機でA車とB車に各1台搭載している。駆動装置は豊橋鉄道T1000形電車でも採用された、車体装架カルダン駆動方式を採用しており、これは、主電動機を台車内に装備せず、車体の運転席側にレール方向に直接装架して、自在継手を介して台車の外側に装備されたギアボックスで減速されて車輪を駆動させる方式である。ブレーキ方式は回生・発電ブレーキ併用電気指令式空気ブレーキであり、その他に保安ブレーキ・デッドマン機能を有している。台車は狭軌用の超低床台車であるボルスタレス台車のSS16形でA車とB車に装備しており、冷房装置は屋根上集中方式で出力14.5kwのものを2台搭載している。集電装置はシングルアーム式のものをC車に搭載している。

3001編集

2018年3月27日に運転を開始している。

参考文献編集

  • “2018年3月27日に「ハートラムII」デビュー! とさでん交通3000形”. 鉄道ファン (交友社): 67-68. (2018).