メインメニューを開く

鉄道ジャーナル』(てつどうジャーナル、Railway Journal)は、東京都千代田区に本社を置く鉄道ジャーナル社が編集・発行し、成美堂出版が発売する日本の月刊鉄道趣味雑誌のひとつである。

鉄道ジャーナル
Railway Journal
愛称・略称 RJ
ジャンル 鉄道趣味誌
刊行頻度 月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
出版社 成美堂出版
編集部名 鉄道ジャーナル社
編集長 宮原正和(2007年3月 - )
ISSN 0288-2337
雑誌名コード 16499
刊行期間 1967年 -
ウェブサイト http://www.rjnet.jp/
テンプレートを表示

1967年昭和42年)創刊。創刊以来、竹島紀元が編集長を務めていたが、2006年12月発行の2007年2月号限りで竹島が高齢により編集長の座を退き、後任に宮原正和が就任した。

本項では発行元の株式会社鉄道ジャーナル社(てつどうジャーナルしゃ)についても記述する。創刊直後より、鉄道ジャーナル社にて編集・発行・発売を一貫して手がけていたが、2010年1月刊行の2010年3月号(通巻521号)より発売業務を中堅出版会社の成美堂出版へ移行。雑誌コードも変更となった。

概要編集

それまで発行されていた鉄道雑誌が、鉄道車両鉄道模型を中心とした趣味的な視点から編集を行っているのに対し、「ジャーナル」の誌名どおり「鉄道の将来を考える専門情報誌」を標榜し、交通政策そのものを含めた社会事情や経済的・政治的な視点から鉄道を見る記事で構成されている。「列車追跡シリーズ」という列車の乗車レポート記事を看板に、鉄道の利用実態に関わる現状を詳細にレポートしている。

また鉄道だけにとどまらず、航空機バスなど、他の公共交通機関に関する記事もいち早く誌面に盛り込んだ点も画期的な取り組みであった。

鉄道ファンによる鉄道撮影への欲求の無闇な過熱を抑えたい、また「鉄道を考える」ことを第一としたいという理由から、読者からの要望の高い臨時列車ダイヤや撮影地紹介といった鉄道撮影情報をあえて掲載しないという編集方針を取っている[1]

歴史編集

創刊から1990年代まで編集

1967年の創刊号の表紙は国鉄EF90形電気機関車長野電鉄0系電車(OSカー)である。当初は東亜企画により季刊誌として発売されていたが、同年発行の3号より鉄道記録映画社(現:鉄道ジャーナル社)に引き継がれ、同時に月刊化されている。創刊初期には、大学・高校の鉄道研究部有志が社外スタッフとして関わっている。その経験から自ら鉄道雑誌を立ち上げた者(『とれいん』の松本謙一・平井憲太郎、『レイルマガジン』『RM MODELS』の笹本健次)もいる。

SLブームの最中であった1970年代初期には、すでに特急列車ブルートレインを取り上げ、1970年代後半の「ブルトレブーム」を先取りしたその先見性は多くの読者の支持を得た。

その一方で、1970年代後半になると航空機の発展、モータリゼーションの進展等により鉄道利用者が減少し続け、総合交通体系から鉄道の特性を見つけるべきとの観点から、1980年1月号では特集「鉄道は航空機と共存できるか」を組み、表紙に「ジャンボジェット」の愛称で航空大量輸送時代の象徴となった大型旅客機ボーイング747の写真を掲載した。同年10月号では路面電車特集を組んだ。1984年1月号では、日本国有鉄道(国鉄)須田寛常務理事と日本航空 (JAL) 利光松男常務取締役(肩書は当時)のビッグ対談を実現させている。

また1980年代からはバスに関する情報も取り上げるようになった。1980年11月号では「鉄道と自動車」の特集を組み、和田由貴夫(現:ぽると出版社長、『バスラマ・インターナショナル』編集長)による長距離バスに関する記事を掲載。座談会「共存こそ鉄道とバスの生きる道」や、長野電鉄の電車とバス両方にまたがる記事なども掲載した。さらに1984年には、バスに関する情報を取り上げる「BUS CORNER」を連載開始。毎号3ページを充てており、バス研究第一人者の鈴木文彦が手がけている。『バスラマ・インターナショナル』などのバス雑誌がまだ刊行されていなかった時代には、同誌の誌面がバス趣味に関する情報を収集する貴重な手段であった。

1985年頃になると国鉄分割民営化が大きな社会問題となったため、分割民営化に関する問題などを逐次伝え、JR発足後はJR各社の状況を特集した。JR発足直後から1990年代前半まではバブル景気もあってJR各社の輸送人員が増加したこともあり「鉄道復権」を頻繁に特集するなど、その編集方針は多くの読者から評価された。なお、読者投稿欄「タブレット」(#主なコーナー参照)で、国鉄末期から分割民営化の時期にかけて、JR東海の初代社長を務めた須田寛が投稿への回答を寄せていたことがあった(詳細は須田寛#特記事項を参照)。

