メインメニューを開く

アズマイチゲ(東一華、学名:Anemone raddeana)は、キンポウゲ科イチリンソウ属多年草

アズマイチゲ
Anemone raddeana 1.JPG
福島県会津地方 2010年4月
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : モクレン亜綱 Magnoliidae
: キンポウゲ目 Ranunculales
: キンポウゲ科 Ranunculaceae
: イチリンソウ属 Anemone
: アズマイチゲ A. raddeana
学名
Anemone raddeana Regel
シノニム
  • Anemone juzepczukii Starod.
    *Anemonoides raddeana (Regel) Holub
和名
アズマイチゲ(東一華)

目次

特徴編集

根茎は横に這い、紡錘状にふくらむ。につくは柄を持って3枚が輪生し、3出複葉である。
花期は3-5月、花茎の高さは15-20cmになり、直径2-3cmの花弁状の萼片を持つを1個つける。萼片は白色で8-13枚。花弁はない。
近縁のキクザキイチゲに似るが、浅く3葉に切れ込んだ葉の形が特徴である。

春先に花を咲かせ、落葉広葉樹林の若葉が広がる頃には地上部は枯れてなくなり、その後は翌春まで地中の地下茎で過ごすスプリング・エフェメラルの一種。

別名「雨降花」と呼ばれており、摘み取ると雨が降るという説がある。 名称は「東の一輪草」から。

分布と生育環境編集

日本では北海道、本州、四国、九州に分布し、山地や山麓の日当たりの良い場所に生育する。アジアでは樺太、朝鮮、ウスリー地方に分布する。

画像編集

下位品種編集

  • シラゲウラベニイチゲ Anemone raddeana Regel f. raddeana

参考文献編集