アメリカ合衆国の国章

アメリカ合衆国国章(アメリカがっしゅうこくのこくしょう、Great Seal of the United States)は、アメリカ合衆国国章として事実上使われている図柄である。この図柄は円形をしており、アメリカ合衆国の国璽 (en:Great Seal of the United States) の表(おもて)面の図柄に彩色したものである。

1782年採用の国璽の表面 (左)と裏面 (右)。表面は国章として用いられている。
アメリカ合衆国の国章
Greater coat of arms of the United States.svg
Greater version
他の種類
Coat of arms of the United States.svg
Escutcheon-only version
Greater coat of arms of the United States (monochrome).svg
Monochrome (hatched) greater version
Coat of arms of the United States (monochrome).svg
Monochrome (hatched) escutcheon-only version
詳細
使用者 米国市民
採用 1782年
クレスト A glory Or, breaking through a cloud proper, surrounding an azure field bearing a constellation of thirteen stars argent
Paleways of 13 pieces, argent and gules; a chief, azure
モットー E pluribus unum
「多数から一つへ」
使用 On treaties, commissions, letterheads, license plates, embassies, agency seals and passports

アメリカ合衆国は公式に「国章 (national coat of arms)」を定めたことは一度もないが、国璽の図柄がパスポートなどさまざまな場面で用いられ、事実上の国章とみなされている。USドル25¢の裏面やすべての紙幣にも描かれている(一部がアレンジされている)。

国璽(グレートシール)編集

グレートシール (great seal) は、国・地方政府・教会などの要職が、重要書類に押すシール(印章)である。

国のグレートシール(Great Seal、国またはそれに準ずる場合は大文字が使われる)は、国璽と訳される。は印章(特に皇帝の印章)の意味で、国璽とは国の印章の意味になる。

アメリカ合衆国の国璽は(イギリスの国璽同様)、平らな円盤状で、裏面にも図柄が彫られている。国璽の実物は、国務長官が保管している。国璽の実物には色は付いていないが、その図柄を国章として使う場合の色は公式に定められている。

デザイン編集

表面編集

1枚目の画像のように、ハクトウワシが翼を広げたもの(ボールドイーグル)が描かれている。鷲の羽根の数は33枚で、鷲は13枚の葉のついたオリーブの枝と13本のとをそれぞれの足に握り、「戦争と平和」および「平和への願い」を表している。またワシの頭はオリーブの枝のほうに向けられ、戦争のない平和な世界を願った思いがこめられている。鷲は合衆国のモットーである「E Pluribus Unum(ラテン語: 多数から一つへ)」が書かれた布をくわえている。鷲の頭上には「栄光」を表す13個の星が青地の中に輝いている。13個の星は六芒星ダビデの星)の形に並べられている。

この六芒星は、独立戦争時にアメリカ側を金銭的に支援したヨーロッパのユダヤ人事業家達の中に、ハイム・ソロモンという投資家がおり、ジョージ・ワシントンが「勝った暁に投資の見返りに欲しい物」を尋ねたところ、「我々の民族の象徴をあなたの国の国章に入れていただきたい」という返答があったとされる。そのため、建国の父の多くがキリスト教徒(フリーメイソン)であったにもかかわらず、アメリカの国章にユダヤのシンボルが描かれているという、歴史的背景があるとされる。

図柄の13について

一部繰り返しになるが、この国章の上方には13の星、鷲の胸にあるには13のストライプ、鷲が左方に持っているオリーブの葉は13葉、右方に持っている矢の数は13本、モットーも13文字になっている。すべてが13なのは、アメリカが独立したときのの数が13州だったためと考えられる。ただし、1877年の旧案では、星とストライプの数こそ13だったが、オリーブの枝は実が4個と葉が9枚で、なぜか矢の本数が6本だった。

裏面編集

アメリカ合衆国の国璽には裏面がある。こちらには2枚目の画像のように、煉瓦造りの13層の金字塔四角錐の上にプロビデンスの目が描かれている。上方の目玉は全て見通し、ピラミッドは新しく生まれた国家の光を浴びることを示したため、描かれた。

裏面の下部にあるラテン語 Novus ordo seclorumウェルギリウスの言葉から取られたもので、「時代の新しい秩序 (a new order of the ages)」を意味し、それに対して上部にやはりラテン語で Annuit cœptis「(神は我々の) 企てを支持した (approved of undertakings)」と書かれている。

またピラミッドの底部にある「MDCCLXXVI」はローマ数字で1776、つまりアメリカ独立宣言1776年を示している (M=1000, D=500, C=100, C=100, L=50, X=10, X=10, V=5, I=1 を全部加えると1776である)。

このデザインの原型となったのは、アメリカ独立戦争時に戦費調達のため発行した政府紙幣である大陸紙幣の内の、40ドル紙幣と50ドル紙幣である。40ドル紙幣には、万物を見通す目「プロビデンスの目」が、50ドル紙幣には、未完成の13段のピラミッドが、描かれていた。両紙幣のデザイナーは、建国の父と呼ばれる55人の内の一人である、フランシス・ホプキンソン(Francis Hopkinson)であった。彼は、アメリカ独立戦争末期の35ドル、45ドル、70ドル、そして80ドル札のデザインも手掛け、さらには、アメリカの国旗、国璽のデザイン委員会にも参加している。

この国璽裏面のデザインは、フリーメイソンリーの紋章と似ている。

プロビデンスの目のピラミッドが、フリーメイソンリーの紋章に採用されたのは1797年、アメリカ合衆国の国璽に採用されたのは1782年である。この国璽のデザイナーであるピエール・デュ・シミティエール英語版)はフリーメイソンリーには所属していないが[1]、1768年にアメリカ哲学協会(APS))に入会しており、APSにはフリーメイソンリーに属する人物が数多くおり、APSは実質、フリーメイソンリー組織であった。

この目のついたピラミッドの正体は、「(イシスとオシリスの、あるいは、ヘルメス=トリスメギストスの)ピラミッド」(エジプト神秘思想・ヘルメス主義・錬金術思想)であるとも「バベルの塔(の完成形)」(グノーシス主義・イルミニズム・サタニズム)であるとも「ソロモン神殿」(ユダヤ主義)であるとも、される。また聖書に頻出する「石塚」ともされる。

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集