アピックヤマダ

アピックヤマダ株式会社
APIC YAMADA CORPORATION
種類 株式会社
市場情報
東証2部 6300
本社所在地 日本の旗 日本
389-0898
長野県千曲市大字上徳間90番地
設立 1953年5月4日
業種 機械
事業内容 半導体(後工程用)製造装置・金型
リードフレーム
代表者 押森広仁(代表取締役社長)
資本金 58億3750万円
売上高 単独100億98百万円
連結108億97百万円
(2016年3月期)
営業利益 単独2億38百万円
連結1億39百万円
(2016年3月期)
純資産 単独32億19百万円
連結43億27百万円
(2016年3月31日現在)
総資産 単独110億55百万円
連結124億97百万円
(2016年3月31日現在)
従業員数 連結479名
(2016年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 株式会社八十二銀行 4.74%
(2016年3月31日現在)
外部リンク www.apicyamada.co.jp
テンプレートを表示

アピックヤマダ株式会社(あぴっくやまだ、: APIC YAMADA CORPORATION )は、長野県千曲市に本社を置く、半導体後工程用製造装置、超精密金型リードフレームなどの開発・設計・製造・販売を手掛けるメーカーである。 日本で最初に半導体チップをパッケージングする樹脂封止金型を開発・製造し、リード加工機においては世界首位級のシェアを誇る。

目次

主力製品・事業編集

半導体業界向けの装置を中心に、以下のような事業を展開している。

  • 半導体製造用モールディング(樹脂封止)装置および金型
  • 半導体製造用リード加工機
  • ICおよび基盤の切断(ダイサーレーザー)装置
  • テストハンドラー
  • リードフレームおよびリードフレーム用プレス金型

また近年は、車載関連や医療関連、LED関連事業への展開も進めている。

沿革編集

拠点編集

  • 本社・本社工場(長野県千曲市)
  • 吉野工場(長野県千曲市)

国内主要関連会社編集

  • コパル・ヤマダ株式会社
  • アピックヤマダ販売株式会社

外部リンク編集