メインメニューを開く

ボーイング737 MAXにおける飛行トラブル

ボーイング737MAXにおける飛行トラブル(ボーイング737マックスにおけるひこうトラブル)は、2019年3月11日より、ボーイング737MAXが運航停止となったトラブルである。

ボーイング737 MAXにおける飛行トラブル
2019 Boeing 737 MAX groundings.svg
ボーイング737MAXの運用を停止している国と航空会社についての地図
     政府によって運用を停止または空域通過を禁止している国
     航空会社によって運用を停止している国
     禁止命令なし
日付 2019年3月11日 - 進行中
原因 ライオン・エア610便墜落事故
エチオピア航空302便墜落事故

背景編集

737MAXの操縦特性補助システム(MCAS)編集

ボーイング737MAXは2017年に従来型のボーイング737 ネクストジェネレーション(737NG)の後継機として就航した。737MAXではCFMインターナショナル LEAPエンジンが採用されたことによって約14%の燃費改善を実現したが、エンジンの大型化やナセルの形状変更に伴い、エンジンの取り付け位置を従来型の737よりも若干上方および前方に移動させる必要が生じた。この影響でエンジンナセルが仰角を取った時に揚力を生む事で機首がピッチアップのモーメントが働き、より高仰角になる、言わばデパーチャー方向に振れるという機体の特性があった[1][2](分かりやすく言えば、ボーイング737MAXにはそもそも機首上げが起きやすい特性があった)。 そのため、ボーイングはデパーチャーによる失速(適切でない機体姿勢に陥った際の失速)を防ぎ、機体特性を737NGと同様に振舞わせる為に「操縦特性補助システム」(Maneuvering Characteristics Augmentation System)[3]と呼ばれる操縦支援システムを737MAXに導入した。

MCASは2基ある迎角(AoA)センサーの片方の値を取り込み、一定値を超えた状態で、機体コンフィギュレーション(フラップ角度等)および対空速度・高度が閾値を超えていた場合に作動し[1]水平尾翼水平安定板(スタビライザー)を自動的に操作して機体を降下させる[2]。MCASが作動した場合、スタビライザートリムホイールが動くが、パイロットがMCASを解除するにはオートトリムを切り、スタビライザー制御システムのカットオフスイッチを切ってマニュアルにし、手動でスタビライザートリムホイールを回してジャッキネジを回転させなければならない[1][4]

ライオン・エア610便墜落事故編集

 
事故機のPK-LQP

就航してから17か月後の2018年10月29日インドネシアジャワ海ライオン・エア610便(ボーイング737MAX 8型機、PK-LQP)が離陸後約10分で墜落、乗客乗員189名全員が死亡した。

飛行データの解析によれば、2つあるAoAセンサーのうち1つが故障により誤った角度を示していた。これにより、MCASが機首が上がりすぎていると判断して下降操作を行い、上昇操作を行っていたパイロットとせめぎ合いになる形で墜落した[2]

エチオピア航空302便墜落事故編集

 
事故機のET-AVJ

610便の墜落事故の悲劇から5ヶ月半後の2019年3月10日エチオピアアディスアベバボレ国際空港より離陸したエチオピア航空302便(ボーイング737MAX 8型機、ET-AVJ)が、離陸後約6分で墜落し、乗客乗員157名全員が死亡した。

ボーイング737MAXは、半年を経ない間に2回の大事故を起こし、それも、どちらも共に乗員乗客全員死亡という大惨事となり、合わせて346名の人命が失われた。また、302便の事故の犠牲者には30か国の人々や国際連合の職員も含まれており、世界中に衝撃を与えた[5][6][7][8][9][10]。なお、両機の犠牲者の国籍は36ヶ国に及ぶ。その上、2つの事故の経緯があまりに酷似していたため、ボーイング737MAXの安全性が強く疑われることになった[11]

4月4日、暫定報告書[12]が提出され、その中で、操縦士がライオン・エアの墜落事故の後にFAAが発表したMCASが異常を起こした時の対処方法を行なったにも関わらず、墜落したという事が報告された[13]

エチオピア運輸省は暫定報告書の中で、ボーイングに対して、MCASの詳細な調査報告を要求した。

運航停止までの経緯編集

エチオピア航空302便の事故後から、各国から運航停止命令が出されるようになった。

一般的には航空機の製造国(今回の場合はアメリカ政府)が判断を示した後に各国が運航停止の措置を取る事が多い[14]。しかし、今回は後述する通り、アメリカの判断を待たずして数多くの国が運航停止を指示した。国土交通省の幹部は「製造国の米国政府が判断を示していない段階で、中国や欧州が運航停止を指示したのは、かなり踏み込んだ判断だ」とAERAの取材に対して述べている[14]。中国が世界に先駆けて運航を禁じたのは米中貿易戦争が影響していたとされる[15][16][17]

中国・インドネシア・モンゴルなどでの飛行禁止命令編集

 
運行停止により深圳宝安国際空港へ駐機された深圳航空の737MAX

エチオピア機墜落事故の翌日の2019年3月11日中華人民共和国中国民用航空局(CAAC)は、中国大陸内のすべての航空会社に、同機の運航を停止するように指示した[18][19][20]
[21][22][23][24][25][26][27][28]

この指示により運航を停止したのは

の13社である。

同日、インドネシアモンゴルも同様の措置をとった。さらに数社が自主的に運航を取り止めた[29][30][31][32]

運航を停止したのは

などである。

運航停止国の拡大編集

翌日3月12日には、シンガポールの民間航空局が、チャンギ国際空港への同機の離着陸、同国の空域通過を全面禁止した[33]。同日、オーストラリアマレーシアオマーンインドなども同様の決定を下した[34][35][36][37]
運航を停止したのは

など。

さらに、欧州連合(EU)は、ヨーロッパ航空安全庁(EASA)、イギリス民間航空局(CAA)を通して12日の19時(グリニッジ標準時)から、EU国内での同機の運航、空域通過を全面禁止すると発表した[38]この決定により、世界中で同型機の運用停止が加速することとなった。[要出典]

