メインメニューを開く

アドベンチャークイズ カプコンワールド

アドベンチャークイズ カプコンワールド』は、カプコンが発売したクイズゲームである。

アドベンチャークイズ カプコンワールド
ジャンル クイズゲーム
対応機種 アーケード[AC]
PCエンジン[PCE]
開発元 [AC]:カプコン
発売元 [AC]:カプコン
[PCE]:ハドソン
人数 1人 - 2人
メディア [AC]:CPS-1
[PCE]:SUPER CD-ROM2
発売日 [AC]:1989年
[PCE]:1992年6月19日
その他 PCE版タイトルは『アドベンチャークイズ カプコンワールド ハテナ?の大冒険』
テンプレートを表示

目次

概要編集

本作は1989年にカプコンがリリースしたアーケード用のクイズゲーム。また本作はカプコン初のクイズゲームでもある。それまでのクイズゲームとは違い、「すごろく式」「4択クイズを4ボタンで回答する」「お手つき制」「2人プレイ(途中参加可能)」「様々なイベントの発生」といった要素がプレイヤーから好評を博し、クイズゲームとしては異例のヒットを記録。このヒットにより、これらのシステムは以降のアーケードのクイズゲームの雛形となり、自社・他社を問わず多くのクイズゲームに影響を与えた[要出典]

システム編集

プレイヤーはカードをめくって出た数の分だけすごろく式のマップを進め、盤面のマスに止まるたびにクイズの出題やイベントの発生という流れでゲームは進行する。クイズでは出題ごとに正解数ノルマ(3-8問)が定められ、10問目が終わるまでにそのノルマを達成すればクリア、誤答すると「お手つき」がマイナスされ、手持ちのお手つきがなくなるとゲームオーバーとなる。各ステージの最後にボスが待ち構えており、当時のカプコンのゲームにちなんだキャラクターがボスとなっている。なお、ボス戦ではジャンルセレクトが可能。各ワールドの盤面は「C」「A」「P」「C」「O」「M」の各文字でかたどられており、これらを全てクリアするとエンディングとなる。

各ワールドのボスキャラクター

アドベンチャークイズ カプコンワールド2編集

アドベンチャークイズ カプコンワールド2
ジャンル クイズゲーム
対応機種 アーケード[AC]
開発元 [AC]:カプコン
発売元 [AC]:カプコン
人数 1人 - 2人
メディア [AC]:CPS-1
発売日 [AC]:1992年
テンプレートを表示

1992年にカプコンからリリース。本作はカプコンワールドの続編としてCPシステムで製作され[1]、前作と比べグラフィックとサウンドの強化、ジャンル数・問題数・ステージ数などのボリュームも大幅にアップしている。前作以上に、様々なカプコンキャラクターがクイズの出題者として登場したり(Dr.ワイリーは前作から引き続きボスとして登場)、他のカプコンのゲームのBGMが使われるなど、より「カプコンワールド」の名にふさわしい内容となった。

2004年には本作を基にした携帯電話用アプリ『クイズ カプコンワールド!!』も配信された。

基本的なゲームシステムは前作と同じだが、本作では以下の4人の中から好きなキャラクターを選択することができる。各キャラクターはそれぞれ得意能力を持っており、クイズ出題時に時々能力を発動させてプレイを楽にしてくれる。ただし、長時間ゲームを継続していると、後半戦では発動しにくくなる[2]

続いて「ビギナーズコース」「ノーマルコース」「エキスパートコース」の中から挑戦するコースを決めるとゲーム本編がスタートする。

各ステージの最後にいるボスを倒すとステージクリアとなる。また、コースの最後にはドラゴンが待ち構えており、倒すとコースのクリアとなる。1つのコースをクリアしたら残りのコースのいずれかを選択し、最終的には計3体のドラゴンを倒して、3つのクリスタルを奪い返した後に現れる真のボスを倒すのがゲームの目的である。

また、今作では10問終了してもゲームオーバーにはならず第11問以降が出題される。

プレイヤーキャラクター編集

戦士・ウィング
「会心の一撃!」と表示されているときにクイズに素早く正解すると、1回の正解でノルマを2つ減らすことができる。
魔法使い・ピュア
ジャンルセレクトを発動する能力がある。
ネコ・ファー
ときどき、クイズを2択や3択にする能力がある。また、まれに会心の一撃が使える。
僧侶・リリック
このゲームでは一定の点数を獲得するごとにお手つきが増える(回復する)システムがあるが、その回復のスピードが他のキャラクターよりも速い。
早く正解した時のタイムボーナスが2倍になり(遅いと通常通り)点数でのライフ回復が他キャラクターよりやりやすい。
2人プレイ時にはもう片方のプレイヤーにも効果がある。

その他編集

  • 今作には正解率の要素が追加され、それによって各ステージクリア時に得られるボーナス得点が変化する。特に、正解率100%を維持し続けた場合のみ、それまでにクリアしたステージ数に応じた特別ボーナスが加算される。しかし、最終ボスを倒すまでプレイすると約2時間かかるほどのボリュームがあるため、最後まで正解率100%を維持し続けるのはとても困難である。
  • 2人で対戦するとステージクリアーの度に春麗が現れ正解数の多いプレイヤーの旗を振る(プレイヤー1の時は青、プレイヤー2の時は赤い旗を振る)。
  • 本作に登場する魔法使いピュアとドラ猫ファーはカプコンのファンクラブ会報の紙面などに出演している他、『MARVEL VS. CAPCOM CLASH OF SUPER HEROES』ではスペシャルパートナーとして登場している。

移植編集

  • アドベンチャークイズ カプコンワールド ハテナの大冒険
本作はハドソンより上記のタイトルでPCエンジンへと移植されており、1992年6月19日に続編の『アドベンチャークイズ2 ハテナ?の大冒険[3]』とのカップリング移植で発売された。本作はSUPER CD-ROM2用ソフトとしての製作されており、2作同時収録、一部BGMがCD音源で演奏、問題数の増加などCD-ROMメディアの特性を活かした内容だった。なお、ゲーム内容はアーケード版の忠実な移植であるが、ボスキャラクターと一部セリフの差し替え、クレジット(コンティニューの回数)が有限といった家庭用ハード向けの仕様になっている。
主な変更点
  • ワールド2ボス「ドクターワイリー」セリフ差し替え
※「アーケードでは初登場というところで」→「PCエンジンでは初登場というところで」
  • ワールド4ボス「いで洋介」→「大魔王(ゴンディアス、アスタロト)」に差し替え
  • ワールド6ボス「MR.T」→「ルシファー」に差し替え

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ アドベンチャークイズの続編は『ハテナ?の大冒険』であるが、カプコンワールドとしての続編は本作である。
  2. ^ これと似たようなシステムは後のカプコンのクイズゲーム『クイズ&ドラゴンズ』にも導入されている。
  3. ^ 『ハテナ?の大冒険』の読みは「ハテナはてなのだいぼうけん」であるが、PCエンジン版のパッケージタイトルでは「ハテナの大冒険」と表記されているため、これが正式タイトルとなる。

関連項目編集