アルヘア・オリンビア

アルヘア・オリンビアΑρχαία Ολυμπία / Archaia Olympia)は、ギリシャ共和国西ギリシャ地方イリア県にある町であり、その周辺地域を含む基礎自治体(ディモス)。その名は「古代オリュンピア」(: Ancient Olympia)を意味し、古代オリンピックが開催されたオリュンピア(オリンピア)の遺跡はこの町にある。「オリンピア市」とも表記される。

アルヘア・オリンビア
Αρχαία Ολυμπία
現代のオリンビア市街
現代のオリンビア市街
所在地
アルヘア・オリンビアの位置(ギリシャ内)
アルヘア・オリンビア
アルヘア・オリンビア
座標 北緯37度38分 東経21度37分 / 北緯37.633度 東経21.617度 / 37.633; 21.617座標: 北緯37度38分 東経21度37分 / 北緯37.633度 東経21.617度 / 37.633; 21.617
行政
国: ギリシャの旗 ギリシャ
地方: 西ギリシャ
: イリア県
人口統計 (2001年)
ディモス
 - 人口: 19,875 人
 - 面積: 544.9 km2
 - 人口密度: 36 人/km2
旧自治体
 - 人口: 11,069 人
キノティタ
 - 人口: 1,475 人
その他
標準時: EET/EEST (UTC+2/3)
郵便番号: 270 25
市外局番: 26240
自動車ナンバー: HA
公式サイト
http://www.arxaiaolympia.gov.gr/

地理編集

位置・広がり編集

アルヘア・オリンビアの街(Αρχαία Ολυμπία)はペロポネソス半島の西部に位置し、トリポリからは東に約70km、パトラからは南へ約70kmの距離にある。県都ピルゴス英語版からは東へ約15kmで、アルフェイオス川の上流方向にある。

オリンビアの街はアルフェイオス川北岸の谷間に位置し、オリンビアの集落の東の丘の上に古代オリンピアの遺跡が広がっている。町の2km南西にはアルフェイオス川を堰き止めた貯水池がある。

自治体としてのアルヘア・オリンビア市Δήμος Αρχαίας Ολυμπίας)は平野部から山岳部までの広大な市域を持ち、オリンビアの街はその最南部に位置する。市域東北端、エリマントス山地 (Mount Erymanthosの山中にある村・ランビアからオリンビアの街までは、直線距離にして約30km離れている。市域の多くは丘陵・山地で、大部分は森におおわれている。

主要な集落編集

  • プラタノス(Πλάτανος : アルヘア・オリンビア地区) - 1,583人
  • アルヘア・オリンビア(Αρχαία Ολυμπία : アルヘア・オリンビア地区) - 1,286人
  • ペロピオ(Πελόπιο : アルヘア・オリンビア地区) - 1.057人
  • ララス(Λάλας : フォロイ地区) - 998人
  • クマニス(Κούμανης : フォロイ地区) - 719人
  • ヘリドニ(Χελιδόνι : アルヘア・オリンビア地区) - 676人
  • ランビア(Λάμπεια : ランビア地区) - 661人
  • ネモウタ(Νεμούτα : フォロイ地区) - 625人

アルフェイオス川の北岸の平地にあたるアルヘア・オリンビア地区に人口が集中しており、オリンビアから北西方向にプラタノスペロピオの集落が点在する。フォロイ地区はオリンビアから東北へ約15kmほどに開けた内陸の盆地を中心とする地区である。ランビアは標高1000mの山間の集落である。

歴史編集

393年、テオドシウス1世はオリンピアの祭典の中止を命じ、千年に及ぶ古代オリンピックの歴史は幕を下ろした。神殿は破壊され、「ペイディアスの仕事場」と呼ばれる建物は教会に転用された。6世紀頃まで、オリンピアの遺跡にはキリスト教徒たちが暮らしていた。その後の時間とともに、古代オリンピアの遺跡は土に埋もれ、最大8mの地中に眠ることとなった。

現在の遺跡が再発見されたのは1766年、イギリスの考古学者リチャード・チャンドラー (Richard Chandlerによってであった。しかし、遺跡の発掘は1829年、フランスによる「モレア探検」 (Morea expeditionまで行われなかった。1870年代以降、遺跡の保存・発掘はアテネのドイツ考古学研究所によって行われることになった。最初の本格的な発掘は1875年、エルンスト・クルティウス (Ernst Curtiusによって行われた。

1936年、ベルリンオリンピック開催に合わせてオリンピアの遺跡も大規模な発掘調査が行われた。

社会編集

 
オリンビアの目抜き通り

産業・経済編集

オリンピア遺跡への観光拠点である。

オリーブ、イチジク、ブドウなどが栽培されている[1]

行政区画編集

 
イリア県の旧自治体(1999年 - 2011年)
 
イリア県におけるアルヘア・オリンビア市(2011年以後)

自治体(ディモス)編集

アルヘア・オリンビア市Δήμος Αρχαίας Ολυμπίας)は、西ギリシャ地方イリア県に属する基礎自治体ディモス)である。

2010年に行われた地方制度改革(カリクラティス改革)にともない、2011年1月1日付で旧アルヘア・オリンビア市を含め4自治体が合併し、新たな自治体(ディモス)としてアルヘア・オリンビア市が発足した。旧自治体は新自治体を構成する行政区(ディモティキ・エノティタ)として位置づけられた。

下表の番号は、右に掲げた「旧自治体」地図の番号に相当する。下表の「旧自治体名」欄は、無印がディモス(市)、※印がキノティタ(村)の名を示す。

旧自治体 綴り 政庁所在地 面積 Km² 人口
6 アルヘア・オリンビア Αρχαία Ολυμπία アルヘア・オリンビア  (el - 11,069
14 ランビア英語版 Λαμπεία ランビア  (el - 1,374
15 ラショナ英語版 Λασιώνα ハニ・パノプロ - 2,562
21 フォロイ英語版 Φολόη ララス  (el - 4,870