エチオピア航空CEOの呼び掛け編集

3月13日、エチオピア航空のCEO、テウォルデ・ゲブレマリアムは、世界の737MAXの全機の運用停止をするよう呼び掛けた[39]

カナダ・アメリカでの飛行禁止編集

3月13日午前にはカナダも運航停止を決定[40]

さらにアメリカ合衆国も、同日にドナルド・トランプ大統領が大統領令により同型機の運航と領空内の飛行を禁止した[40]。これによって、

の5社で運用停止となり、

最後に残されたパナマコパ航空も運用停止となった[41][42][43][44]ことにより、737MAX型機の運航が全世界で停止となることが確実となった。

その後、製造国であるアメリカ合衆国の決定を受ける形で、日本などが自国空域の飛行禁止を決定した。

全機運用停止編集

現地時間の3月14日、0時30分にハリファックス・ロバート・L・スタンフィールド国際空港に着陸したエア・カナダ7054便(サンフランシスコ国際空港発)を最後に、ボーイング737MAXによる全てのフライトが一時的に消滅することとなった。ただし、FAAは乗客を乗せないフェリーフライトは許可している[45]

また、FAAの飛行差し止め発表の際におよそ30機の737MAXがアメリカ空域を飛行していたが、目的地まで向かうことを許可され、その後運用停止となった[46]。一方ヨーロッパでは、飛行差し止め命令が出された際、イスラエルに向かっていたノルウェー・エアシャトルの1機の737MAXがストックホルムダイバートイギリスガトウィック空港バーミンガム空港)に向かっていたトルコ航空の2機の737MAXがトルコへダイバートするなど、目的地変更をする便も出た[47][48][49][50]

特定の機種の航空機が運用停止になった例編集

特定の機種の航空機が全世界で一斉に運用停止となったのは2013年ボーイング787ボーイング787のバッテリー問題)以来である[51]。また、過去にも1946年ロッキード コンステレーション1947年ダグラス DC-6ユナイテッド航空608便英語版)、1954年デ・ハビラント コメット英国海外航空781便南アフリカ航空201便)、1979年DC-10アメリカン航空191便)、1982年Yak-42アエロフロート航空8641便)、2000年コンコルドエールフランス航空4590便)などでも同様の状況になっている。

運用停止後の動き編集

現地時間3月26日15時頃、米サウスウエスト航空はオーランド国際空港からヴィクターヴィル空港への回送便WN8701便(ボーイング737MAX 8型機、N8712L)として運航し、出発離陸後上昇中にエンジントラブルによりオーランド国際空港に引き返し緊急着陸したが[52]、FAAは事故を受けて調査が行われている制御システムの不具合とは無関係としている。サウスウエスト航空は運用停止措置以降、同型機をヴィクターヴィル空港へ集め整備保管する過程でトラブルが起こった[53]

ボーイング社の反応編集

737MAXの製造元であるボーイングは、「ボーイングは、エチオピア航空302便の乗客と乗務員が亡くなったと聞き、とても悲しんでいる。私たちは家族や乗客や乗組員の愛する人たちに哀悼の意を伝え、エチオピア航空のチームをサポートする準備をする。エチオピア事故調査局とアメリカ国家運輸安全委員会の指示の下、ボーイングの技術チームが墜落現場へ向かい、技術支援を提供する予定だ」という声明を出した[54]

ボーイングは、737MAXの納入を停止したと発表した。ただし、生産は継続している[55][56]

しかし、その後4月6日にボーイングは同型機の生産を2割減産させると発表した。737MAXはボーイングの主力製品であるがゆえに経営への打撃は大きく、ボーイングの業績悪化や、関連産業への影響が心配されている。[57]

ボーイングのCEOであるミュイレンバーグ氏はエチオピア航空302便の事故における暫定報告書が提出された4月4日にビデオメッセージを発表し、[58]システムの誤動作を認める発言をし、謝罪した。また、安全におけるあらゆる行動を取るとした上で、ソフトウェアの改修によって737MAXが安全な機体になるとの話を繰り返した。

一方でエチオピア機の事故で親族を喪った社会運動家のラルフ・ネーダーは6月4日、737MAXが1960年代に設計した機体に改良を加えたものであるとしたうえで、ソフトウェアの問題ではなくエンジンの大型化に伴う構造上の設計不備が問題であると指摘し、ボーイングの幹部の辞任を求めると共に、「絶対に二度と運航してはならない」と737MAXの恒久的な運航停止を主張した[59]

ボーイングへの影響編集

 
運航停止により、航空会社に引き渡されることなくボーイングフィールドに保管される737MAXの新造機(2019年4月)

航空会社による補償請求編集

ノルウェー・エアシャトルスパイスジェットは、ボーイング社への補償を要求した。ノルウェー・エアシャトルのCEOのビョルン・チョスは、「一時的に運用停止しなければならないB737MAXの費用を、我々が負担するつもりがないことは明らかだ。この請求書を製造者(ボーイング)に送付する」と述べた[60]。また、インドスパイスジェットの上級幹部は、「航空機の運用停止についてボーイング社からの補償を求める。また、航空機が受ける必要がある収益の損失とあらゆる種類のメンテナンスや技術的な見直しの代償を求める」と述べた[61]

また、5月には、中国上海中国東方航空もボーイングに対する補償請求に踏み切った[62][注釈 1]ロイター通信の取材に対し、「2019年3月11日以来のボーイング737 MAXの運航停止は、東航に比較的大きな損失を引き起こした。時間が経つにつれ、関連する損失はさらに大きくなるだろう。また、東航が発注した飛行機の納入の遅れも経済的損失となっている」と述べている。さらに中国東方航空は、補償請求に関して他の航空会社と連絡を取っていなかったとしている。なお、ボーイング社の広報担当者は、中国東方航空の動きについてはコメントを控え、当該機を運用する航空会社とは話し合わなかったと述べた。

