メインメニューを開く

ぼくのバラ色の人生』(Ma vie en rose)は1997年フランスベルギーイギリス合作映画。 1997年 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭 グランプリ受賞。

ぼくのバラ色の人生
Ma vie en rose
監督 アラン・ベルリネールフランス語版
脚本 アラン・ベルリネール
クリス・ヴァンデール・スタッペン
製作 キャロル・スコット
出演者 ミシェル・ラロック
ジャン=フィリップ・エコフェ
エレーヌ・ヴァンサンフランス語版
ジョルジュ・デュ・フレネフランス語版
音楽 ドミニク・ダルカンフランス語版
ザジ
撮影 イヴ・カープ
編集 サンドリーヌ・ディーガン
配給 日本の旗 ギャガ・コミュニケーションズ
公開 フランスの旗 1997年5月28日
日本の旗 1998年11月7日
上映時間 88分
製作国 フランスの旗 フランス
ベルギーの旗 ベルギー
イギリスの旗 イギリス
言語 フランス語
興行収入 $2,280,573 アメリカ合衆国の旗
£205,659 イギリスの旗
テンプレートを表示

解説編集

MtFトランスジェンダーの子とその家族が、周囲の偏見に苦しみながらも懸命に生きてゆく姿を描くドラマ。

ストーリー編集

リュドヴィクは奇跡を待っていた。6歳にして、自分は女の子として生まれるべきだったと、そして、間違いは近い将来修正されるであろうと確信していた。しかしリュドヴィクが奇跡を待ち望む中、リュドヴィクが実際に経験するのは、拒絶、孤立、そして家族、学友達、近隣の住民の示す激しい反応から引き起こされる罪悪感だけであった。 郊外の偏見に取り囲まれ、家族の愛と誠実さは、どこまでも過激にエスカレートしてゆくトラブルによって試されていく…。

リュドヴィクは、身体は男の子として生まれたが、心の性別は女の子のMtFトランスジェンダーの子(性別違和が強く性同一性障害と考えられる)。 物語はリュドヴィクの家族が郊外の街に引っ越してきて、リュドヴィクの両親が近隣の住民を招いたパーティーを開いている場面から始まる。 そのパーティーで、リュドヴィクは自分の心の性に合った衣装、姉ゾーイのプリンセスドレスを着て登場し、皆を驚かせる。

リュドヴィクは心の性は女の子で、パーティーに来ていた向かいの家に住む父親の上司の息子に惹かれる(内面的に異性愛)。 リュドヴィクはただ自分を無邪気に表現しようとするだけだったが、周囲はそんな彼を性的に倒錯しているおかしい子と見做し、リュドヴィクの両親も非難される。 リュドヴィクの両親も子供のことが理解できず混乱し、父親は本人に男の子としての意識を持つよう矯正しようと試み、母親も最初はありのままでよいとしていたが、続くトラブルと近隣の人々の悪意と差別に、徐々に追い詰められていく。

スタッフ編集

キャスト編集

外部リンク編集