アラスカ航空1282便緊急着陸事故

2024年の航空機事故

アラスカ航空1282便緊急着陸事故(あらすかこうくう1282びんきんきゅうちゃくりくじこ、Alaska Airlines Flight 1282)[1]は、2024年1月5日にアメリカ合衆国オレゴン州上空で発生した航空事故である。

アラスカ航空 1282便
2023年10月に撮影された事故機
事故の概要
日付 2024年1月5日
概要 飛行中の急減圧(調査中)
現場 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国オレゴン州ポートランド上空
乗客数 171
乗員数 6
負傷者数 3
死者数 0
生存者数 177(全員)
機種 ボーイング737 MAX 9
運用者 アメリカ合衆国の旗 アラスカ航空
機体記号 N704AL
出発地 アメリカ合衆国の旗 ポートランド国際空港
目的地 アメリカ合衆国の旗 オンタリオ国際空港
テンプレートを表示

概要

編集

ポートランド国際空港を離陸直後、機体後部の非常ドア設置予定部(当該機の座席配置の場合、この非常ドアは脱出時に使用されないため、開閉不能な構造として準備工事のみがなされていた)が突如吹き飛び、急減圧が発生した。機体はすぐに出発空港に引き返し、緊急着陸に成功した。乗客乗員177名は全員生存したが、複数の負傷者が発生した[1]

機体

編集

当該機はボーイング737MAX 9で、ボーイング社によるシリアルナンバーは67501、航空当局による登録番号はN704ALであった。2023年10月15日に初飛行、同月31日に納入された。11月11日から就航し、事故発生時点での機齢はわずか約3ヶ月ほどで[2][3][4]、過去のフライト数の総計は145であった[5]。2023年11月27日に該当機はオクラホマシティーに移動し、MRO提携先AAR Corporation拠点で10日かけてWi-fi取り付け改修作業が実施された[6]。復帰当日12月7日と2024年1月3日、4日の3度、自動与圧警告灯が点灯したことで、アラスカ航空は洋上飛行中の警告灯点灯事態を避けるため、ハワイ州発着路線を制限していたと報告されている[7]

737 MAX 9の非常ドアの比較
非常ドアが設けられた機体
非常ドアの準備工事のみがなされた機体

B737 MAX 9の機体後部には、オプション装備の非常ドアが存在する。当該機の座席配置の場合、このドアは使用されないため、後から座席配置を変更した際にドアを新設するための準備工事のみがなされていた[1]

事故の経緯

編集

太平洋標準時17:07にポートランドを離陸した[8]。離陸6分後、高度16000フィート(4900m)に到達したところで[9]急減圧が発生した[1][10]。急減圧が発生したドア付近に乗客はおらず、吸い出された者は存在しなかったが、一部の乗客が機内を飛散する物品による怪我を負った[8][11][12]。また目撃者証言によれば、26列に着座していた児童の衣服が風圧によって引きちぎられ、隣席に着座していた母親に支えられてかろうじて吸い出されることを逃れたとされる[13][4]酸素マスクが落下後[5]、乗務員は高度10,000フィート (3,000 m) への緊急降下を実施[14][1]。17:27には出発地ポートランドへの緊急着陸に成功した[5]

影響

編集

飛行停止

編集

アラスカ航空は事故当日、保有する全65機の737 MAX 9を一時飛行停止(この措置は事故翌日、安全が確認された18機に限り解除されたが、後述のFAA緊急指令により再び全機に飛行停止措置がとられた)[1][8]。さらに1月6日、FAAは非常ドア追設準備工事がなされた171機の737 MAX 9について、一時的な飛行停止および緊急点検を求める緊急耐空性改善命令(EAD:Emergency Airworthiness Directive)を発令した[15][10][8][16]

他オペレーターへの影響

編集

この事故にともない、ユナイテッド航空では保有する737 MAX 9の点検を行った結果、保有全79機のうち5機において当該ドア部の不具合(不完全なネジ締め込み、ボルトの緩みなど)が発見された。[17]

737ほか型式への影響

編集

2024年1月22日、FAAはMAXシリーズとは世代が違うNGシリーズのMAX9と同タイプドアプラグが設置されている737-900ERに関しても目視検査し、ドアが適切に固定されていることを確認する安全検査勧告(Safety Alert for Operators :SAFO)をだした[18][19]

