河川敷

大和川(写真左右方向)と石川(写真奥)合流点。 石川の河川敷がグラウンド自転車道として利用されているのがわかる。大阪府柏原市・高尾山頂より)

河川敷(かせんしき[1]、かせんじき[2])もしくは河道(かどう)とは、常時水が流れている区域(低水敷)と増水時に冠水する平坦な土地(高水敷)を合わせた区域をいう。この河道に堤防敷を加えて河川敷という場合もある。

航行可能であれば、航路ともなる。

目次

河川区域編集

 
河川敷の断面

河川法第6条第1項で河川区域という語が定められており[3]、治水工事が施された河川の、堤防から対岸の堤防までの区域である。

行政的には河川敷とは、河川区域内の土地で河川管理者以外がその権限に基づき管理する土地を除くものである[4]

高水敷の土地利用編集

 
野球場として利用された河川敷(江戸川
 
神通川右岸の河川敷にある富山空港

土地利用に当たっては河川管理者(国もしくは地方自治体)の許可が必要となる。主に、公共的な用としてスポーツ施設や運動場公園遊歩道として利用されることが多い。私有化されている土地もあり、一部では農業も行われるが、長年の既得権として許可が与えられているものがほとんどである[5]

占拠編集

  • しばしばホームレスが簡易な居住施設を造るが、占拠を黙認すると居住権が発生すること、出水時に人的被害が出る恐れがあることから強制的な排除が行われる[6]
  • 近隣の住民が造る無許可の家庭菜園が、しばしば本格的な耕作地化することもある。これらも河川管理者の撤去勧告が行われ、従わない場合は行政代執行による排除が行われることになる[5]
  • 2016年の千葉県におけるデータによれば、県内で河川敷が不法に占有され、畑や小屋、桟橋などが作られるケースが377件に及んだという[7]

脚注編集

関連項目編集