アドベンチャーKiD』(アドベンチャーキッド)は、前田俊夫による日本成人向け漫画作品。および原作を基にしたアダルトアニメ

アドベンチャーKiD
ジャンル エロティックバイオレンス
漫画
作者 前田俊夫
出版社 ワニマガジン社
レーベル ワニマガジンコミックス
発売日 1988年10月 - 1989年10月
巻数 全4巻
OVA:妖獣戦線 アドベンチャーKID
監督 高山秀樹
脚本 大和屋竺
キャラクターデザイン 金剛寺弾
音楽 天野正道
発売日 1992年7月21日 - 1993年10月21日
話数 全3話
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

あらすじ編集

妖獣戦線 アドベンチャーKID編集

羽生則和は家の裏庭から第二次大戦時のものと思われるコンピュータを見つけた。 コンピュータを起動させると、彼はその場にいた少女みどりとともに卑猥な化け物が跋扈する地獄へと転送された。 則和は仲間になった煽情的な鬼の娘・江岸娘(エガンコ)から思いを寄せられる一方、変態性欲の持ち主である怪物の王子はすぐさまみどりの言いなりになった。

妖獣戦線 アドベンチャーKID2 煉獄編集

地獄から生還した則和とみどりが目にしたのは、庭で発見した例のコンピュータによって支配された現実世界だった。 2人は、世界を基に戻すべく、第二次世界大戦が起きている時代へタイムスリップした。

妖獣戦線 アドベンチャーKID3 愛の妙薬編集

江岸娘は愛の妙薬で則和をわがものにしようとして、みどりと同じ学校の自己中心的な男を恋に落としてしまった。 やがて、妙薬は混ざり合い、登場人物たちはそれぞれにふさわしい相手と結ばれるのであった。

登場人物編集

羽生 則和
本作の主人公であるゲーム好きの少年。
みどり
則和と一緒にいた少女。実は真砂博士の妻の生まれ変わりである。
真砂博士
江岸娘(えがんこ)
地獄で則和らが出会った煽情的な鬼の娘。

書誌情報編集

アダルトアニメ編集

1992年から1993年まで『妖獣戦線 アドベンチャーKID』(ようじゅうせんせん アドベンチャーキッド)のタイトルで全3巻のOVAが発売された。飯島愛声優に初挑戦した作品。

スタッフ編集

映像ソフト編集

  • 『妖獣戦線 アドベンチャーKID』 1992年7月21日発売 VHS:SWVC-2001/LD:SWLD-2001
  • 『妖獣戦線 アドベンチャーKID2 煉獄』 1993年3月21日発売 VHS:SWVC-2002/LD:SWLD-2002
  • 『妖獣戦線 アドベンチャーKID3 愛の妙薬』 1993年10月21日発売 VHS:SWVC-3003/LD:SWLD-2003

日本国外での販売編集

1990年代半ばには、セントラル・パーク・メディアが本作の北米での販売権を獲得し[3]、破産する2009年まで権利を保持した[4]。 セントラル・パーク・メディアは、アニメ18というレーベルの中で全2巻のVHS/CD-ROMで構成された字幕版を発売したのち、全1巻のVHSから成る吹き替え版を発売したほか[3]、2001年には、DVD版も発売した[1]

イギリスではKidという単語が性的な要素をわかりにくくする恐れがあったため、Adventure Duoに改題され[5]全英映像等級審査機構の審査を通過するために、第1巻の1分間のシーンと第3巻の9分間以上のシーンがそれぞれカットされた[2][6][7]。 1990年代にはパラドックスから全3巻のVHSが発売されたほか[8][9]、2002年には全1巻のDVDがKiseki Filmsから発売された[10]


反響編集

アダルトアニメ版に対する評価編集

Mariana Ortega-Brenaは、雑誌 Sexuality & Cultureの中で、本作が通常の成人向け漫画よりも暗い内容であることから、ポルノとSFホラーとスプラッター映画の間にあると位置づけた[11]500 Essential Anime Moviesヘレン・マッカーシー英語版は「ポルノグラフィーとシットコムの狂気じみた混合物」と評し[12]、 Squential Tart'のSheena McNeil は「たくさんのユーモアに満ちたエロティック・ファンタジー」と評した[13]ジョナサン・クレメンツとマッカーシーはThe Anime Encyclopedia'においても、本作のホラー要素について言及する一方.[5]、マクニールはエロティック・グロテスクと評している[14]

Mania.comのクリス・ビバレッジは原爆投下のシーンは『博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか』の演出方法と似ていると指摘し、ブラッド・フィーデルが作曲したターミネーター2のメインテーマのあからさまなパロディがあると指摘した[1]。 クレメンツとマッカーシーは異星人の少女が転がり込むという設定からして、本作は『うる星やつら』にエロ要素を追加したような内容であり、ユーモアは前田の過去作品である『超神伝説うろつき童子』に通ずるところがあると評した[5]

出典編集

  1. ^ a b c Beveridge, Chris (2002年6月29日). “Adventure Kid”. Mania.com. Demand Media. 2012年10月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月25日閲覧。
  2. ^ a b Adventure Duo”. British Board of Film Classification. 2016年3月25日閲覧。
  3. ^ a b Anime 18”. Central Park Media. 1999年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月25日閲覧。
  4. ^ Central Park Media's Licenses Offered by Liquidator”. Anime News Network (2009年6月8日). 2016年3月25日閲覧。
  5. ^ a b c Clements, Jonathan; McCarthy, Helen (2015). The Anime Encyclopedia, 3rd Revised Edition: A Century of Japanese Animation. Stone Bridge Press. pp. 62–63. https://books.google.com.br/books?id=E03KBgAAQBAJ&pg=PT62. 
  6. ^ Adventure Duo, Episode Two”. British Board of Film Classification. 2016年3月25日閲覧。
  7. ^ Adventure Duo, Volume 3”. British Board of Film Classification. 2016年3月25日閲覧。
  8. ^ Adventure Duo: Youjyusensen - Episode 1 [VHS]”. Amazon.co.uk. 2016年3月25日閲覧。
  9. ^ Adventure Duo: Youjyusensen - Episode 3 [VHS]”. Amazon.co.uk. 2016年3月25日閲覧。
  10. ^ Adventure Duo: Youjyusensen - Episodes 1-3 [VHS]”. Amazon.co.uk. 2016年3月25日閲覧。
  11. ^ Ortega-Brena, Mariana (March 2009). “Peek-a-boo, I See You: Watching Japanese Hard-core Animation”. Sexuality & Culture 13 (1): 19. http://link.springer.com/article/10.1007/s12119-008-9039-5#/page-1. 
  12. ^ McCarthy, Helen (2009). 500 Essential Anime Movies: The Ultimate Guide. Harper Design. p. 36. ISBN 978-0061474507. 
  13. ^ McNeil, Sheena (2003年10月1日). “Adventure Kid - The Original Manga - Book 3: MegaBITE”. Sequential Tart. 2016年3月25日閲覧。
  14. ^ McNeil, Sheena (2003年5月1日). “Adventure Kid - The Original Manga - Book 1: User-Friendly”. Sequential Tart. 2016年3月25日閲覧。

外部リンク編集