アルベルト・レシュホルン

カール・アルベルト・レシュホルン(Carl Albert Löschhorn (Loeschhorn), 1819年6月27日 - 1905年6月4日[1])は、ドイツの音楽教育家、作曲家ピアニストレッシュホルンとも表記される。またロシア語表記(Лешгорн)からの翻字レシュゴルン(Leshgorn)と表記されることもある。

カール・アルベルト・レシュホルン
Carl Albert Löschhorn
Loeschhorn.jpg
基本情報
生誕 (1819-06-27) 1819年6月27日
出身地 プロイセン王国の旗 プロイセン王国 ベルリン
死没 (1905-06-04) 1905年6月4日(85歳没)
ドイツの旗 ドイツ帝国 ベルリン
学歴 王立教会音楽学校
ジャンル クラシック音楽
職業 音楽教育家
作曲家
ピアニスト

生涯編集

ムツィオ・クレメンティの弟子であるルートヴィヒ・ベルガーの指導を受けたが、1839年にベルガーが亡くなるとベルリンの王立教会音楽学校でエドゥアルト・グレル英語版アウグスト・ヴィルヘルム・バッハに作曲を、ルドルフ・キリチギーロシア語版にピアノを師事した。キリチギーが1851年に亡くなると後任として同校のピアノ教師に、1859年に教授となった[2][3]。弟子にはグスタフ・ランゲエドワード・フィッシャー英語版がいる。

今日ではピアノの練習曲と発表会用の小品で知られる。

主要作品編集

ピアノ練習曲

  • Studies for the Piano for Beginners, Op. 65
  • Studies for the Piano for the Intermediate Degree, Op. 66(再編成版:音楽之友社 『レッシュホルン練習曲集』 ISBN 4276411106
  • Studies for the Pianoforte for Development of Technique and Expression, Op. 67

脚注編集

  1. ^ MusicSack
  2. ^ 千蔵八郎『(続)19世紀のピアニストたち』音楽之友社 ISBN 4-276-37054-X
  3. ^ Theodore Baker and Alfred Remy, ed (1919). “Löschhorn, Albert”. Baker's Biographical Dictionary of Musicians (3rd ed.). p. 551. https://archive.org/stream/bakersbiographi00bakegoog#page/n571/mode/1up. 

外部リンク編集