メインメニューを開く
この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

ぶどう色1号(ぶどういろ1ごう)は、日本国有鉄道(国鉄)が定めた名称の1つである。

ぶどう色1号
 
16進表記 #35271D
RGB (53, 39, 29)
マンセル値 5YR 1.5/2
出典 鉄道ジャーナル通巻217号 特集「鉄道車両 色彩の美学」

概要編集

マンセル値は「5YR 1.5/2」。

戦前から客車および電気機関車ディーゼル機関車電車気動車に採用されていた色である。これは、蒸気機関車の煤煙によって汚れるため、汚れが目立たないように明るい塗装をしないほうが良い、と考えられたことも一因である。

気動車については1935年から製造されたキハ42000形から青(後の青3号)と黄褐色(後の黄かっ色2号)のツートンカラーが採用され、他の形式も順次塗り替えられた。

1955年、国鉄10系客車の登場を契機として、それまで本色が使用されていた電車客車電気機関車については、より明るめのぶどう色2号に変更されることになり、本色は廃止された。

使用車両編集

  • 戦前製の旧形電気機関車各形式
  • 戦前製の旧形電車各形式
  • 戦前製の旧型客車各形式
  • キハ41000形以前の戦前製気動車各形式

近似色編集

関連項目編集