メインメニューを開く

まっぴら君

まっぴら君』(まっぴらくん)は、加藤芳郎による日本4コマ漫画作品。毎日新聞夕刊(夕刊のない地区は朝刊統合版)に連載された。

まっぴら君
ジャンル コメディ
漫画
作者 加藤芳郎
出版社 毎日新聞社
掲載誌 毎日新聞夕刊
発表期間 1954年1月5日 - 2002年11月5日
話数 全13,615回
テンプレート - ノート

概要編集

1954年(昭和29年)1月5日から連載を開始。第1回はその3日前に起きた二重橋事件を取り扱っている。最初はタイトルの通り「まっぴら君」を主人公に最近の世相や社会を真っ向から斬っていたが、連載開始から1年ほどで特定の登場人物を定めずに、それを毎日日替わりでシチュエーションや登場者を変えて掲載した。

主人公は、漫画のタイトルが示すように「真平(まっぴら)御免」とのことから設定されていない。作品では、無人島に住む親子や老人がそれぞれ日々起きた時事問題についての会話ネタが多く取り上げられた。

1988年(昭和63年)2月12日に通算10000回を迎えたが、晩年に加藤が健康に不安を抱え、2001年(平成13年)6月23日の掲載を最後に連載が中断され、その後2002年(平成14年)11月5日に正式に完結することが決定された。47年間で通算13615回の大河連載となった。これは連載終了当時、単一タイトルの新聞連載4コマ漫画としては歴代最長記録であった。

新聞連載漫画としては、中日新聞などブロック紙3社連合加盟の新聞に掲載された佃公彦ほのぼの君』が通算15451回を数えたが、途中に長期のブランクやタイトル変更があった。

2016年現在、これを超える回数を持つ新聞連載4コマ漫画としては、以下のものがある。

毎日新聞の連載漫画では、2014年(平成26年)12月31日に13749回で終了した東海林さだおアサッテ君』(朝刊掲載)に次いで歴代最長2位の記録である。

単行本編集

1988年(昭和63年)の10000回を機に、毎日新聞社より月1冊のペースで10巻まで刊行された。