同月24日、FAAは事故発生した737 MAX 9の検査整備指示書を承認し1)特定のボルト、ガイドトラック、金具の点検、2)機体中央の左右にあるドアプラグと関連部品数十点の詳細な目視点検、3)ファスナーの増し締め、4)損傷や異常状態の修正の4点を点検し、耐空性の確認出来た機体から運航再開出来るとしたが、FAAは承認と同じ日に長官が「このプロセスで明らかになった品質管理上の問題が解決されたと我々が納得するまで、ボーイングからの生産拡大要請や、737 MAXの生産ライン増設の承認には応じない」との声明を発表し監視強化し、1)737 MAXの生産拡大に上限を設け、説明責任と要求される品質管理手順の完全遵守を確保する、2)ボーイングが製造要件を遵守しているかを精査する調査の開始、3)ボーイングの全施設で立会いを強化し、新型機の監視を積極的に拡大する、4)リスクを特定するためにデータを綿密に監視する、5)品質管理と権限委譲に関する、安全に焦点を当てた潜在的な改革の分析を開始する、項目追加するとした[20]。これら対応により墜落事故により型式証明取得が先送りされていたMAX7/10に関して、型式証明取得時期が見通せない状況になり、既にMAX7/10発注済み顧客の中には他のメーカーの機体やMAXシリーズでも運航可能なMAX8/9ヘの機種変更を検討する顧客も出てきている[21][22]

調査

編集

事故後、国家運輸安全委員会(NTSB)および連邦航空局(FAA)による事故原因の調査が行われた[23][24][25]。1月9日には、事故後行方不明になっていた非常ドアが発見され、NTSBによって回収された。[26]なおこの調査は1月9日現在継続中である。

事故後、コックピットボイスレコーダー(CVR)はブレーカーが落とされず録音が停止されなかったため、2時間の音声記録が上書きされており、事故当時の音声は記録されていなかった。NTSBのジェニファー・ホメンディ委員長は過去にも同様の事例が発生していることを挙げ、CVRの記録時間を25時間に延長するよう主張した[27]

