ふきだし

漫画において、登場人物のセリフを表現するために絵の中に設けられた空間

ふきだし吹(き)出し噴出し)は、主に漫画で登場人物のセリフを表現するために、絵の中に設けられる空間のこと。「吹き出し」とも書く。英語では"Speech balloon"という。

ふきだしの例

概要編集

通常は楕円形に三角形がくっついたような形(図1)をしており、楕円形の中にセリフを描き、三角形の尖端部分が指す方向の人物がそのセリフを発していることを表す。この三角形部分はツノやしっぽと呼ばれている。

主にふきだしは右から左に読まれ、セリフを発している人物の絵に近いところに配置される。また、読みやすくするために文節で改行され、長いセリフは2つのふきだしに分ける工夫がされている。

ふきだしの中のセリフには句読点はつけないのが普通であるが、疑問符感嘆符などは頻繁に使用される。小学館など句読点を使用する出版社も少数ながら存在する。

基本的に縦書きで書かれることが大半だが、他言語でしゃべっている事を表す等の為に併用して横書きが使用される例もある。

現代漫画にとって「吹き出し」は不可欠のものだが、黎明期の漫画は吹き出しより日本の美術絵画史に長い歴史を持っていた説明文(コマの横に添える物語のプロットを説明する言葉)のほうが圧倒的に多く使われていた[1]。しかし、ふきだしを用いる西洋の漫画に影響を受けた4コマ漫画『正チャンの冒険』(1923年アサヒグラフ)が日本で初めて吹き出しを用いた漫画とされている[2]。同作品は説明文から吹き出しにへ変わる過渡的な作品であり、説明文の位置や吹き出しに書かれるセリフの言葉などの形式が定着するまで試行錯誤を重ねた。

また、日本の新聞に最も早く現れた吹き出しのみを用いる連載漫画は『のんきな父さん』(1923年・報知新聞)である。

ふきだしの種類編集

楕円形(図1)のふきだしは一般的な発話や日常会話を表す。周りを楕円形でなくギザギザにする(図2)と大声で話していることや力強い印象を表し、楕円形を点線で描いたり、小さく描いたりすると小声やかすれ声で話していることを表し、長方形にすると読者への説明やナレーションなど俯瞰的なものを表す。ツノが二股になっていると二重唱で話していることになる。

楕円形の代わりに雲形の空間を作って、三角形の代わりに連続する小さな楕円を使う(図3)と、小さな楕円の向かう先にいる人物が雲形の空間に入っているセリフを心の中で思っていることを表す(場面によっては小声で話していることを表す場合もある)。このふきだしをしばしば、モノローグということもある。角張ったふきだし(図4)は冷淡・抑揚のない印象を表し、テレビや電話などから聞こえる声やコンピューターによる声などを意味する。また外国語を話していることを形式的に表現する(昭和ごろは併せて、せりふ部分を漢字とカタカナ交じりで表記する例がみられた)こともあり、ふきだしの付加する意味は漫画の文脈とも密接に関わっている。

作者ごとのスタイル編集

 
左:手塚スタイル、右:長谷川スタイル

基本の“セリフ”を意味するふきだしに限っても、その形状は漫画家によってかなり異なる。また、同じ作家でも時期による変化もあれば、作品によって変えている場合もある。ここで図示したのは日本を代表する漫画家の例で、左が手塚治虫の、右が長谷川町子の使っていたふきだしの一例である。手塚は自身の日記の中で、これは彼以前の作家の使っていた形状に由来する、と書いている。

使用される書体編集

 
アンチゴチの例

商業ベースの漫画においては、ふきだし内のセリフは二種類の書体が混植(混ぜて使用)されている。漢字はゴシック体かなアンチック体(antique=アンティークの意)となっている(これをアンチゴチという)。日本の漫画発展史の中で、可読性の追求により開発されてきた方法と言える。たいていの商業誌に使用されているゴシック体は、主流の新ゴなどのモダンサンセリフではなく、筆の動きを感じさせる古風な、しかし落ち着いた意匠の書体である。これは石井ゴシック体と呼ばれる書体で、写植メーカー大手・写研の創業者石井茂吉が書き起こしたもので、常にスタンダードとして使われており、写研以外のシステムを使う場合にも雰囲気の似た書体が選ばれることが多い。出版社によっては同じ写植メーカーのモリサワの書体を使用している場合もある(講談社など)。

ネームを自力で作り貼っているような同人誌などで、ワープロ専用機ワープロソフトなどで混植が技術的に困難な場合は総てが明朝体になっていたりもしたため、混植について知らない人間でもここから「同人誌っぽい」という印象を受けることがある。21世紀以降はパソコンの社会的普及により、ワープロソフト・あるいは漫画製作支援ソフトを用いることで、商業誌に近い見た目の組み方が容易になってきている。そういった需要も踏まえて、一般ユーザー向けにアンチック体の販売も増えてきているが、混植を敢えて行わずともゴシックとアンチックを組み合わせた「コミックフォント」という形でのフォント製品も販売・配布されている。

また、ふきだしの中の文字が不気味な書体(古印体など)であれば、恐い内容を喋っている・幽霊妖怪などの超常的存在が語っているという表現になったり、かすれた文字にすると喉がしわがれた状態や老人が語っている事を表したりと、書体の違いによる表現も平成以降は一般的となっている。商業誌でこういった特殊な表現に好んで用いられる「ボカッシィ」や「イナクズレ」といった、独創的な書体の多くは写研システム専用で、ほとんどはMacintoshベースのDTPでは現在のところ使用できない。写研機は通常500万円以上するため、パソコンとフォントの組み合わせなどと違って「漫画のために個人で導入する」ことは考えづらい(写植会社に発注する方法もある)。

漫画家によっては印刷書体と手書きを使い分けたり、場合によっては全部セリフが手書きというケースもある。

ふきだしと翻訳編集

 
アメコミ作品における吹き出しの使用例。
(エース・コミックスが 1952年11月28日に刊行した"Atomic War!" #1の2コマ目より)

以上の解説は主に日本語圏におけるふきだしの解説であるが、ふきだしのルールは地域によって若干異なり、漫画の国際的な流通が盛んとなった21世紀以降は翻訳の際に大きな障壁となることがある。

アメコミをはじめ、英語圏ではふきだしを独立して描かず、コマの余白か、コマの枠線を部分的に使ったふきだしにセリフを独特の手書き文字で描くことが多い。これを翻訳して文字を張り直すことはさほど困難な作業ではないが、一方、日本の漫画を英語に翻訳する際には、いくつかの障壁が存在する。第一に、縦書きと横書きで綴じ方が逆になるため、コマの順番が入れ替わる。このことについては原稿を鏡像にしたり、一コマずつ切り離して再構成したうえで翻訳し、鏡文字になる擬音などの描き文字は強引に修正する方法が広くとられてきたが、近年では原作を尊重する動きから、あえてそのままの原稿で横書きに翻訳し、読み進める方向を読者に指示する解説ページを最終ページ(つまり現地読者にとって最初のページだと思われがちな部分)に添える編集スタイルが見られるようになった。複雑に配置されたふきだしも、元の意図を尊重した翻訳をすることができる。また、手書き文字はある程度残され、欄外に注釈が添えられる。

関連項目編集

出典編集

  1. ^ 徐 園 「新聞連載子ども漫画の表現形式の変遷―今日の表現形式はいかにして成立したか―」『評論・社会科学 89号』pp.111-pp.137 (同支社大学社会学会 2009)
  2. ^ 日外アソシエーツ発行『漫画家人名事典』(2003年2月)ISBN 9784816917608、P89-90