メインメニューを開く

ふきげんな過去

ふきげんな過去』(ふきげんなかこ)は、2016年6月25日公開された日本の映画。主演は小泉今日子二階堂ふみ[2]。監督・脚本は前田司郎で本作が監督第2作のオリジナルストーリーである[3]。 英題:Kako: My Sullen Past

ふきげんな過去
監督 前田司郎
脚本 前田司郎
製作 森山敦西ヶ谷寿一
出演者 小泉今日子
二階堂ふみ
高良健吾
梅沢昌代
板尾創路
音楽 岡田徹
主題歌 佐藤奈々子「花の夜」
撮影 佐々木靖之
編集 佐藤崇
制作会社 東京テアトル
配給 東京テアトル
公開 2016年6月25日
上映時間 2時間
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 4000万円[1]
テンプレートを表示

第19回上海国際映画祭パノラマ部門出品作品[4]

目次

キャスト編集

未来子
演 - 小泉今日子[3]
果子の伯母。
18年前に死んだと思われていたが突然、果子たちの前に姿を現し果子の実母であることを告白する。
果子
演 - 二階堂ふみ[3]
未来子とタイチの娘として生まれるがサトエとタイチの娘として育てられる。
本人は薄々気づいていた様子。
北品川の食堂に暮らす高校生でなぜか、いつも不機嫌。
康則
演 - 高良健吾[5]
謎の男。
タイチ
演 - 板尾創路[5]
果子の父親。
カナ
演 - 山田望叶[5][6]
小学生のいとこ。
レイ
演 - 黒川芽以
カナの母親
サトエ
演 - 兵藤公美[7]
タイチの妻で未来子の妹。未来子が現れるまでは果子には母として接する。
サチ
演 - 梅沢昌代
エジプト風豆料理店「蓮月庵」の店主。果子の祖母。
ヒサシ
演 - 山田裕貴[8]
バンドマン。
蓮月庵の前店主(故人)
演 - 大竹まこと(写真のみ)[9]
蓮月庵の常連客
演 - 斉木しげる[9]
近所の店の店主
演 - きたろう[9]
果子の同級生
演 - 相楽樹

スタッフ編集

受賞編集

  • 第8回TAMA映画賞(2016年)[10]
    • 最優秀新進監督賞(前田司郎)
    • 最優秀女優賞(小泉今日子)

脚注編集

  1. ^ キネマ旬報 2017年3月下旬号』p.81
  2. ^ “小泉今日子と二階堂ふみが取っ組み合いの喧嘩する「ふきげんな過去」予告編”. 映画ナタリー. (2016年2月2日). http://natalie.mu/eiga/news/178231 2016年6月22日閲覧。 
  3. ^ a b c “小泉今日子&二階堂ふみが母娘役で共演、前田司郎の監督第2作「ふきげんな過去」”. 映画ナタリー. (2015年11月19日). http://natalie.mu/eiga/news/166450 2016年6月22日閲覧。 
  4. ^ “「ふきげんな過去」上海で上映、前田司郎は事故に遭うも「全てひっくるめて祭」”. 映画ナタリー. (2016年6月17日). http://natalie.mu/eiga/news/191206 2016年6月22日閲覧。 
  5. ^ a b c “小泉今日子×二階堂ふみ共演作に高良健吾や板尾創路、シティボーイズの面々が参加”. 映画ナタリー. (2015年12月10日). http://natalie.mu/eiga/news/168603 2016年6月22日閲覧。 
  6. ^ “「ふきげんな過去」小泉今日子、二階堂ふみらを収めた劇中カット公開”. 映画ナタリー. (2016年2月19日). http://natalie.mu/eiga/news/176695 2016年6月22日閲覧。 
  7. ^ “「ふきげんな過去」予告編で兵藤公美が小泉今日子に「生き返るつもり?」”. ステージナタリー. (2016年6月19日). http://natalie.mu/stage/news/178227 2016年6月22日閲覧。 
  8. ^ “「ふきげんな過去」山田裕貴、父親がキョンキョンからの生電話に感激”. 映画ナタリー. (2016年6月21日). http://natalie.mu/eiga/news/191719 2016年6月22日閲覧。 
  9. ^ a b c “「ふきげんな過去」シティボーイズが特別出演、大竹まことは遺影に”. 映画ナタリー. (2016年5月16日). http://natalie.mu/eiga/news/187147 2016年6月22日閲覧。 
  10. ^ “「オーバー・フェンス」「団地」が最優秀作品に、第8回TAMA映画賞結果発表”. 映画ナタリー. (2016年10月6日). http://natalie.mu/eiga/news/204340 2016年10月7日閲覧。 

外部リンク編集