関連項目

編集

脚注

編集
  1. ^ a b c d e f Gates, Dominic (2024年1月5日). “Alaska Airlines grounds MAX 9s after door plug blows out on Portland flight” (英語). The Seattle Times. https://www.seattletimes.com/business/180-on-alaska-airlines-flight-safe-and-scared-in-portland-after-window-blows/ 2024年1月6日閲覧。 
  2. ^ N704AL Alaska Airlines Boeing 737-9 MAX”. Planespotters.net. 2024年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年1月6日閲覧。
  3. ^ McDermott (2024年1月5日). “Explosive Decompression Reported on Alaska 737 MAX”. AirlineGeeks. 2024年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年1月5日閲覧。
  4. ^ a b Hradecky (2024年1月6日). “Accident: Alaska B39M at Portland on Jan 5th 2024, emergency exit and panel separated in flight”. en:The Aviation Herald. 2024年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年1月6日閲覧。
  5. ^ a b c Yoon, John; Mayorquin, Orlando; Kim, Victoria (2024年1月6日). “Plane Made Emergency Landing After a Hole Opened Up, Passengers Say”. The New York Times. オリジナルの2024年1月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20240106052006/https://www.nytimes.com/2024/01/05/business/alaska-airlines-flight-portland-landing.html 2024年1月6日閲覧。 
  6. ^ “ボーイング737型機、事故前にWiFi設置-オクラホマ州に停留”. https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2024-01-09/S6YNZXT0AFB400 
  7. ^ “問題のアラスカ航空機、大洋上の飛行を制限されていた 与圧不具合のライト点灯続き”. https://www.cnn.co.jp/business/35213599.html 
  8. ^ a b c d Information about Alaska Airlines Flight 1282”. Alaska Airlines (2024年1月5日). 2024年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年1月6日閲覧。
  9. ^ Sanderson, Bill (2024年1月6日). “Alaska Airlines door panel blows out at 16,000 feet, forcing Portland landing; NTSB probes”. New York Daily News. オリジナルの2024年1月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20240106141500/https://www.nydailynews.com/2024/01/05/door-panel-blows-out-of-alaska-airlines-jet-at-16000-feet-ntsb-launches-probe/ 2024年1月6日閲覧。 
  10. ^ a b Shepardson (2024年1月7日). “US FAA orders Boeing 737 MAX 9 planes grounded after blowout”. Reuters. 2024年1月7日閲覧。
  11. ^ KGW Staff; McCarty, Alma (2024年1月6日). “Alaska Airlines flight forced to make emergency landing at Portland airport after panel on side of plane blows out”. KGW. オリジナルの2024年1月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20240106090017/https://www.kgw.com/article/news/local/alaska-airlines-flight-emergency-landing-portland-international-airport/283-3510ca7b-26ae-43fa-9b2f-03f387dc06b9 2024年1月6日閲覧。 
  12. ^ NTSB Newsroom [@NTSB_Newsroom] (2024年1月6日). "Update: NTSB has launched a Go Team to Portland, Oregon to investigate an event with a Boeing 737-9 MAX during a flight from Portland to Ontario, California. No serious injuries were reported". 2024年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。X(旧Twitter)より2024年1月6日閲覧
  13. ^ McAvoy, Audrey; Koenig, David (2024年1月6日). “Federal officials order grounding of some Boeing 737 Max 9 jetliners after plane suffers a blowout”. Associated Press. https://apnews.com/article/alaska-airlines-portland-oregon-emergency-landing-b522e36ff228b5ea9a89ea13ee24f597 
  14. ^ Reid, Channing (2024年1月6日). “Breaking: Alaska Airlines Boeing 737 MAX 9 Diverts Due To Sudden Loss Of Emergency Exit Door”. Simple Flying. オリジナルの2024年1月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20240106060210/https://simpleflying.com/alaska-airlines-boeing-737-without-emergency-exit/ 2024年1月6日閲覧。 
  15. ^ "Emergency Airworthiness Directive (AD) #: 2024-02-51"” (PDF). Federal Aviation Administration (2024年1月6日). 2024年1月6日閲覧。
  16. ^ “737MAXドアプラグ脱落、FAAが緊急耐空性改善命令 ユナイテッド機もボルト緩み”. https://www.aviationwire.jp/archives/292186 
  17. ^ Ostrower·Dispatches·, Jon (2024年1月8日). “United finds loose bolts on plug doors during 737 Max 9 inspections” (英語). The Air Current. 2024年1月9日閲覧。
  18. ^ FAA Statement on Recommending Visual Inspections of Boeing 737-900ER Mid-Exit Door Plugs”. 2024年1月9日閲覧。
  19. ^ “米当局、ボーイング737─900ERも点検勧告 MAX9に続き”. https://jp.reuters.com/markets/global-markets/GNXILTSITVJJJDQZYBLOUAUOSQ-2024-01-22/ 
  20. ^ “アラスカ航空、737MAX9運航再開へ FAAが検査手順承認、ボーイングの監視強化”. https://www.aviationwire.jp/archives/293293 
  21. ^ “ユナイテッド航空、ボーイングに対してB737MAX10ではなくB737MAX9の製造に注力するよう要請”. https://sky-budget.com/2024/03/14/united-airlines-news-16/ 
  22. ^ “ヴァージンオーストラリア航空、導入予定のB737MAX10の発注変更を検討”. https://sky-budget.com/2024/03/26/virgin-australia-news-2/ 
  23. ^ NTSB Newsroom [@NTSB_Newsroom] (2024年1月5日). "NTSB is investigating an event involving Alaska Airlines Flight 1282. We will post any updates regarding the investigation when they are available". 2024年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。X(旧Twitter)より2024年1月6日閲覧
  24. ^ The FAA ✈️ [@FAANews] (2024年1月5日). "Alaska Airlines Flight 1282 returned safely to @flyPDX around 5 p.m. local time on Friday, Jan. 5, after the crew reported a pressurization issue. The aircraft was traveling to @flyONT in California. The FAA and National Transportation Safety Board (NTSB) will investigate". 2024年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。X(旧Twitter)より2024年1月6日閲覧
  25. ^ Boeing Statement on Alaska Airlines Flight 1282”. Boeing (2024年1月5日). 2024年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年1月6日閲覧。
  26. ^ NTSB has recovered the door plug from Alaska Airlines Flight 1282 Boeing 737-9 MAX. NTSB investigators are currently examining the door plug and will send it to the NTSB Materials Laboratory in Washington, DC for further examination.”. "X"(旧Twitter)、米国国家運輸安全委員会(NTSB). 2024年1月9日閲覧。
  27. ^ Kelleher, Suzanne Rowan. “Cockpit Voice Recorder On Alaska Airlines Flight 1282 Was Overwritten” (英語). Forbes. 2024年6月2日閲覧。