メインメニューを開く

森公美子

森 公美子(もり くみこ、1959年7月22日[2] - )は、日本オペラ歌手タレント女優、声優。ケイセブン中村屋所属。愛称は「モリクミ」。

森公美子
生誕 (1959-07-22) 1959年7月22日(59歳)
出身地 日本の旗 日本宮城県仙台市
学歴 昭和音楽短期大学卒業[1]
ジャンル オペラ
職業 オペラ歌手タレント女優
担当楽器 メゾソプラノ
活動期間 1981年 -
レーベル 日本クラウン
事務所 ケイセブン中村屋
公式サイト 所属タレント|森公美子

目次

来歴編集

宮城県仙台市出身[3]。父親は青森県、母親は宮城県出身[4]。14歳の時、ハワイで聴いたジャズ歌手・サラ・ヴォーンの歌声に魅了され、音楽の道に進むことを決意[5]。しかし地元にジャズの専門学校は無かったため、昭和音楽短期大学に進んでクラシックを学ぶ[5]。先輩に中島啓江がおり、親交もあった[6]。卒業後、オペラの名門・二期会オペラスタジオに入るが、そこで自分の実力不足を痛感し、成人式の振袖代わりに親に100万円を出資してもらい、イタリアミラノへ留学する[5][7]。オペラのレッスンを続けるが、ロンドンに住む叔母のところへ遊びに行った時、ミュージカル『マイ・フェア・レディ』を観て衝撃を受け、オペラからミュージカル歌手への転向を決める[5]

1982年に『修道女アンジェリカ』でオペラデビュー[2]。ミュージカルデビューは1983年東宝ミュージカル『ナイン』[8]。オーディションで「バック転出来る?」と聞かれ、当時体重が78kgもあったが、体は柔らかく、手を床に付けたままブリッジをしてバック転も出来たことから、同作の出演が決まったという[8]。1985年、東宝ミュージカル『ラ・カージュ・オ・フォール』に出演したことで注目を集め、以降オペラやミュージカルに出演するほか、バラエティ番組テレビドラマなどでも活躍する[2]。『屋根の上のヴァイオリン弾き』アンサンブルとして参加した際には森繁久彌から江戸時代の最強力士である“雷電爲右エ門”にちなんだ芸名“雷電為子”の名をもらった[9]1989年から1990年にかけて、関根勤率いる劇団「カンコンキンシアター」の旗揚げ〜第3回公演に参加。2006年8月19日には、世界68カ国で放送されているアメリカのディズニー・チャンネルのドラマ『スイート・ライフ』において、ホテルに泊まる日本人歌手「クミコ・モリ」役で出演[10]

2007年5月30日、日本クラウンよりミュージカルの代表曲を集めたアルバム『メモリー森公美子ミュージカル・ベスト I am a Singer Kumiko Mori』をリリースした。

2015年、第40回菊田一夫演劇賞・演劇賞を受賞[11]

人物編集

  • 仙台市にある実家[12]の旅館は旧日本プロレスが仙台で興行を行った時に宿泊する定宿であったため、ジャイアント馬場アントニオ猪木大木金太郎坂口征二といったレスラーから可愛がってもらった。ちなみに、森は坂口が好きで、森がプロレスの試合を観に行ったその帰り、坂口に「公美ちゃん、帰るぞ」と言われた時の顔の清々しさや手の大きさが忘れられなくなり、“初恋の人”とも言っている。森が成人した後に馬場と再会し、馬場に「こんなに大きくなったか。大きくなり過ぎだ」と言われたという。なお実家には、長嶋茂雄立教大学時代)、第47代横綱柏戸美空ひばり江利チエミ雪村いづみなどのサインがたくさんあると話している[8]
  • 2001年に結婚した夫が2006年に交通事故に遭い、脳挫傷で重傷を負った。森は夫の介護リハビリを支えながら仕事を続けている[8]
  • 料理好き[13]で、家には電子レンジが3台、冷蔵庫が4台ある。夫を介護している事情から、料理したものを多く冷凍保存したりするためで、夫専用のレンジもある[8]。人に料理をふるまうのも好きで[14]、森の家では「森食堂」と呼ばれるパーティーがよく行われ、親友の島谷ひとみ仲間由紀恵市村正親らが姿を見せたり[15]、舞台の稽古場にも共演者のために手料理を持参する[14]
  • ミュージカル「レ・ミゼラブル」の稽古中に東日本大震災が発生。故郷・仙台が甚大な被害を受け、森自身の家族は無事だったが、中高時代に共に音楽の道を目指した友人を津波で亡くしたことを、公演中のインタビューで涙ながらに明かした[16]