FAAへの調査編集

アメリカ合衆国運輸省 (DOT) の監察官室は連邦航空局 (FAA) のボーイング737MAXシリーズへの型式承認について調査を開始した。調査の焦点はFAAの安全審査プロセスに不備がなかったかである。エチオピア航空の墜落事故の直後、連邦大陪審アメリカ合衆国司法省の意向を受けて737MAXの開発に関する書類に対する召喚状を発した[63]

減益編集

ボーイングにとって主力機種だった737MAXの減産、納入減により、4月24日に発表されたボーイングの2019年1月~3月期決算で、純利益は21億4900万ドル(約2400億円)となり、13%減となった。[64]

航空会社による機材計画の見直し編集

737MAXを導入する予定であった航空会社においても、機材導入計画の見直しが発生した。

3月18日、ボーイング737-800の後継機としてエアバスA320neoあるいは737MAXの導入を検討しているスカイマーク会長の佐山展生は、Aviation Wireの取材に対して「原因究明できず、370機が止まった状態では(737 MAXを)契約できない」と回答している[65]。また、台湾ファーイースタン航空も発注を見合わせている。

3月24日インドネシアガルーダ・インドネシア航空は、「利用客の安全や信頼に対し疑念が残る。安全が最優先だ」との認識を示し、49機あった737 MAX 8の発注を全てキャンセルした[66]。事故後に発注を正式にキャンセルした初めての事例となる。ガルーダ・インドネシア航空は2014年10月に737 MAX 8を50機発注し、2017年秋に1機(PK-GDA)を受領している[66]

4月6日エチオピア航空は30機ある737MAXの注文のうち、すでに受領している5機(墜落機含む)を除く25機あった注文を全てキャンセルする方針であると述べた。同社のCEOは、自社がこのトラブルの被害者である事と、同型機が墜落したという汚点が残るとのコメントを述べている。[67]

4月17日インドジェットエアウェイズ経営破綻し、保有していた8機を全て失ったうえ、225機のオーダーも全てキャンセルとなった。これにより、ジェットエアウェイズは事実上ガルーダ・インドネシア航空に次いで2番目に737MAXのオーダーを全てキャンセルした航空会社となった。[68]

また6月3日には、アゼルバイジャン航空も、「安全上の懸念」を理由に、10機のMAX 8のオーダーを全てキャンセルした[69]。オーダーキャンセルはガルーダ・インドネシア航空ジェットエアウェイズに次ぐ3例目となった。

7月9日、サウジアラビアのLCCであるフライアディール英語版が、前述の2度の墜落事故や、運航再開の時期が依然として不透明であることを理由に、ボーイングと2018年末から交渉を続けてきた737 MAXの導入契約を撤回し、同型機のライバル機種であるエアバスA320neoを最大50機導入すると発表した[70][71][72]。 オーダーキャンセルはガルーダ・インドネシア航空ジェットエアウェイズアゼルバイジャン航空に次ぐ4例目となった。

各社の運航再開の予定編集

アメリカで737 MAX 8型を運航するアメリカン航空サウスウエスト航空の2社は、2019年8月までの運航停止[73]を見込んでいる。

なお、アメリカン航空では同型機の運航停止を9月3日まで延長した[74]

また、アメリカで737 MAX 9型を運航するユナイテッド航空では、2019年7月までの運航停止を予定している[75]

さらに、カナダで737 MAX 8型を運航するエア・カナダでも、2019年7月までの運航停止を予定していたが、1か月遅らせて、8月までの運航停止を見込んでいる[76]

737MAXの運用を中断した航空会社編集

737MAXの運用を中断した航空会社は以下の通りである[77]

4月19日現在、
すべての737MAXが運用停止となっている。

なお、インドジェットエアウェイズは、2019年4月17日に運航終了となり、保有していた8機を全て失うこととなってしまった(225機のオーダーも全てキャンセル)。[68]

  中華人民共和国

  韓国

  モンゴル

  シンガポール

  インドネシア

  タイ王国

  フィジー

  インド

  カザフスタン

  トルコ

  アラブ首長国連邦

  オマーン

  イギリス

  ノルウェー

  ポーランド

  アイスランド

  チェコ

  ロシア

  イタリア

  エチオピア

  モロッコ

  南アフリカ共和国

  モーリタニア

  アメリカ合衆国

  カナダ

  パナマ

  ケイマン諸島

  メキシコ

  ブラジル

  アルゼンチン

  不明

運用を禁止している国・地域・機関編集

エチオピア航空の事故後、737MAXの運用禁止や空域内飛行禁止を決める国・地域・機関が相次いでいる[102]

2019年3月15日現在、以下の通りである。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ なお、中国東方航空は、子会社の上海航空と合わせて14機の737MAX 8を運航している。
  2. ^ ブリティッシュ・エアウェイズの塗装が施されている。
  3. ^ ジェットエアウェイズ機、5機はジェットエアウェイズから離脱している。

