メインメニューを開く

アルバート・サルミAlbert Salmi1928年3月11日 - 1990年4月22日)はアメリカ合衆国俳優。主にテレビドラマを中心に活動し、特に西部劇作品での活躍に対してWestern Heritage AwardBronze Wranglerを受賞している[2]

アルバート・サルミ
Albert Salmi
Albert Salmi
カラマゾフの兄弟』(1958年)予告編より
本名 Alfred Salmi
生年月日 (1928-03-11) 1928年3月11日
没年月日 (1990-04-22) 1990年4月22日(62歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨークブルックリン
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ワシントン州スポケーン
民族 フィンランド系アメリカ人[1]
身長 188 cm[1]
職業 俳優
ジャンル テレビ
活動期間 1954年 - 1989年
配偶者 ペギー・アン・ガーナー(1956年 - 1963年)※離婚
ロバータ・ポロック(1964年 - 1990年)
著名な家族 ジェニファー・サルミ(娘)

目次

略歴編集

1928年にニューヨークブルックリンフィンランド移民であるSvanteとIdaのSalmi夫妻のもとに生まれる。家で両親はフィンランド語しか話さなかった[1]。高校を卒業すると、第二次世界大戦に従軍し、退役後、アクターズ・スタジオで演技を学び、舞台俳優となる。その後、ブロードウェイの舞台にも立つようになり、1955年初演の『Bus Stop』(ウィリアム・インジ英語版作。1956年にマリリン・モンロー主演で『バス停留所』として映画化)にボー・デッカー役で出演し[3]、成功を収める。

1950年代半ばからテレビドラマに出演するようになる一方、1958年に『カラマゾフの兄弟』で映画デビュー。本作と『無頼の群英語版』の2作品での演技により、同年のナショナル・ボード・オブ・レビュー賞英語版助演男優賞英語版を受賞する。その後はテレビドラマを中心に活動し、特に西部劇作品での活躍が評価され、1967年にはWestern Heritage AwardBronze Wranglerを受賞している[2]

私生活編集

生涯で2回結婚している。最初の妻は元子役スターのペギー・アン・ガーナーで、1956年に結婚し、娘キャサリン・アン・サルミが生まれるが、1963年に離婚する。なお、娘キャサリンは1995年に38歳で心臓病により死去している[1]

2番目の妻ロバータ・ポロックとは1964年に結婚し、2子をもうける。そのうちの1人、娘のジェニファー・サルミは女優である[4]

俳優としては悪役など強面の役柄を演じることが多かったが、本人はもの静かな家族思いの人物で、ハリウッドの派手な生活を嫌い、晩年は妻と暮らしていたワシントン州スポケーンで俳優の育成を行なっていた[1]

衝撃的な死編集

1990年4月、サルミと妻ロバータが自宅で死んでいるのが発見される。2人は当時別居中で、自宅には妻が1人で暮らしていた[5]。サルミは深刻な鬱病を患っており、妻を射殺後、自ら拳銃自殺したものと見られている[1]

主な出演作品編集

参考文献編集

  1. ^ a b c d e f Albert Salmi - Biography” (英語). IMDb. 2013年5月14日閲覧。
  2. ^ a b Albert Salmi - Awards” (英語). IMDb. 2013年5月14日閲覧。
  3. ^ Bus Stop” (英語). IBDB. 2013年5月14日閲覧。
  4. ^ Jennifer Salmi” (英語). IMDb. 2013年5月14日閲覧。
  5. ^ “Albert Salmi, Actor, 62, Is Found Shot to Death in Home With Wife” (英語). ニューヨーク・タイムズ. (1990年4月25日). http://www.nytimes.com/1990/04/25/obituaries/albert-salmi-actor-62-is-found-shot-to-death-in-home-with-wife.html 2013年5月14日閲覧。 

外部リンク編集