メインメニューを開く

アタウルフォ・アルヘンタ(Ataúlfo Argenta、本名:Ataúlfo Exuperio Martín de Argenta Maza、1913年11月19日 - 1958年1月21日)は、スペイン指揮者

アタウルフォ・アルヘンタ
出生名 Ataúlfo Exuperio Martín de Argenta Maza
生誕 1913年11月19日
出身地 スペインの旗 スペイン王国 カンタブリア州
カストロ・ウルディアレス
死没 (1958-01-21) 1958年1月21日(44歳没)
スペインの旗 スペイン マドリード州 マドリード県
マドリード市 ロス・モリノス
学歴 王立マドリッド高等音楽学校
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者
ピアニスト
担当楽器 ピアノ
活動期間 1930年 - 1958年

生涯編集

スペイン王国カンタブリア州のカストロ・ウルディアレスで出生。父は、レンフェ(スペイン国鉄)職員で駅長を務めていた。1927年に13歳で王立マドリッド高等音楽学校に入学。1930年ピアノ科で首席を獲得し、1931年にはクリスティーナ・ニルソン賞を受賞する。ダンスホールや酒場でピアノを弾く傍ら、父と同じくレンフェに勤務した。音楽院で首席を獲得していたために、スペイン内戦における徴兵を免れ、ベルギードイツでピアノと指揮の研鑽を積むことができた。ドイツでは、指揮法をカール・シューリヒトに師事した。内戦が終わるとスペインに帰国。

第2次世界大戦中は、マドリッド・スペイン国立管弦楽団に入団して、ピアノやチェレスタなどの鍵盤楽器を担当する。1944年にマドリッド室内管弦楽団の指揮者に就任し、1945年10月10日よりスペイン国立管弦楽団を指揮するようになった。1947年より終身音楽監督に就任した。

アルヘンタはかねてより結核を患っており、1955年から1956年の間に5か月間の療養を余儀なくされる病状であった。1958年1月21日、スペイン・マドリードロス・モリノス英語版の自宅で死去。直接の死因は一酸化炭素中毒であった。44歳没。

レコーディング編集

アルヘンタは、有名なオペラ歌手と共演して、アランブラ・レーベル(スペイン・コロンビア社)にサルスエラ(スペイン独自の歌劇)を50曲以上も録音した。この録音はデッカ・レコードから復刻されている。

デッカ・レコード(イギリス)とも一連の録音を行ったが、その曲目は大半がスペインやロシア国民楽派や、近代フランス音楽に関連するものであり、中でも「エスパーニャ España! 」と題されたアルバム(型番 = Decca SXL 2020)は、ステレオ録音草創期の名盤として今なお名高い。アルヘンタはこの企画のために1957年1月にロンドンに赴き、キングズウェイ・ホールを録音会場としてロンドン交響楽団を指揮し、主に非スペイン人作曲家が書いた「スペイン音楽」を録音したのである。曲目はシャブリエ狂詩曲スペイン』のほか、リムスキー=コルサコフの『スペイン奇想曲』とモシュコフスキーの『スペイン舞曲』、そしてグラナドスの『アンダルーサ』であった。

アルヘンタはグラナドスの歌劇ゴイェスカス』も録音しており、さらにパリ音楽院管弦楽団と共演してベルリオーズの『幻想交響曲』を、スイス・ロマンド管弦楽団と共演してドビュッシーの『管弦楽のための映像』とチャイコフスキー交響曲 第4番を録音した。

ウィーンブラームス交響曲を録音する計画もあったが、アルヘンタの死去によって実現しなかった。

協奏曲の指揮では名ギタリスト、ナルシソ・イエペスと組んロドリーゴの『アランフェス協奏曲』が名高い。

彫刻家ラファエル・ウェルタが制作したアルヘンタの彫像が、1961年よりカストロ・ウルディアレスの庭園に設置されている。

脚注編集