メインメニューを開く

アイ・ガット・マーマン(I GOT MERMAN)とは、1987年宮本亜門の作・演出で初演されたオリジナルのミュージカル作品。

概要編集

ミュージカル女優エセル・マーマンの生涯を3人の女優(3人とも、マーマン役)と2台のピアノで描く。宮本亜門の演出デビュー作品で、この作品の評価により、第43回文化庁芸術祭賞を受賞する。曲はマーマン自身が出演し歌った曲が使われており、タイトルは、劇中で使用されているアイ・ガット・リズムを捩ったものである。

2001年には、リッチ・フォーラム劇場(コネチカット州)でアメリカ公演も上演され、キャストは現地でオーディションにて選定した。

2012年、初演から25周年を記念して、オリジナルキャスト(諏訪マリー田中利花中島啓江)のコンサート版を上演。またファビュラス・キャスト(浦嶋りんこシルビア・グラブエリアンナ)、ニューキャスト(樹里咲穂西国原礼子SDN48)、Miz)の両バージョンも上演された。

上演年表編集

日時、場所 キャスト スタッフ
1987年
4月11日〜13日 ブディストホール
諏訪マリー、田中利花、中島啓江 構成・演出:宮本亜門、訳詞:大場公之、編曲・ピアノ演奏:深沢桂子、ピアノ演奏:種村久美子、舞台監督:村田明・矢田貝誠吾、演出助手:秋山佐和子、衣装:宇野善子、美術:島川とおる、照明:西川園代、音響:安藤淳、監修:風早美樹、制作:宮本企画・冨田日出子・株式会社UPS
1987年
12月16日〜22日 ブディストホール
諏訪マリー、田中利花、中島啓江 構成・演出・制作:宮本亜門、訳詞:大場公之、編曲:深沢桂子、ピアノ演奏:種村久美子・深沢桂子、舞台監督:村田明・矢田貝誠吾、衣装:宇野善子、美術:島川とおる、照明:西川園代、音響:安藤淳、監修:風早美樹、制作:冨田日出子・秋山佐和子・宮本企画
1988年
8月26日〜31日 博品館劇場
諏訪マリー、田中利花、中島啓江 企画・構成・演出:宮本亜門、訳詞:大場公之、編曲:深沢桂子、ピアノ演奏:種村久美子・深沢桂子、舞台監督:村田明、衣装:宇野善子、美術:島川とおる、照明:西川園代、音響:安藤淳、監修:風早美樹、企画・制作:博品館劇場・宮本企画
1988年
10月3日〜7日 道新ホール
諏訪マリー、田中利花、中島啓江 企画・構成・演出:宮本亜門、訳詞:大場公之、編曲:深沢桂子、ピアノ演奏:種村久美子・深沢桂子、舞台監督:村田明、衣装:宇野善子、美術:島川とおる、照明:西川園代、音響:安藤淳、監修:風早美樹、企画・制作:宮本企画
1988年
10月12日 宝塚ホテル(ディナーショー)
諏訪マリー、田中利花、中島啓江 企画・構成・演出:宮本亜門、訳詞・歌唱指導:大場公之、音楽監督・編曲・歌唱指導:深沢桂子、ピアノ演奏:種村久美子・深沢桂子、舞台監督:村田明、衣装:宇野善子、美術:島川とおる、照明:西川園代、音響:安藤淳、監修:風早美樹、制作:宮本企画
1988年
10月28日〜30日 ブディストホール
「昭和63年度文化庁芸術祭賞」受賞
諏訪マリー、田中利花、中島啓江 作・演出・振付:宮本亜門、訳詞・歌唱指導:大場公之、音楽監督・編曲:深沢桂子、ピアノ演奏:種村久美子・深沢桂子、舞台監督:村田明、衣装:宇野善子、美術:島川とおる、照明:西川園代、音響:安藤淳、監修:風早美樹、企画・制作:宮本企画
1989年
12月1日〜3日 近鉄アート館
12月4日 福井武生市文化センター
12月6日〜9日 名古屋NBNホール
12月13日 相模原南市民ホール
12月15日 町田市民ホール
12月19日 パルテノン多摩(小ホール)
12月20日 藤沢市民ホール(小ホール)
12月23日〜28日 博品館劇場
【Aチーム】
諏訪マリー、田中利花、中島啓江

