はまぐも型巡視艇(はまぐもがたじゅんしてい、英語: Hamagumo-class patrol crafts)は、海上保安庁巡視艇の船級。区分上はPC型、公称船型は35メートル型[1]。なお計画時には消防機能強化型巡視艇と称されており、また後には、改良型のよど型とともに消防巡視艇と称されるようになった[2]

はまぐも型巡視艇
JapanCoastGuard-PC22 HAMAGUMO.JPG
基本情報
艦種 35メートル型PC
就役期間 1999年 - 現在
前級 はやなみ型
次級 よど型
要目
総トン数 110トン
全長 35.0 m
最大幅 6.3 m
深さ 3.4 m
主機 MTU 12V396 TB94
ディーゼルエンジン×2基
推進器 スクリュープロペラ×2軸
出力 4,000馬力
速力 24ノット
レーダー 航海用×1基
テンプレートを表示

設計編集

本型は、平成7年度第1次補正計画で建造されたはやなみ型後期型(災害対応機能強化型)をもとに、更に消防機能を強化したものである[2]。このためもあり、アメリカ海軍協会(USNI)では同じ船級として扱っている[3]。船尾両舷にアンチローリング・ボード(ARB)を装備するのもタイプシップと同様である[4]

主機関もタイプシップと同構成で、MTU 12V396 TB94ディーゼルエンジン(2,000馬力 / 1,975 rpm)によって固定ピッチ・プロペラを駆動する方式とされた[5]。なお放水時の操船・船位保持性能確保のため、船首吃水線下にはバウジェットが装備された[2]

装備編集

タイプシップでは船首甲板に放水銃2基を備えていたのに対し、本型では、1基(毎分2,000リットル)を操舵室上に、そしてもう1基(毎分5,000リットル)はその後方に設けた放水塔上に配置した。放水塔上のものは粉末消火剤のノズル(毎秒40キログラム)も併設されており、海面上17メートルの高さまで伸ばすことができる。これらの放水銃は、いずれも監視カメラと連動させることができる[1][2]。放水量は、ぬのびき型消防艇のおよそ半分(毎分7,400リットル)を確保した[6]。なお消火剤としては、泡原液を約5,300リットル、粉末消火剤を約2,000 kg搭載する[7]

またこの他、自衛用の散水ノズルや送水用の消火栓を備えるほか、火災現場で発生しうる可燃性ガス有毒ガスに備えて船内は陽圧に保たれており、ガス検知装置も装備している。このほか、甲板作業などに備えた防火服なども装備されている[2]

運用編集

2011年3月11日東北地方太平洋沖地震により発生したコスモ石油千葉製油所の火災では、当時、千葉海上保安部配属の「あわなみ」が、横浜海上保安部の「ひりゆう」、東京消防庁の「みやこどり」、千葉市消防局の「まつかぜ」、横浜市消防局の「まもり」、海上災害防止センターの「おおたき」「きよたき」の各船と連携して、海上から警戒監視および冷却散水を実施した[8]

同型艇編集

※巡視艇の船名は、随時、改名されることがある。

計画年度 # 船名 建造 竣工 配属
平成10年度 PC-22 はまぐも 墨田川造船 1999年(平成11年)8月27日 横浜(第三管区
PC-23 あわなみ
→ あゆづき
千葉(第三管区
→ 名古屋(第四管区
平成10年度
第3次補正
PC-24 うらなみ
→ ゆふぎり
2000年(平成12年)1月24日 神戸(第五管区
→ 大分(第七管区
平成11年度 PC-25 しきなみ
→ ともなみ
石原造船所 2000年(平成12年)10月24日 神戸(第五管区
→ 門司(第七管区

登場作品編集

BRAVE HEARTS 海猿
「あわなみ」と「しきなみ」が登場。
「しきなみ」は、大阪湾タンカーコンテナ船が衝突する海難事故が発生したことを受け、現場に急行し救助活動にあたる。
「あわなみ」は、左翼エンジンが爆発したボーイング747-400東京湾内に海上着水することを受け、着水する海域の近くで待機し、着水が成功すると直ちに接近して救助活動を開始する。

参考文献編集

  1. ^ a b 「海上保安庁全船艇史」『世界の艦船』第613号、海人社、2003年7月、 168頁、 NAID 40005855317
  2. ^ a b c d e 「警備救難業務用船 (海上保安庁船艇の全容)」『世界の艦船』第800号、海人社、2014年7月、 71頁、 NAID 40020105550
  3. ^ Eric Wertheim (2013). The Naval Institute Guide to Combat Fleets of the World, 16th Edition. Naval Institute Press. p. 390. ISBN 978-1591149545. 
  4. ^ 「新造消防巡視艇「うらなみ」就役!」『世界の艦船』第566号、海人社、2000年4月、 124頁。
  5. ^ 佐藤一也「4サイクルディーゼル機関の技術系統化調査」『国立科学博物館 技術の系統化調査報告 第12集』2008年3月。
  6. ^ 装備技術部水路部灯台部「海上保安庁の新型船艇と航空機 (特集・海上保安庁)」『世界の艦船』第595号、海人社、2002年5月、 150-155頁、 NAID 40002156317
  7. ^ 第五管区海上保安本部 (2011年3月24日). “消防船艇能力”. 2015年11月30日閲覧。
  8. ^ コスモ石油千葉製油所「東日本大震災時のLPGタンク火災・爆発事故における防災活動について」『Safety&Tomorrow』第143号、危険物保安技術協会、2012年5月、 27-38頁、 ISSN 1343-05642017年12月26日閲覧。

関連項目編集