アラスデア・マッキンタイア

アラスデア・マッキンタイア(Alasdair MacIntyre、1929年1月12日 - )は、スコットランドグラスゴー出身の哲学者ノートルダム大学教授(2005年現在)。徳倫理学の主要な唱道者の一人。

同時代の英語圏の哲学者が論理的、分析的、あるいは科学的な基礎から問題に取り組んだのと対照的に、マッキンタイアは論争が絶えない複雑な倫理学思想史実践理性アリストテレストマス・アクィナスの思想の諸問題を巧みに整理してシンプルな叙述形式で提示することから、哲学研究者から一般読者に至るまで広く評価されている。

チャールズ・テイラーマイケル・サンデルマイケル・ウォルツァーらと共にコミュニタリアニズム共同体主義)の旗手と目されているが、マッキンタイアも彼らと同様に自身をコミュニタリアンとして規定されることを嫌っており、トマス主義的アリストテレス主義者を自称する。

著書編集

単著編集

  • Marxism: An Interpretation, London: SCM Press, 1953.
  • Difficulties in Christian Belief, London: SCM Press, 1959.
    • 間瀬啓允訳、『宗教言語の哲学的分析――キリスト教的信念の諸困難』(理想社, 1970年)
  • A Short History of Ethics, New York: Macmillan, 1966, 2nd Edition, 1998.
  • Marxism and Christianity, New York: Schocken Books, 1968.
  • Marcuse, London: Fontana, 1970.
  • Against the Self-Images of the Age: Essays on Ideology and Philosophy, London: Duckworth, 1971.
  • After Virtue: A Study in Moral Theory, Notre Dame: University of Notre Dame Press, 1981, 2nd Edition, 1984, 3rd Edition, 2007.
  • Whose Justice? Which Rationality?, Notre Dame: University of Notre Dame Press, 1988.
  • Three Rival Versions of Moral Enquiry: Encyclopaedia, Genealogy, and Tradition, Notre Dame: University of Notre Dame University Press, 1990.
  • Dependent Rational Animals: Why Human Beings Need the Virtues, Open Court Publishing Company, 1999.

編著編集

  • (edited with Antony Flew). New Essays in Philosophical Theology, Lonon: SCM Press, 1955.
  • (with Paul Ricoeur). The Religious Significance of Atheism, New York: Columbia University Press, 1969.
  • (edited with Stanley Hauerwas). Revisions: Changing Perspectives in Moral Philosophy, Notre Dame: University of Notre Dame Press, 1983.
  • (edited by Anthony Rudd and John Davenport, with replies with Philip L. Quinn). Kierkegaard After Macintyre: Essays on Freedom, Narrative, and Virtue, Chicago: Open Court, 2001.

関連項目編集