メインメニューを開く

やつしろ全国花火競技大会(やつしろぜんこくはなびきょうぎたいかい)は、熊本県八代市球磨川河川敷で行われる花火大会である。

概要編集

西日本で唯一開催される花火競技大会であり、日本全国から30程の花火業者が参加しその腕を競う。例年10月第3週の土曜日に開催され、八代市の秋の風物詩として知られる。2009年の打上数は約13,000発、来場観客数は約280,000人。

競技部門は5号玉、10号玉、スターマインがあり、九州の業者が5号玉とスターマインに、全国の業者が5号玉と10号玉に参加する。競技進行は部門別ではなく業者ごとに行う。競技の前後と間に協賛花火があり、「ミュージック花火」も行われる。

2016年10月15日に開催された第29回大会は熊本地震被災後の花火大会であったことや地震発生から約半年と言う日付だったため、熊本地震復興祈願を兼ねた大会となった。特に地震の被害が大きかった益城町御船町西原村などの被災地から住民200名が特別招待され、開催前に犠牲者への黙祷が行われたほか、打ち上げに参加した全ての花火業者が協力して例年よりも多い14,000発が打ち上げられ、地震復興や被災者への応援、犠牲者への冥福を祈るための特別花火も多数打ち上げられた。来場観客数も30万人以上となり、過去最大の大会となった[1][2]

開催日編集

例年は10月第3土曜日(雨天決行。荒天時は11月に順延)に開催されるが、2011年は「ねんりんピック2011熊本」開催のため、1週延期された。

開催場所編集

球磨川河川緑地

放送体制編集

当日は地元ラジオ局のエフエムやつしろによる特別生中継番組が放送され、大会の様子や交通情報などが放送されるほか、YouTubeニコニコ動画などでのライブ中継も配信される。

交通アクセス編集

開催当日は鹿児島本線は熊本 - 八代間、肥薩おれんじ鉄道は出水 - 八代間で臨時列車や増結列車が多数運行されるほか、肥薩線でも列車が臨時増結される。

脚注編集

  1. ^ 熊本復興祈り夜空に大輪 八代で花火大会、30万人”. 日本経済新聞 (2016年10月15日). 2013年10月15日閲覧。
  2. ^ 復興花火大会、30万人が歓声”. 毎日新聞 (2016年10月15日). 2013年10月15日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集