メインメニューを開く

アヤトビウオ(綾飛魚)、学名:Cypselurus poecilopterus は、ダツ目トビウオ科に分類される魚類

アヤトビウオ
Cypselurus poecilopterus Day.png
Cypselurus poecilopterus
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
上綱 : 魚上綱 Pisciformes
: 硬骨魚綱 Osteichthyes
: ダツ目 Beloniformes
亜目 : トビウオ亜目 Exocoetoidei
: トビウオ科 Exocoetidae
: ハマトビウオ属 Cypselurus
: アヤトビウオ
C. poecilopterus
学名
Cypselurus poecilopterus
和名
アヤトビウオ
英名
Yellow-wing flyingfish

目次

分布編集

太平洋の熱帯海域に広く生息し、日本では房総半島以南の太平洋で多く見られる。

形態編集

全長約20-27cm。他のトビウオ科のものと比べ、体高に比した体長が短く、ずんぐりとした体型をしている。胸鰭は黄色で茶色の斑点模様があり、英名の由来となっている。

生態編集

日本近海では初夏から南日本に現れる。和歌山県南部では夏に入ると定置網で多数が捕獲されるため、この時期に南日本の沿岸に回遊してくるとも考えられている。

別名編集

モントビウオ(紋飛魚、文飛魚)モンツキ(紋付、文付)、セミトビ、ホシトビ、ガタ

脚注編集


参考文献編集

関連項目編集