旧自治体(ディモティキ・エノティタ)編集

 
旧アルヘア・オリンビア市(1999年 - 2010年)

カリクラティス改革以前の旧アルヘア・オリンビア市にあたるアルヘア・オリンビア地区Δημοτική Ενότητα Αρχαίας Ολυμπίας)は、以下のキノティタ(都市域・村落)および都市・集落から構成される。

表中の Δ.δ.Δημοτικό διαμέρισμα の略であり、カポディストリアス改革による統廃合(1999年1月施行)以前の旧自治体に由来する区画である。[ ] 内は人口(2001年国勢調査)を示す。

  • Δ.δ. Αρχαίας Ολυμπίας アルヘア・オリンビア [ 1.475 ]
  • Δ.δ. Αρχαίας Πίσας (τ.Δ.δ. Μιράκας) アルヘア・ピサ [ 393 ]
    • η Αρχαία Πίσα (τ. Μιράκα) アルヘア・ピサ [ 330 ]
    • η Διεθνής Ολυμπιακή Ακαδημία [ 63 ]
  • Δ.δ. Άσπρων Σπιτιών アスプラ・スピティア
  • Δ.δ. Βασιλακίου [ 596 ]
    • το Βασιλάκι [ 450 ]
    • το Υψηλόν [ 146 ]
  • Δ.δ. Ηρακλείας
  • Δ.δ. Καμένης [ 255 ]
  • Δ.δ. Καυκωνίας
    • η Καυκωνία [ 194 ]
  • Δ.δ. Κλαδέου
    • ο Κλάδεος [ 183 ]
  • Δ.δ. Κοσκινά [ 234 ]
    • ο Κοσκινάς [ 197 ]
    • ο Φαναράς [ 37 ]
  • Δ.δ. Κρυονερίου Ηλείας
  • Δ.δ. Λιναριάς
    • η Λιναριά [ 144 ]
  • Δ.δ. Λούβρου [ 234 ]
    • το Λούβρο [ 188 ]
    • ο Γύρος [ 46 ]
  • Δ.δ. Μάγειρα
    • ο Μάγειρας [ 125 ]
  • Δ.δ. Μουριάς
    • η Μουριά [ 187 ]
  • Δ.δ. Ξηροκάμπου [ 354 ]
    • ο Ξηρόκαμπος [ 264 ]
    • το Αμπάρι [ 90 ]
  • Δ.δ. Πελοπίου
  • Δ.δ. Πεύκων
    • οι Πεύκες [ 325 ]
  • Δ.δ. Πλατάνου [ 1.590 ]
    • ο Πλάτανος [ 1.583 ]
    • ο Άγιος Γεώργιος [ 7 ]
  • Δ.δ. Πουρναρίου
    • το Πουρνάρι [ 326 ]
  • Δ.δ. Σμίλας [ 522 ]
    • η Σμίλα [ 453 ]
    • οι Καρούτες [ 69 ]
  • Δ.δ. Στρεφίου [ 711 ]
    • το Στρέφιον [ 504 ]
    • το Κάτω Στρέφι (τ. Φλοκαίικα) [ 207 ]
  • Δ.δ. Φλόκα
    • ο Φλόκας [ 520 ]
  • Δ.δ. Χελιδονίου ヘリドニ
    • το Χελιδόνι ヘリドニ [ 676 ]

交通編集

鉄道編集

 
オリンビア駅
 
オリンビア駅
ギリシャ国鉄(OSE)
  • ペロポネソス狭軌鉄道網 : メーターゲージ
    • オリンビア=ピルゴス線
      • オリンビア駅

街の中心部から東へ約300mほどのところに、オリンビア=ピルゴス線の終着駅・オリンビア駅がある。ピルゴスとオリンビアの間には1日5本の列車があり、約40分で結んでいる[2]

道路編集

自動車道路
  • GR-33  (en : 〔パトラ〕 - ラショナ - ランビア - 〔レヴィディ〕[3]
  • GR-74  (en : 〔ピルゴス〕 - アルヘア・オリンボス北方 - 〔レヴィディ - トリポリ北方〕[4]

オリンビア遺跡と市街の北を東西に走るGR-74号線は、1980年に新たに開かれた自動車道路で、ピルゴスとトリポリとを東西に結んでいる。ピルゴスとの間の所要時間はバスで約30分[2]

姉妹都市編集

両市とも古い歴史を持ち遺跡や文化財が多いこと(稲沢市には尾張国の国府が置かれた)、古代オリンピックと稲沢市の尾張大国霊神社で行われる「国府宮はだか祭り」がともに裸で行われていたこと、両市とも平和を願い非核平和都市宣言をしていることを縁として、オリンビアのヘラ神殿前で調印が行われた[1][6]

文化・観光・施設編集

 
ヘラ神殿

オリンピア編集

オリンピア遺跡は、1989年にユネスコ世界遺産に登録された。

脚注編集

  1. ^ a b c 姉妹都市:オリンピア市(ギリシャ)”. 稲沢市. 2012年2月14日閲覧。
  2. ^ a b 姉妹提携情報”. オリンピア. 2012年2月14日閲覧。
  3. ^ National Road No.31-33” (英語). Greek Motorway.net. 2012年2月14日閲覧。
  4. ^ National Road No.74-76” (英語). Greek Motorway.net. 2012年2月14日閲覧。
  5. ^ Sister City Directory” (英語). Sister Cities International. 2012年2月14日閲覧。
  6. ^ a b 姉妹提携情報”. 自治体国際化協会. 2012年2月14日閲覧。

外部リンク編集