メインメニューを開く

アドミュージアム東京(アドミュージアムとうきょう)は、東京都港区カレッタ汐留にある、広告をテーマにした博物館である。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg アドミュージアム東京
施設情報
専門分野 広告
収蔵作品数 約30万点[1]
事業主体 公益財団法人吉田秀雄記念事業財団
延床面積 1200m2
開館 2002年12月
所在地 105-7090
東京都港区東新橋1-8-2
カレッタ汐留地下1・2階
位置 北緯35度39分51.6秒
東経139度45分44秒
座標: 北緯35度39分51.6秒 東経139度45分44秒
アクセス 都営大江戸線ゆりかもめ汐留駅
東日本旅客鉄道(JR東日本)・地下鉄銀座線都営浅草線新橋駅
外部リンク http://www.admt.jp/
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

概要編集

広告に関する研究助成活動を行う公益財団法人吉田秀雄記念事業財団により、2002年12月に開館した[1]。本施設開設以前には、銀座七丁目の電通銀座ビル内の電通ギャラリーで1988年より広告に関するディスプレイを行っていた。電通本社ビルに隣接するカレッタ汐留の地下1・2階に位置し、主として広告に関する展示を行うほか、和書約1万2000冊、洋書約2700冊の蔵書を有するライブラリーを併設する。利用は無料であるが、図書の館外貸出は行わない。

地下2階のインフォメーションブース横では広告に関する書籍やグッズの販売を行う。ライブラリーは地下1階にある。地下2階の常設展示は江戸時代の広告黎明期の資料展示に始まり、年代ごとの世相・風俗に関する展示、きもちごとにキュレーションされた視聴ブース「4つのきもち」、タッチ式の大型モニターで広告資料が閲覧できる「デジタルコレクションテーブル」などがある。企画展時ではオリジナルの企画展や国内外のクリエイティブアワードの受賞作品を紹介する展示を行っている。

2017年12月1日にリニューアルオープンした。リニューアルオープン後名称を「アド・ミュージアム東京(Advertising Museum Tokyo)」から「アドミュージアム東京(The Ad Museum Tokyo)」に変更。

企業ミュージアムではない。


脚注編集

  1. ^ a b アドミュージアム東京 公式サイト内「アドミュージアム東京について」

外部リンク編集