出典編集

  1. ^ a b c What is the Boeing 737 Max Maneuvering Characteristics Augmentation System?”. The Air Current (2018年11月13日). 2019-03-21閲覧。
  2. ^ a b c ボーイング機の墜落を招いた自動操縦装置”. 朝日新聞 WEBRONZA (2019年3月15日). 2019年3月18日閲覧。
  3. ^ Brady, Chris. “737 MAX - MCAS”. The Boeing 737 Technical Site. 2019年4月9日閲覧。
  4. ^ Mentour Pilot (2019-03-22), Runaway Stabilizer!! How to stop MCAS., https://www.youtube.com/watch?v=xixM_cwSLcQ 2019年4月9日閲覧。 
  5. ^ Ethiopian airliner crashes on way to Kenya”. BBC News Online. 2019年3月10日閲覧。
  6. ^ Crashed Ethiopian plane carried at least 19 UN officials”. The Sydney Morning Herald (2019年3月11日). 2019年3月11日閲覧。
  7. ^ 12 VN’ers onder slachtoffers crash Ethiopië”. De Telegraaf (2019年3月10日). 2019年3月11日閲覧。
  8. ^ Ethiopian Airlines plane crashes, no survivors, says airline boss”. news.com.au (2019年3月10日). 2019年3月10日閲覧。
  9. ^ 87.7 Kampala FM (2019年3月10日). “Ugandan Police Commissioner Christine Alalo is among the 157 Passengers that have lost their lives in Ethiopian Airlines Crash”. Twitter. https://twitter.com/KampalaFm/status/1104748102332891142 2019年3月10日閲覧。 
  10. ^ BREAKING: Nigeria's Pius Adesanmi Killed In Ethiopian Airlines Plane Crash”. Sahara Reporters (2019年3月10日). 2019年3月10日閲覧。
  11. ^ Are There Problems With the Boeing 737 Max? A Second Deadly Crash Raises New Questions
  12. ^ Ethiopia issues preliminary report of ET302 accident” (英語). Leeham News and Analysis (2019年4月4日). 2019年4月8日閲覧。
  13. ^ leehamcoeu (2019年4月3日). “ET302 used the Cut-Out switches to stop MCAS” (英語). Leeham News and Analysis. 2019年4月8日閲覧。
  14. ^ a b 「737MAX」連続墜落の原因は最新システム「MCAS」が有力 〈AERA〉” (2019年3月16日). 2019年3月16日閲覧。
  15. ^ 「ボーイング737運航停止」に込めた習近平の底意”. JBpress (2019年3月14日). 2019年3月17日閲覧。
  16. ^ 米ボーイング苦境、中国国有航空機メーカーCOMACにチャンスか”. ブルームバーグ (2019年3月15日). 2019年3月17日閲覧。
  17. ^ ボーイング機墜落、中国が対米交渉カードに 大量購入を左右”. 産経ニュース (2019年3月16日). 2019年3月17日閲覧。
  18. ^ 最新鋭・ボーイング737MAX機ー中国で運航停止
  19. ^ 中国、ボーイング737MAXの運航停止通知」『日本経済新聞 電子版』(日本経済新聞社)、2019年3月11日。2019年3月12日閲覧。
  20. ^ China Grounds Entire Domestic Fleet of Boeing 737 Max Jets After Crash”. Bloomberg. 2019年3月11日閲覧。
  21. ^ China's aviation regulator orders grounding of 737 Max” (英語). The Air Current (2019年3月11日). 2019年3月11日閲覧。
  22. ^ Continued Airworthiness Notification to the International Community”. Federal Aviation Administration (2019年3月11日). 2019年3月14日閲覧。
  23. ^ “中国停飞波音737-8之举不寻常, It's highly unusual for China to ground Boeing 737 MAX” (中国語). Financial Times. (2019年3月12日). http://www.ftchinese.com/story/001081832 
  24. ^ “US safety regulator stands by Boeing 737 Max 8 jets after latest crash”. Financial Times. (2019年3月12日). https://www.ft.com/content/4f18deaa-43a4-11e9-b168-96a37d002cd3 
  25. ^ “Second crash involving Boeing 737 Max 8: the key questions”. Financial Times. (2019年3月11日). https://www.ft.com/content/920f2ae2-437d-11e9-b168-96a37d002cd3 
  26. ^ “China and Indonesia Order Grounding of Boeing 737 Max 8 Aircraft”. The New York Times. (2019年3月10日). https://www.nytimes.com/2019/03/10/business/boeing-737-max-8-aircraft-crash-china.html 
  27. ^ “China grounds Boeing 737 MAX 8 planes after second crash”. CNBC Television. (2019年3月11日). https://www.youtube.com/watch?v=e47ohXspkPc&t=121s 
  28. ^ “China has a competitor to Boeing 737 Max: Gordon Chang”. Fox news. (2019年3月11日). https://www.youtube.com/watch?v=gr3syJB7pwk&t=228s 
  29. ^ a b Indonesia to temporarily ground Boeing 737 MAX 8 jets for inspections”. Reuters. 2019年3月11日閲覧。
  30. ^ “Mongolia suspends commercial operations of Boeing 737-8 jet - Xinhua | English.news.cn”. www.xinhuanet.com. (2019年3月11日). http://www.xinhuanet.com/english/2019-03/11/c_137886058.htm 
  31. ^ Gol decide suspender uso do modelo 737 MAX 8 após acidente na Etiópia” (ポルトガル語). g1.globo.com (2019年3月11日). 2019年3月11日閲覧。
  32. ^ Gol suspende operação de Boeings de mesmo modelo que caiu na Etiópia” (ポルトガル語). www1.folha.uol.com.br (2019年3月11日). 2019年3月11日閲覧。
  33. ^ 埃波音連2摔 新加坡宣布:禁止737 MAX客機在境內起降”. 自由時報 (2019年3月11日). 2019年3月11日閲覧。[出典無効]
  34. ^ a b Hatch, Patrick (2019年3月12日). “Australia grounds Boeing's 737 MAX in wake of fatal crashes”. The Sydney Morning Herald. 2019年3月12日閲覧。
  35. ^ B737Max operations Will stop from/to all Indian airport's”. @MoCA_GoI. 2019年3月13日閲覧。
  36. ^ Malaysia declares 'no-fly zone' for Boeing 737 MAX 8”. New Strait Times. 2019年3月12日閲覧。
  37. ^ Oman suspends Boeing 737 MAX flights after crash” (2019年3月12日). 2019年3月12日閲覧。