【Bチーム】
北村岳子、福間睦美、森公美子
作・演出・振付:宮本亜門、訳詞・歌唱指導:大場公之、音楽監督・編曲:深沢桂子、ピアノ演奏:種村久美子・深沢桂子、池上知嘉子、中條純子、舞台監督:村田明、衣装:宇野善子、美術:島川とおる、照明:西川園代、音響:安藤淳、監修:風早美樹、制作:博品館劇場・宮本企画
1990年
12月2日〜5日 テレピアホール
12月8日〜9日 みろくの里本多劇場
12月10日 玉島文化センター
12月11日 井原市民会館
12月14日〜16日 イムズホール
12月18日〜19日 グリーンホール
12月21日〜25日 近鉄アート館
12月27日〜30日 博品館劇場
諏訪マリー、田中利花、中島啓江 作・演出・振付:宮本亜門、訳詞・歌唱指導:大場公之、音楽監督・編曲:深沢桂子、ピアノ演奏:種村久美子・深沢桂子、衣装:宇野善子、美術:島川とおる、照明:西川園代、音響:安藤淳、舞台監督:村田明、監修:風早美樹、制作:博品館劇場・宮本企画
1992年
5月8日〜7月31日 博品館劇場
【オリジナル・キャスト】
諏訪マリー、田中利花、中島啓江

【ニュー・キャスト】
杉村理加、高谷あゆみ、花山佳子

【ブロードウェイ・キャスト】
Nora Mae Lyng、Carolee Carmello、Brooks Almy
作・演出・振付:宮本亜門、訳詞・歌唱指導:大場公之、音楽監督・編曲:深沢桂子、ピアノ演奏:種村久美子・深沢桂子(オリジナル・キャスト)、関澤美香、中山あき(ニュー・キャスト)、池上知嘉子、中條純子(ブロードウェイ・キャスト)、衣装:宇野善子、美術:島川とおる、照明:西川園代、音響:松木哲志、舞台監督:村田明、演出助手:北村直子・福間睦美、監修:風早美樹、英語版台本:ゲーリー・パールマン、制作:博品館劇場・プエルタ・デル・ソル
1992年
5月30日〜31日 仙台市青年文化センター
6月19日〜20日 浜松市福祉文化会館
6月23日 京都府立府民ホール アルティ
6月25日 岡山市民文化ホール
6月27日〜28日 広島アステールプラザ
7月3日〜5日 イムズホール
7月7日〜12日 近鉄アート館
7月14日〜17日 名古屋テレピアホール
7月21日〜22日 札幌サンプラザホール
諏訪マリー、田中利花、中島啓江 作・演出・振付:宮本亜門、訳詞・歌唱指導:大場公之、音楽監督・編曲:深沢桂子、ピアノ演奏:種村久美子・深沢桂子、衣装:宇野善子、美術:島川とおる、照明:西川園代、音響:松木哲志、舞台監督:村田明、演出助手:北村直子・福間睦美、監修:風早美樹
1999年
10月4日〜27日 博品館劇場
10月30日〜31日 水戸芸術館ACM劇場
11月3日 志木市民会館パルシティ
11月5日 つくばカピオホール
11月9日〜10日 かめありリリオホール
11月13日 江東区文化センターホール
11月16日 音更町文化センター
11月18日 朝日町サンライズホール
11月20日 Zepp Sapporo
11月21日 長万部町学習文化センター文化ホール
11月23日 秋田県児童会館子ども劇場
11月24日〜25日 青森市民文化ホール
11月26日 盛岡市民文化ホール
11月30日 郡山市民文化センター中ホール
12月1日 川西町フレンドリープラザ
12月3日〜5日 仙台市青年文化センターシアターホール
12月7日 柏崎市民会館
12月8日〜9日 新潟県民会館大ホール
12月10日〜11日 伊勢崎市文化会館
12月14日 野々市町文化会館フォルテ
12月15日〜17日 アートピア・ホール
12月18日 長泉町文化センターベルフォーレ
12月19日〜23日 メディアホール
【オリジナル・キャスト】
諏訪マリー、田中利花、中島啓江