出演編集

ミュージカル編集

音楽番組編集

テレビバラエティ・情報番組編集

テレビドラマ編集

ラジオ編集

CM編集

テレビアニメ編集

映画編集

吹替編集

コンサート編集

  • 天使にラブラブ(1997年4月、Bunkamuraオーチャードホール 他)
  • 魔女にラブラブ(1998年6・7月、Bunkamuraオーチャードホール 他)
  • ちょっとポップなコンサート(1999年10月 - 2000年3月、全国ツアー)
  • 森公美子コンサート/ミュージカルを抱きしめて(2003年2月18日 - 23日、パルコ劇場 他)[33]
  • 眠れぬ森は美女?(2008年9月、渋谷Bunkamuraオーチャードホール)
  • 森公美子コンサート!カモナ・マイ・ハウス(2009年6月)

CD編集

シングル編集

  1. あなただけ MY LOVE(1998年4月17日)
    c/w MY LOVE
  2. 虹がうまれた日(2000年9月13日)
    c/w Just Like a Rainbow
  3. 桜景(オーケー)(2002年5月9日)
    c/w 四季のさくら
  4. おじゃる丸狂騒曲(2009年5月13日)
    c/w 詠人/唄:北島三郎

アルバム編集

  1. MY LOVE(1998年5月20日)
  2. メモリー☆森公美子 ミュージカル・ベスト I am a Singer Kumiko Mori(2007年5月30日)

参加作品編集

著書編集

  • ブラをはずして…
  • やせる想い
  • 森公美子のいい男といい女が集まるレシピ!