  38. ^ EU、ボーイング737MAX運航停止 米FAAは停止せず(ロイター)” (日本語). 2019年3月13日閲覧。
  39. ^ “Airline crash boss wants aircraft grounded”. BBC News. (2019年3月13日). https://www.bbc.com/news/business-47553396 
  40. ^ a b “トランプ氏、ボーイング事故同型機の運航停止 大統領令で”. 日本経済新聞. (2019年3月14日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42437180U9A310C1000000 2019年3月14日閲覧。 
  41. ^ “Trump announces US will order Boeing 737 Max 8s and 9s grounded”. CNN. https://www.cnn.com/world/live-news/boeing-737-max-8-ethiopia-airlines-crash/index.html 2019年3月13日閲覧。 
  42. ^ IMPORTANTE: información oficial sobre suspensión temporal de operaciones de flota MAX9”. 2019年3月13日閲覧。
  43. ^ After bans, who still flies the Boeing 737 Max?”. 2019年3月14日閲覧。
  44. ^ United e Copa Airlines também suspendem voos em 737 Max”. 2019年3月14日閲覧。
  45. ^ 14 CFR § 21.197 - Special flight permits.” (英語). LII / Legal Information Institute. 2019年3月14日閲覧。
  46. ^ “Boeing 737 Max 8 planes grounded after Ethiopian crash”. CNN. (2019年3月13日). https://www.cnn.com/world/live-news/boeing-737-max-8-ethiopia-airlines-crash/h_2a7a511377223351a128330860e4811c 2019年3月15日閲覧。 
  47. ^ “Europe bans Boeing 737 MAX: Planes grounded, diverted as nations shut airspace over Ethiopia crash”. RT International. https://www.rt.com/news/453636-boeing-737-max-diverted-europe/ 2019年3月22日閲覧。 
  48. ^ Dva boeingy Smartwings mířily do Prahy. Po zákazu bezradně kroužily nad mořem - Doprava”. Lidovky.cz (2019年3月12日). 2019年3月22日閲覧。
  49. ^ Tahir, Tariq; Pisa, Nick (2019年3月12日). “Boeing 737 Max planes turn back in MID-AIR as jets banned from all European air space over safety fears after Ethiopian Airlines crash”. The Sun. https://www.thesun.co.uk/news/8619551/boeing-737-max-planes-turn-around-uk-france-ban/ 2019年3月15日閲覧。 
  50. ^ “US and Canada join growing list of flight bans on Boeing 737 Max 8 jets after fatal crash”. ITV. https://www.itv.com/news/2019-03-12/ethiopia-airlines-crash-which-countries-have-grounded-the-737-max-8/ 2019年3月18日閲覧。 
  51. ^ List of global aircraft groundings in history
  52. ^ サウスウェストの737 MAX、フェリーフライトで不具合 緊急着陸
  53. ^ ボーイング最新鋭機、フロリダで緊急着陸 墜落機と同型
  54. ^ Boeing says it has no plans to issue new guidance”. CNN (2019年3月11日). 2019年3月11日閲覧。
  55. ^ https://jp.wsj.com/articles/SB12498886470155574209504585180800347107106
  56. ^ https://jp.mobile.reuters.com/article/amp/idJPKCN1QV3EN?__twitter_impression=true
  57. ^ https://www.asahi.com/articles/ASM46254SM46UHBI001.html
  58. ^ 墜落事故「システムが誤作動」 ボーイングCEO認める:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2019年4月8日閲覧。
  59. ^ “【電子版】737MAX、二度と運航してはならない ラルフ・ネーダー氏「構造上の設計不備」”. 日刊工業新聞. ブルームバーグ. (2019年6月5日). https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00519208 2019年6月8日閲覧。 
  60. ^ Business, Chris Isidore, CNN. “Norwegian Air demands Boeing compensate it for grounded 737 Max planes”. CNN. 2019年3月13日閲覧。
  61. ^ New Delhi, Arindam Majumder & Aneesh Phadnis, Busines Standard. “SpiceJet to seek compensation from Boeing after grounding 737 Max aircraft”. Business-Standard. 2019年3月14日閲覧。
  62. ^ China Eastern asks Boeing for compensation over 737 MAX grounding
  63. ^ Transportation Department Is Probing FAA’s Approval of Boeing’s 737 MAX”. ウォール・ストリート・ジャーナル (2019年3月17日). 2019年3月17日閲覧。
  64. ^ https://this.kiji.is/493762501407458401
  65. ^ 737 MAX事故、スカイマーク後継機選定に影響も 佐山会長「ないわけではない」”. Aviation Wire (2019年3月18日). 2019年3月21日閲覧。
  66. ^ a b https://www.aviationwire.jp/archives/169104”. Aviation Wire (2019年3月24日). 2019-03-24閲覧。
  67. ^ エチオピア航空、737MAXの受領計画を見直し-事故で「汚点」” (日本語). Bloomberg.com. 2019年4月10日閲覧。
  68. ^ a b 印ジェットエアウェイズ、運航を停止 銀行支援まとまらず
  69. ^ https://www.aviationpros.com/home/news/21083034/azal-to-cancel-purchase-of-boeing-737-max8-aircraft
  70. ^ https://www.aviationwire.jp/archives/177857
  71. ^ https://www.flightglobal.com/news/articles/saudi-carrier-flyadeal-switches-to-a320neo-from-737-459504/
  72. ^ https://www.bbc.com/news/business-48899588
  73. ^ “Trump says troubled Boeing 737 Max should 'rebrand with a new name'”. The Guardian. Associated Press (AP). (2019年4月15日). https://www.theguardian.com/world/2019/apr/14/american-airlines-cancels-boeing-737-max-flights-mid-august 
  74. ^ “アメリカン航空、ボーイング737 MAXの運航停止期間延長 9月3日まで”. (2019年6月12日). https://www.traicy.com/20190609-AA737max 
  75. ^ Newburger, Emma (2019年4月15日). “United Airlines cancels all 737 Max flights through early July”. CNBC. 2019年4月29日閲覧。
  76. ^ Air Canada says its 737 MAX jets grounded until at least August”. Windsor (2019年4月26日). 2019年4月29日閲覧。