【ニュー・キャスト】
杉村理加、高谷あゆみ、花山佳子
作・演出・振付:宮本亜門、訳詞・歌唱指導:大場公之、音楽監督・編曲:深沢桂子、ピアノ演奏:種村久美子・中條純子・中山あき・宇賀神典子・山口まどか・玉井悦子、衣装:宇野善子、美術:島川とおる、照明:西川園代、音響:山本浩一、ヘアメイク:角田和子、演出助手:加藤裕、舞台監督:村田明、協力:風早美樹、制作:博品館劇場・ケイダッシュステージ、企画・製作:プエルタ・デル・ソル
2000年
1月2日〜5日 シアター・ドラマシティ
1月7日 グリーンホール相模大野
1月8日 浦和市文化センター大ホール
1月13日〜14日 平塚市民センター
1月18日〜21日 神奈川県立青年少年センター・ホール
1月22日 茅ヶ崎市民文化会館
1月24日〜25日 横須賀市文化会館
1月26日〜27日 藤沢市民会館
1月28〜29日 海老名市文化会館
1月31日〜2月1日 鎌倉芸術館
2月2日〜3日 エポック中原
2月4日〜5日 幸市民館
2月8日 多摩市民館
2月9日〜11日 宮前市民館
2月12日 所沢市民文化センターミューズ マーキーホール
2月15日〜16日 青葉の森公園芸術文化ホール
2月17日〜18日 山梨県民文化ホール(小ホール)
2月20日 足利市民会館
2月23日 守山市民ホール
2月25日 長野県県民文化会館中ホール
2月27日 山口市民会館
2月28日 アステールプラザ大ホール
3月1日 愛媛県民文化会館
3月2日 高知県民文化ホール
3月3日 香川県民ホール
3月6日 岡山市民文化ホール
3月8日 大分県立芸術会館
3月10日 長崎市民会館文化ホール
3月11日 佐賀市民会館
3月13日〜14日 メルパルクホールFUKUOKA
3月17日〜19日 パレット市民劇場
4月13日〜15日 赤坂ACTシアター
【オリジナル・キャスト】
諏訪マリー、田中利花、中島啓江

【ニュー・キャスト】
杉村理加、高谷あゆみ、花山佳子
作・演出・振付:宮本亜門、訳詞・歌唱指導:大場公之、音楽監督・編曲:深沢桂子、ピアノ演奏:種村久美子・中條純子・中山あき・宇賀神典子・山口まどか・玉井悦子、衣装:宇野善子、美術:島川とおる、照明:西川園代、音響:山本浩一、ヘアメイク:角田和子、演出助手:加藤裕、舞台監督:村田明、協力:風早美樹、制作:博品館劇場・ケイダッシュステージ、企画・製作:プエルタ・デル・ソル
2000年
10月7日 調布グリーンホール
10月11日〜12日 練馬文化センター
10月13日〜14日 名鉄ホール
10月16日 板橋区立文化会館
10月17日 八王子いちょうホール
10月18日 日野市民会館
10月19日〜20日 船橋市民文化ホール
10月22日 松戸市民会館
10月24日 都留市文化ホール
10月25日〜26日 松本市市民会館
10月27日 伊那文化会館
10月30日 新潟市民芸術文化会館
11月1日〜2日 札幌市教育文化会館
11月4日 秋田県児童会館
11月6日 山形県県民会館
11月7日 関内ホール
11月10日 栃木県総合文化センター
11月11日 桐生市市民文化会館
11月13日 かめありリリオホール
11月18日 岡山市立市民文化ホール
11月27日 電力ホール
12月3日〜17日 博品館劇場
12月19日〜23日 シアター・ドラマシティ
【オリジナル・キャスト】
諏訪マリー、田中利花、中島啓江

