とんとろとん1983年12月23日 - )は、日本の俳優写真家。写真家としては本名の内堀 義之(うちぼり よしゆき)で活動している。東京都出身。ブレス・チャベス事業部所属。

来歴・人物編集

2006年3月、大阪芸術大学芸術学部映像学科を卒業。卒業制作として監督した短編映画『ぬか床』が第12回ハンブルク日本映画祭に招待され、2006年にはシネマアートン下北沢で劇場公開される。

監督及び美術スタッフとして将来を嘱望されていたが、自身のユニークなキャラクターが次第に評判となり、『剥き出しにっぽん』(第29回ぴあフィルムフェスティバル・グランプリ、石井裕也監督作品)で映画初出演。その後、『反逆次郎の恋』で初主演を果たし、さらに『ガール・スパークス』、『ばけもの模様』(以上、全て石井裕也監督作品)、『青空ポンチ』(柴田剛監督作品)と立て続けに出演。第37回ロッテルダム国際映画祭では、「日本から生まれた全く新しい俳優」と絶賛される。

2008年、「とんとろとん」に改名。また同年から写真家としての活動を本格的に開始する。2010年にとんとろとん名義で映画『堀川中立売』(柴田剛監督作品)に出演。明治の怪人物・出口王仁三郎をイメージした「オイニー三郎」役で空から落ちてきて屁をこく重要な役を務める。奇しくも同年、友人3人で"=3=3=3(プププ)"を結成しzine「Pu vol.1」の紙面で女性のおならをイメージした写真作品を発表。

出演編集

映画編集

外部リンク編集