  77. ^ After bans, who still flies the Boeing 737 Max?”. 2019年3月14日閲覧。
  78. ^ “Mongolia suspends commercial operations of Boeing 737-8 jet - Xinhua | English.news.cn”. www.xinhuanet.com. (2019年3月11日). http://www.xinhuanet.com/english/2019-03/11/c_137886058.htm 
  79. ^ SpiceJet statement”. @tushar_yes. 2019年3月13日閲覧。
  80. ^ Turkish Airlines grounds all Boeing 737 MAX aircraft”. 2019年3月12日閲覧。
  81. ^ UAE regulator bans operations of Boeing 737 Max” (英語). gulfnews.com. 2019年3月12日閲覧。
  82. ^ “Nederland sluit luchtruim voor Boeing 737 MAX na crash Ethiopië” (オランダ語). (2019年3月12日). https://nos.nl/artikel/2275627-nederland-sluit-luchtruim-voor-boeing-737-max-na-crash-ethiopie.html 2019年3月12日閲覧。 
  83. ^ Norwegian temporarily suspends flights with the Boeing 737 MAX, following recommendations by European aviation authorities”. Mynewsdesk. 2019年3月12日閲覧。
  84. ^ LOT uziemia boeingi 737 MAX”. 2019年3月14日閲覧。
  85. ^ Icelandair tekur þrjár vélar úr rekstri”. RÚV.is. 2019年3月12日閲覧。
  86. ^ S7 Airlines decides to ground its Boeing 737 MAX aircraft”. 2019年3月12日閲覧。
  87. ^ Airlines, Ethiopian (2019年3月10日). “Accident Bulletin no. 5 Issued on March 11, 2019 at 07:08 AM Local Timepic.twitter.com/rwxa51Fgij” (英語). @flyethiopian. 2019年3月11日閲覧。
  88. ^ “Airline crash boss wants aircraft grounded”. BBC News. (2019年3月13日). https://www.bbc.com/news/business-47553396 
  89. ^ Boeing 737 MAX grounded in several countries following Ethiopian crash”. Aviation Safety Network. 2019年3月11日閲覧。
  90. ^ South African airline grounds the only Boeing 737 MAX 8 in its fleet” (英語). www.cnn.com (2019年3月11日). 2019年3月11日閲覧。
  91. ^ https://www.thoroldnews.com/national-business/the-latest-germany-refuses-to-take-black-box-from-crash-1319244
  92. ^ Sunwing, a Canadian carrier, suspends operation of its Boeing 737 MAX 8 aircraft - National - Globalnews.ca”. globalnews.ca (2019年3月12日). 2019年3月13日閲覧。
  93. ^ IMPORTANTE: información oficial sobre suspensión temporal de operaciones de flota MAX9”. 2019年3月13日閲覧。
  94. ^ United e Copa Airlines também suspendem voos em 737 Max”. 2019年3月14日閲覧。
  95. ^ CAL suspends Max 8 operations”. www.caymanairways.com. 2019年3月11日閲覧。
  96. ^ STATEMENT 2 B737 MAX 11 MAR 19” (Spanish). www.aeromexico.com. 2019年3月12日閲覧。
  97. ^ Gol decide suspender uso do modelo 737 MAX 8 após acidente na Etiópia” (ポルトガル語). g1.globo.com (2019年3月11日). 2019年3月11日閲覧。
  98. ^ Gol suspende operação de Boeings de mesmo modelo que caiu na Etiópia” (ポルトガル語). www1.folha.uol.com.br (2019年3月11日). 2019年3月11日閲覧。
  99. ^ Aerolíneas Argentinas deja de volar con el Boeing de la polémica”. Clarín. 2019年3月11日閲覧。
  100. ^ Aerolíneas Argentinas seguirá operando sus 5 Boeing 737 MAX 8”. Clarín. 2019年3月11日閲覧。
  101. ^ The Latest: India"s Jet Airways grounds Boeing 737 Max 8s”. www.washingtonpost.com (2019年3月12日). 2019年3月12日閲覧。
  102. ^ Indonesia Follows China in Grounding Boeing 737 MAX 8 Jets After Fatal Crash”. The Wall Street Journal. 2019年3月11日閲覧。
  103. ^ https://this.kiji.is/478846629267457121?c=0
  104. ^ ボーイング式737-8型及び737-9型航空機の運航停止について」『』国土交通省、2019年3月14日。2019年3月14日閲覧。
  105. ^ Albania bans Boeing 737 MAX 8 - Xinhua | English.news.cn”. www.xinhuanet.com. 2019年3月14日閲覧。
  106. ^ ANAC - RESPECTO A LOS AVIONES BOEING 737 MAX 8”. www.anac.gov.ar. 2019年3月14日閲覧。
  107. ^ Armenia bans Boeing B-737-MAX 8, MAX 9 aircraft from its airspace amid growing safety concerns” (英語). armenpress.am. 2019年3月15日閲覧。
  108. ^ “Austria grounds Boeing 737 MAX” (英語). Reuters. (2019年3月12日). https://uk.reuters.com/article/uk-ethiopia-airplane-austria-idUKKBN1QT264 2019年3月14日閲覧。 
  109. ^ “Belgium closes air space for Boeing 737 MAX airplanes: agency” (英語). Reuters. (2019年3月12日). https://www.reuters.com/article/us-ethiopia-airplane-belgium-idUSKBN1QT2E6 2019年3月14日閲覧。 
  110. ^ Белоруссия закрыла свое воздушное пространство для Boeing 737 MAX”. tourism.interfax.ru. 2019年3月14日閲覧。
  111. ^ Direction under Article 68 of the Air Navigation (Overseas Territories) Order 2013”. Bermuda Civil Aviation Authority (2019年3月13日). 2019年3月13日閲覧。
  112. ^ “UPDATE 2-Brazil grounds Boeing 737 MAX 8 planes following fatal crash” (英語). Reuters. (2019年3月13日). https://www.reuters.com/article/ethiopia-airplane-copa-holdings-idUSL1N2101XU 2019年3月14日閲覧。 
  113. ^ “Garneau grounds all Boeing 737 Max 8 airliners in Canada” (英語). (2019年3月12日). https://www.cp24.com/news/garneau-grounds-all-boeing-737-max-8-airliners-in-canada-1.4333934 2019年3月12日閲覧。 