【ウィッチィ・シスターズ】
浦島りん、シルビア・グラブ、山崎ちか
作・演出・振付:宮本亜門、訳詞・歌唱指導:大場公之、音楽監督・編曲:深沢桂子、ピアノ演奏:種村久美子・深沢桂子(オリジナル・キャスト)、山口まどか・松本好永(ウィッチィ・シスターズ)、衣装:宇野善子、美術:島川とおる、照明:西川園代、音響:松木哲志、ヘアメイク:太田年哉・神尾貞延、演出助手:加藤佑一、舞台監督:村田明、協力:風早美樹、企画:プエルタ・デル・ソル、製作:ケイダッシュステージ
2001年
9月18日〜23日 米・スタンフォードセンター・リッチフォーラム劇場
Sandy Binion、Becca Ayers、Andi Hopkins 作・演出・振付:宮本亜門、脚本:宮本亜門・Dan W.Davis、衣裳デザイン:Willa Kim
2002年
9月28日 昭島市民会館
9月30日 かめありリリオホール
10月4日 厚木市文化会館
10月12日〜14日 札幌メディアパーク・スピカ
10月25日〜11月10日 博品館劇場
11月14日 日田市民文化会館
11月15日 諫早文化会館大ホール
11月18日 延岡総合文化センター
11月20日 メルパルクホール福岡
11月23日 太子町立文化会館あすかホール
11月24日 神戸国際会館こくさいホール
12月1日 文化パルク城陽
12月3日 鹿児島市民文化ホール(第2)
12月5日 出雲市民会館
12月7日 可児市文化創造センター
12月8日 大井川町文化会館ミュージコ
12月9日 磐田市民文化会館
12月11日 亀岡会館
12月13日〜14日 シアター・ドラマシティ
12月21日 パティオ池鯉鮒(知立市文化会館)
【オリジナル・キャスト】
諏訪マリー、田中利花、中島啓江

【ウィッチィ・シスターズ】
浦島りん、シルビア・グラブ、山崎ちか
作・演出・振付:宮本亜門、訳詞・歌唱指導・演出助手:大場公之、音楽監督・編曲:深沢桂子、ピアノ演奏:種村久美子・深沢桂子(オリジナル・キャスト)、山口まどか・荻野清子・玉井悦子(ウィッチィ・シスターズ)、衣装:宇野善子、美術:島川とおる、照明:西川園代、音響:松木哲志、ヘアメイク:太田年哉・神尾貞延、舞台監督:村田明、協力:風早美樹、製作:ケイダッシュステージ
2012年
1月3日〜19日 シアタークリエ
【オリジナル・キャスト】
諏訪マリー、田中利花、中島啓江

【ファビュラス・キャスト】
エリアンナ、シルビア・グラブ、浦嶋りんこ

【ニュー・キャスト】
樹里咲穂、西国原礼子(SDN48)、Miz
作・演出・振付:宮本亜門、訳詞・歌唱指導:大場公之、音楽監督・編曲:深沢桂子、ピアノ演奏:種村久美子・深沢桂子(オリジナルキャスト)、中條純子、大隅一菜(ファビュラスキャスト・ニューキャスト)、衣装:黒須はな子、美術:島川とおる、照明:西川園代、音響:実吉英一、ヘアメイク:川端富生、映像:栗山聡之、舞台監督:村田明、演出助手:末永陽一、製作:東宝