メインメニューを開く

アイヌモシㇼアイヌ語仮名表記: アィヌモシㇼ、ラテン文字表記: ainu mosir)とは、アイヌ語で「人間の静かなる大地」を意味する言葉。アイヌ民族は自分たちの生活圏をアイヌモシリと呼んだ[1]カムイモシㇼ(神々の住まう地)やポクナモシㇼ(あの世、冥界)との対比においては「人間の地、現世」を意味する。16世紀には北海道を指す言葉としても用いられた[2]。「アイヌの大地」「アイヌのくに」とも解され、北海道、樺太南部、千島列島など古くからのアイヌの居住地(アイヌ文化圏)を指すことがある。

対となる語に、カムイモシリ(カムィモシㇼkamuy mosir)(神の住むところ)がある。また本州をシサムモシㇼ(シサㇺモシㇼsisam mosir)(隣人の島)、サモロモシリ(サモㇿモシㇼsamor mosir)(隣の島)と呼んだ。

伝説上のアイヌモシリ編集

古来、アイヌ民族に伝えられてきた神話(アイヌラックル)に、アイヌモシリに関して次のような伝承がある。

未だこの地上になにものも存在しない頃、神々が集まってきて、人びとの調和する大地、アイヌモシリを創るための相談をした。モシㇼ・カラ・カムイ(大地・創造・神)という男神、イカ・カラ・カムイ(花・創造・神)という女神がそれぞれ、大地創造のために降臨された。

この2人の神はレェプ・カムイ(犬神)とコタン・コロ・カムイ(梟神)と共にアイヌモシリを創った。モシㇼ・カラ・カムイは山や野原、川をつくり、イカ・カラ・カムイは樹木や美しい草花をつくったあと、今度は粘土を使ってクマやウサギなどの動物達を創っていった。最後に、2人の神は互いに似せた男女をつくった。

アイヌモシリの創造が終わると、高い山の上の広い平原(シノッ・ミンタラ)にほかの神々が訪れ、見事に出来上がったアイヌモシリを見て喜びあった。

アイヌ(人間)は、初め洞窟に住んでいたが、やがて、シノッ・ミンタラに姿をあらわして神々と交流するようになり、神々に踊りや歌、言葉を教わった。やがてアイヌは神の生活をまねて地上に家を建て、火や道具を使って住むようになった。

地名編集

出典編集

  1. ^ 国立民族学博物館アイヌモシリ」(2019年4月11日閲覧)
  2. ^ 平山裕人 『地図でみるアイヌの歴史』 明石書店、2018年、70頁。

関連項目編集