  114. ^ Chile, DGAC (2019年3月13日). “Considerando las actuales condiciones, la DGAC no autorizará ninguna operación de la flota de aviones 737- Max 8 en Chile @biobio @CNNChile @chilevision @Mega @Cooperativa @tvn @T13 @ElMercurio_cl @latercera @adnradiochile” (スペイン語). @DGACChile. 2019年3月14日閲覧。
  115. ^ China Grounds Entire Domestic Fleet of Boeing 737 Max Jets After Crash”. Bloomberg. 2019年3月11日閲覧。
  116. ^ China's aviation regulator orders grounding of 737 Max” (英語). The Air Current (2019年3月11日). 2019年3月11日閲覧。
  117. ^ “Which airlines use the Boeing 737 Max 8?” (英語). (2019年3月11日). https://www.bbc.com/news/business-47523468 2019年3月11日閲覧。 
  118. ^ “Colombia bans Boeing 737 MAX 8 planes from its airspace” (英語). Reuters. (2019年3月14日). https://www.reuters.com/article/ethiopia-airplane-colombia-idUSL1N21103F 2019年3月14日閲覧。 
  119. ^ Saborío, Paulo Villalobos. “Costa Rica prohíbe los aviones Boeing 737 MAX 8 y 9 en su espacio aéreo” (スペイン語). ameliarueda.com. 2019年3月14日閲覧。
  120. ^ Cyprus bans Boeing 737 MAX flights | Kathimerini” (English). www.ekathimerini.com. 2019年3月14日閲覧。
  121. ^ Denmark grounds aircraft in wake of crash – The Post”. cphpost.dk. 2019年3月14日閲覧。
  122. ^ Reuters (2019年3月13日). “Egypt bars Boeing 737 MAX jets from its airspace: statement”. Reuters. https://www.reuters.com/article/us-ethiopia-airline-egypt/egypt-bars-boeing-737-max-jets-from-its-airspace-statement-idUSKBN1QU14Z 
  123. ^ EASA suspends all Boeing 737 Max operations in Europe”. European Aviation Safety Agency. 2019年3月12日閲覧。
  124. ^ a b “ENAC Press Release n. 16/2019” (イタリア語). (2019年3月12日). https://moduliweb.enac.gov.it/Applicazioni/comunicati/PDF/2019_2521.pdf 2019年3月12日閲覧。 
  125. ^ a b “Europese luchtruim gesloten voor Boeing 737 MAX 8-vliegtuigen” (オランダ語). (2019年3月12日). https://www.volkskrant.nl/nieuws-achtergrond/europese-luchtruim-gesloten-voor-boeing-737-max-8-vliegtuigen~b9d2632a/ 2019年3月12日閲覧。 
  126. ^ “Fiji suspends Boeing 737 MAX flights” (英語). Reuters. (2019年3月13日). https://www.reuters.com/article/ethiopia-airplane-fiji-idUSS9N1WY00W 2019年3月14日閲覧。 
  127. ^ French aviation authority bans Boeing 737 MAX from its airspace” (2019年3月12日). 2019年3月12日閲覧。
  128. ^ “Greece bans Boeing 737 MAX planes from its airspace” (ギリシア語). (2019年3月12日). http://www.ekathimerini.com/238521/article/ekathimerini/news/greece-bans-boeing-737-max-planes-from-its-airspace 2019年3月13日閲覧。 
  129. ^ Georgia bars Boeing 737 Max flights after Ethiopian Airlines crash - Xinhua | English.news.cn”. www.xinhuanet.com. 2019年3月14日閲覧。
  130. ^ “Scheuer sperrt deutschen Luftraum für Boeing 737 Max 8” (ドイツ語). (2019年3月12日). https://www.n-tv.de/wirtschaft/Scheuer-sperrt-deutschen-Luftraum-fuer-Boeing-737-Max-8-article20902500.html 2019年3月12日閲覧。 
  131. ^ VietJet Weighs Its $25 Billion Boeing Jet Order: 737 Max Update”. www.msn.com. 2019年3月13日閲覧。
  132. ^ B737Max operations Will stop from/to all Indian airport's”. @MoCA_GoI. 2019年3月13日閲覧。
  133. ^ “Boeing 737 MAX planes banned from Irish and EU airspace” (英語). (2019年3月12日). https://www.rte.ie/news/world/2019/0312/1035823-ethiopian-airlines-crash 2019年3月12日閲覧。 
  134. ^ “Iraq bans Boeing 737 MAX aircraft from its airspace” (英語). Reuters. (2019年3月13日). https://www.reuters.com/article/us-ethiopia-airplane-iraq-idUSKBN1QU234 2019年3月14日閲覧。 
  135. ^ Agencies and TOI staff. “US grounds Boeing 737 Max after crash; Israel to ban it from airspace” (英語). www.timesofisrael.com. 2019年3月13日閲覧。
  136. ^ “Kazakhstan suspends Boeing 737 Max flights” (英語). Reuters. (2019年3月13日). https://uk.reuters.com/article/uk-ethiopia-airplane-kazakhstan-idUKKBN1QU0GO 2019年3月13日閲覧。 
  137. ^ Eastar Jet suspends operation of B737 Max 8”. 2019年3月13日閲覧。
  138. ^ https://www.apnews.com/eb1c441cd6ba47e8845bd80e27efcd10
  139. ^ AFP. “Kuwait bans Boeing 737 Max 8 planes after Ethiopian Airlines crash”. Khaleej Times. 2019年3月13日閲覧。
  140. ^ “Lebanon bans Boeing 737 MAX planes from its airspace: NNA” (英語). Reuters. (2019年3月13日). https://www.reuters.com/article/us-ethiopia-airplane-lebanon/lebanon-bans-boeing-737-max-planes-from-its-airspace-nna-idUSKBN1QU0Z1 2019年3月13日閲覧。 
  141. ^ Malaysia declares 'no-fly zone' for Boeing 737 MAX 8”. New Strait Times. 2019年3月12日閲覧。
  142. ^ “Malaysia suspends Boeing 737 MAX operations in its airspace”. Channel NewsAsia. https://www.channelnewsasia.com/news/asia/boeing-737-max-malaysia-suspends-operations-in-airspace-11337170 2019年3月12日閲覧。 