2000年代以降編集

しかし、2000年代に入ると鉄道趣味的に偏った論調[独自研究?][注釈 1]が増えたこと、2001年8月号における竹島社長兼編集長の歴史見解に関する騒動[要説明][注釈 2]が起きるなど、掲載内容や質の変化が目立つようになってきた。

同誌で長年ライターとして活動していた種村直樹による「レイルウェイ・レビュー」といったオピニオン記事や、マスコミによる鉄道記事を独自の視点で分析する「鉄道記事ざっくばらん」という記事があったが、いずれも2006年7月号で終了し、種村直樹との契約を解除している。「読者論壇」コーナーも廃止された。2007年には編集長を専任者の宮原正和へ交代し、竹島紀元は社長に専念した。

その後も、2008年9月号に掲載された阪和線に関する記事がWikipedia日本語版からの丸写しであることが読者からの指摘で発覚しており、同誌11月号に謝罪コメントが掲載されている[2]

主なコーナー編集

列車追跡
鉄道ジャーナルを特徴づける看板記事の一つ。毎月1 - 2つの列車を取り上げてその乗車ルポから問題点までを取材する。また過去の列車追跡のリバイバル版を載せた別冊が発売されている。
地方鉄道レポート
地方のローカル線を特集し、現況や問題点、改善策などを検討していく。
RAILWAY TOPICS
毎月の鉄道に関するニュース。
世界の鉄道めぐり
アジアアフリカ東欧などで鉄道技術協力を行ってきた秋山芳弘による日本国外の鉄道の観察・紹介ルポ。毎月、一つの地域(大都市)の鉄道を取り上げる。
BUS CORNER
2010年代以降はコーナー内に「都道府県別バス事情」という特集が毎回組まれている。2013年現在、鉄道雑誌では唯一存在するバスのみの記事コーナー。
タブレット
読者投稿欄。主に読者からの鉄道各社等に対する要望や提言が掲載される。項目名は鉄道運行に使われる閉塞装置に由来し、タイトルには革製のタブレットキャリアのイラストが用いられている。各号ともコーナー末尾に一ヶ月間に何通の投稿があったかを明記している。

鉄道ジャーナル社編集

株式会社鉄道ジャーナル社
Railway Journal Co., Ltd.
種類 株式会社
本社所在地   日本
102-0072
東京都千代田区飯田橋4丁目8番6号 日産ビル3階
設立 1965年(昭和40年)
業種 情報・通信業
法人番号 3010001023244  
事業内容 雑誌・書籍等の出版
代表者 深見公子(代表取締役社長
従業員数 9人
主要株主 成美堂出版
外部リンク http://www.rjnet.jp/
テンプレートを表示

鉄道ジャーナル社は鉄道映像を記録することを目的に、1965年(昭和40年)、鉄道記録映画社として設立され、竹島紀元が代表取締役を務めた。その後、鉄道ジャーナルの出版を引き継ぎ、1970年(昭和45年)、社名を雑誌と同名の鉄道ジャーナル社に変更する。2018年現在、「鉄道ジャーナル」誌および関連図書の編集と発行がメインとなっている。

なお、主に鉄道旅行を中心とした雑誌『旅と鉄道』はそれまでの季刊誌からリニューアルを図り、2007年10月号から月刊誌に切り替わったものの、2009年1月10日発行の同年2月号を最後に休刊した。同誌は2011年9月(11月号)に朝日新聞出版に出版社を変えて復刊した(2017年7月号から発売元を山と渓谷社に変更)。編集長は鉄道ジャーナル社出身の芦原伸。ただし鉄道ジャーナル社の公式サイト上では「現在発行されている雑誌『旅と鉄道』については、鉄道ジャーナル社はいっさい関わっていません」と明記されており、復刊という見方はしていないようである。

2010年より販売業務を成美堂出版に移管し、会社自体も同社の傘下となり、代表取締役社長も竹島紀元から成美堂出版の代表取締役(深見公子:2015年12月現在)に交代した。

注釈編集

  1. ^ 例として、アーバンネットワークを特集した回では223系等のクロスシート車を過度に賛美しており、混雑に対応できない、一部車両に見られる座席数の減少といったデメリットについては述べられていないことがほとんどである。[独自研究?]
  2. ^ 歴史見解以外にも、編集長による雑誌の私物化という姿勢も問題視され、読者からの抗議が大量に殺到した(この間、本件に関する返答が遅れていることのお詫びも記載されている)。最終的な騒動の終結には約半年も要している。[要出典]

出典編集

  1. ^ 編集部「読者投稿欄「タブレット」内「『鉄道ジャーナル』の良識」」『鉄道ジャーナル』No.218、1985年4月、 144頁。
  2. ^ 鉄道ジャーナル記事に関するおわび 鉄道ジャーナル公式サイト、2008年9月13日、2019年12月3日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集