脚注編集

  1. ^ “森公美子、母校で熱唱 昭和音大卒業式でサプライズ”. nikkansports.com. (2016年3月21日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1619601.html 2016年5月22日閲覧。 
  2. ^ a b c PROFILE”. ケイセブン中村屋. 2015年8月22日閲覧。
  3. ^ a b “森公美子がミュージカルで「明日を生きる力に」”. nikkansports.com. (2016年5月21日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1650758.html 2016年5月22日閲覧。 
  4. ^ 『あの日あの時母の顔―私の母語り』 小学館 1996年 87頁
  5. ^ a b c d e 森公美子 (2010年4月14日). 森公美子さん-プロ論。-. インタビュアー:高嶋千帆子. リクナビNEXT.. https://next.rikunabi.com/proron/1018/proron_1018.html 2018年7月29日閲覧。 
  6. ^ “森公美子「いつも私の前を歩いてくれました」 中島啓江さん死去”. SANSPO.COM. (2014年11月28日). http://www.sanspo.com/geino/news/20141128/oth14112820160025-n1.html 2015年4月5日閲覧。 
  7. ^ 森公美子が「人生最後の日に食べたい」絶品イタリアンを紹介『アナザースカイ』”. テレビドガッチ (2015年10月23日). 2016年5月22日閲覧。
  8. ^ a b c d e 日刊スポーツ 2014年5月25日30面『日曜日のヒロイン・902』
  9. ^ “森公美子 菊田一夫演劇賞にびっくり”. DAILY SPORTS ONLINE. (2015年4月20日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/04/20/0007939849.shtml?pg=2 2015年8月22日閲覧。 
  10. ^ IMDb Pro » The Suite Life of Zack and Cody: Season 2, Episode 23 Lost in Translation
  11. ^ “演劇人”森公美子、菊田一夫演劇賞は「ドッキリかと」”. ORICON STYLE (2015年4月20日). 2015年8月22日閲覧。
  12. ^ a b “森公美子、仙台の仲間に励まされ出演…舞台「レ・ミゼラブル」公開稽古”. スポーツ報知. (2011年4月8日). オリジナル2011年4月10日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110410081720/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20110408-OHT1T00045.htm 2015年4月5日閲覧。 
  13. ^ a b 原田和幸 (2015年6月12日). “楽しい食事で心の健康…森公美子”. YOMIURI ONLINE. オリジナル2015年8月21日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20150821160229/http://www.yomiuri.co.jp/culture/news/20150608-OYT8T50147.html 2016年5月22日閲覧。 
  14. ^ a b 森公美子「人が食べている顔が好き」”. Lmaga.jp. 京阪神エルマガジン社 (2017年8月12日). 2017年9月18日閲覧。
  15. ^ 真紀和泉 (2010年2月13日). “「いいなー!」と中居正広がうらやむ、森公美子の意外な人脈。”. Techinsight. メディアプロダクツジャパン. 2013年9月23日閲覧。
  16. ^ 2011年4月8日 サンケイスポーツ 芸能面
  17. ^ 森公美子、50キロ痩せろと言われた!?”. ORICON STYLE (2006年11月13日). 2016年5月22日閲覧。
  18. ^ レミゼ出演の生田絵梨花に森公美子が太鼓判「もう大女優ですわ」”. 音楽ナタリー (2017年5月25日). 2017年9月18日閲覧。
  19. ^ ハイカロリーダイナミックミュージカルショー「ビッグレディースクラブ」製作発表 7/31(月)”. WATCH FOR!. シアターガイド (2000年8月2日). 2018年7月29日閲覧。
  20. ^ “森公美子、体重差を越えて結婚”. zakzak. (2001年4月13日). オリジナル2003年4月18日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20030418054643/http://www.zakzak.co.jp/geino/n-2001_04/g2001041302.html 2018年7月29日閲覧。 
  21. ^ WATCH FOR!ハウス食品スペシャル「こくまろな女達〜WOMAN REVOLUTION!」記者会見 5/8”. シアターガイド (2001年5月21日). 2016年9月22日閲覧。
  22. ^ “森公美子が帝劇に4000万円使わせた理由”. SANSPO.COM. (2003年10月10日). オリジナル2003年12月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20031209074158/http:/www.sanspo.com/geino/top/gt200310/gt2003101007.html 2015年8月22日閲覧。 
  23. ^ “光一「SHOCK」に森公美子初参加「泣きながら見ている」”. SANSPO.COM. (2014年2月5日). http://www.sanspo.com/geino/news/20140205/joh14020505030000-n1.html 2014年2月17日閲覧。 
  24. ^ 森公美子、“W主演”も体型差に驚き「違いすぎるだろ」”. ORICON STYLE (2014年1月17日). 2014年2月17日閲覧。
  25. ^ “森公美子、脇役から初の帝劇主演「30年目の奇跡と呼んでます」”. SANSPO.COM. (2014年6月23日). http://www.sanspo.com/geino/news/20140623/oth14062317460023-n1.html 2015年4月5日閲覧。 
  26. ^ “大地真央が一見貞淑な妻演じるサスペンス喜劇「一人二役」全国15会場巡演”. ステージナタリー. (2016年7月12日). http://natalie.mu/stage/news/194256 2016年7月12日閲覧。 
  27. ^ 森公美子 (2018年7月2日). 森公美子「オダ・メイが私を選んでくれたのかも」ミュージカル『ゴースト』インタビュー. インタビュアー:こむらさき. SPICE(イープラス).. http://spice.eplus.jp/articles/193771 2018年7月29日閲覧。 
  28. ^ 森公美子、愛川欽也さんをしのぶ 「何もお返しをしないうちに…」”. TVfanWeb (2015年4月17日). 2015年8月22日閲覧。
  29. ^ (新)おいでよ!森クミの部屋”. BS日テレ (2017年). 2017年4月29日閲覧。
  30. ^ 「魔法×戦士 マジマジョピュアーズ!」に5人目の戦士! 新“悪役”キャラの森公美子が圧倒的ラスボス感 - ねとらぼ、2018年8月25日
  31. ^ アニメ「毎日かあさん」製作発表 森公美子主演 水曜ゴールデンで”. アニメ!アニメ!. イード (2009年1月29日). 2015年8月22日閲覧。
  32. ^ 森公美子が映画『TAXI NY』の吹き替えに挑戦”. ORICON STYLE (2008年3月22日). 2016年5月22日閲覧。
  33. ^ “森公美子、名作ミュージカルのパロディーで魅せた”. SANSPO.COM. (2003年2月19日). オリジナル2003年12月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20031207232711/http:/www.sanspo.com/geino/top/gt200302/gt2003021918.html 2016年5月22日閲覧。 
  34. ^ 堂本光一主演「Endless SHOCK」11年ぶりサントラ、歴代キャスト陣も参加”. ステージナタリー (2017年3月10日). 2017年4月29日閲覧。

外部リンク編集