  143. ^ AACM suspends flight applications of B737 MAX aircraft”. Civil Aviation Authority, Government of Macau Special Administrative Region. 2019年3月13日閲覧。
  144. ^ State of Mexico suspends operations of Boeing 737 Max” (英語). Riviera Maya News (2019年3月14日). 2019年3月14日閲覧。
  145. ^ “BOEING 737 MAX”-ЫН НИСЛЭГИЙГ ТҮР ХУГАЦААГААР ЗОГСООЛОО – ИНЕГ
  146. ^ Boeing 737-8 "MAX" and Boeing 737-9 "MAX" Limitation of Operation due to a Fatal Accident in Ethiopia on 10 March 2019”. Civil Aviation Agency of Montenegro. 2019年3月14日閲覧。
  147. ^ Молдавия запретила полеты Boeing 737 MAX 8 в своем воздушном пространстве” (ロシア語). РИА Новости (20190313T1427+0300Z). 2019年3月14日閲覧。
  148. ^ Namibia bans Boeing 737s”. The Namibian. 2019年3月14日閲覧。
  149. ^ Nigeria Bans Boeing 737 Max Planes From Its Airspace”. Sahara Reporters. 2019年3月13日閲覧。
  150. ^ “Nederland sluit luchtruim voor Boeing 737 MAX na crash Ethiopië” (オランダ語). (2019年3月12日). https://nos.nl/artikel/2275627-nederland-sluit-luchtruim-voor-boeing-737-max-na-crash-ethiopie.html 2019年3月12日閲覧。 
  151. ^ New software for Boeing 737 Max 8s after Ethiopian Airways crash”. Stuff. 2019年3月13日閲覧。
  152. ^ Oman suspends Boeing 737 MAX flights after crash” (2019年3月12日). 2019年3月12日閲覧。
  153. ^ Panama suspends operations of Boeing 737 MAX jets in its airspace” (英語). 2019年3月21日閲覧。
  154. ^ “Informacja dotycząca wykonywania lotów samolotami Boeing 737 Max w przestrzeni powietrznej Polski” (ポーランド語). (2019年3月12日). http://ulc.gov.pl/pl/247-aktualnosci/4553-informacja-dotyczaca-wykonywania-lotow-samolotami-boeing-737-max-w-przestrzeni-powietrznej-polski 2019年3月12日閲覧。 
  155. ^ Comunicado de Imprensa 06/2019 - ANAC interdita espaço aéreo nacional e espaço aéreo oceânico, sob jurisdição portuguesa a todos os voos operados por aeronaves Boeing 737 MAX 8 e 737 MAX 9” (ポルトガル語). ANAC (2019年3月13日). 2019年3月12日閲覧。
  156. ^ Росавиация запретила полеты Boeing 737 MAX” (ロシア語). www.kommersant.ru (2019年3月14日). 2019年3月14日閲覧。
  157. ^ Serbia joins ban on Boeing 737 MAX aircraft” (セルビア語). N1 Srbija. 2019年3月14日閲覧。
  158. ^ Singapore grounds Boeing 737 MAX aircraft after 2 deadly crashes”. Channel NewsAsia. 2019年3月12日閲覧。
  159. ^ “民航局宣布 即日起停飛波音737-8和737-9” (中国語). 聯合新聞網. (2019年3月14日). https://udn.com/news/story/7266/3697807 2019年3月14日閲覧。 
  160. ^ 適航指令資料庫查詢 CAA-2019-03-007” (英語). 中華民國交通部民用航空局 (2019年3月14日). 2019年3月14日閲覧。
  161. ^ News, Taiwan. “Taiwan bans Boeing 737 Max”. Taiwan News. 2019年3月14日閲覧。
  162. ^ “CAAT temporarily suspends the operations of 737 Max 9 for passengers" safety precautions.”. https://www.caat.or.th/en/archives/41018 
  163. ^ AA flight to T&T cancelled after US grounds Boeing 737 Max 8 planes” (英語). www.looptt.com. 2019年3月14日閲覧。
  164. ^ Turkish Airlines grounds all Boeing 737 MAX aircraft”. 2019年3月12日閲覧。
  165. ^ Turkey shuts down airspace to all Boeing 737 MAX, Reuters (13 March 2019)
  166. ^ GCAA bans operation of Boeing 737 MAX models as precautionary measure”. wam. 2019年3月12日閲覧。
  167. ^ Ukraine suspends flights of two Boeing 737 models, Reuters (13 March 2019)
  168. ^ Williams, Neil (12 March 2019), “Boeing 737-8 “MAX” and Boeing 737-9 “MAX” Limitation of Operations due to a Fatal Accident in Ethiopia on 10 March 2019”, Safety and Operational Directive (London: Civil Aviation Authority) (SD–2019/001), オリジナルの13 March 2019時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190313144139/http://publicapps.caa.co.uk/docs/33/SD2019001.pdf 2019年3月13日閲覧。 
  169. ^ “UK joins Boeing 737 Max aircraft ban” (英語). (2019年3月12日). https://www.bbc.com/news/world-asia-47536502 2019年3月12日閲覧。 
  170. ^ Lazo, Luz (2019年3月13日). “Trump says U.S. will ground Boeing jet involved in fatal crashes, following the lead of other nations”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/local/trafficandcommuting/canada-grounds-boeing-737-max-8-leaving-us-as-last-major-user-of-plane/2019/03/13/25ac2414-459d-11e9-90f0-0ccfeec87a61_story.html?utm_term=.6b3a0e84d415 2019年3月13日閲覧。 
  171. ^ Statement from the FAA on Ethiopian Airlines”. Federal Aviation Administration (2019年3月13日). 2019年3月13日閲覧。
  172. ^ Emergency Order of Prohibition”. Federal Aviation Administration (2019年3月13日). 2019年3月13日閲覧。
  173. ^ Uzbekistan suspends receiving and sending of Boeing 737 MAX flights” (英語). 2019年3月21日閲覧。
  174. ^ VnExpress. “Cục Hàng không cấm Boeing 737 MAX vào không phận Việt Nam - VnExpress” (ベトナム語). Tin nhanh VnExpress. 2019年3月13日閲覧。

関連項目編集