メインメニューを開く

アルマダArmada好利威2001年 - )はニュージーランドで生産された競走馬香港ジョッキークラブに登録され、香港日本で実績を残した。

アルマダ
Armada (horse) 20080427.JPG
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2001年9月25日
Towkay
Dance in Time
母の父 Red Tempo
生国  ニュージーランド
生産 Miss J Fleming,
G G Jones
&T E Jamison
馬主 黃玉麟
調教師 J.サイズ(香港)
競走成績
生涯成績 26戦9勝(香港)
2戦0勝(日本)
獲得賞金 $2099万5200香港ドル(香港)
4110万4000円(中央競馬
(2009年3月15日現在)
テンプレートを表示

日本では2008年の安田記念出走前まではアルマーダの表記も見られた。2009年の安田記念出走時には、当時中央競馬に在籍していた同名馬[1]との区別のため、勝馬投票券の単勝・複勝・応援馬券における表記が「アルマダ(NZ)」とされた[2]

目次

経歴編集

馬齢は香港表記とする。

2005年/2006年シーズン編集

競走馬デビュー戦は2005年11月5日シャティン競馬場でハンデ戦にコーリー・ブラウンが騎乗して、2着馬に2馬身半差をつけて初勝利を挙げた。次の2006年1月31日のレースも制し、次走の4月のレース以降はダグラス・ホワイトが騎乗し、1400メートルのレースを中心に4連勝し、当シーズンは6連勝で終えた。

2006年/2007年シーズン編集

シーズン初戦の重賞競走初挑戦となったHSBCプレミアボウル(香港G3)でアブソリュートチャンピオンに敗れて4着となり、デビュー戦以来の連勝は6でストップとなったが、続くインターナショナルマイルトライアル(香港G2)ではザデュークを2着に抑えて重賞競走初勝利を挙げた。しかし次走のG1競走初挑戦となった香港マイルでは、ザデュークに敗れての2着だった。そして2007年の初戦となったスチュワーズカップ(香港G1)を制してG1競走初勝利を挙げた。続くチェアマンズトロフィー(香港G2)ではグッドババに敗れて2着となり、レース後は使い詰めのローテーションによる疲労が溜まったために長期休養に入りシーズンを終えた。

2007年/2008年シーズン編集

約1年ぶりとなる長期休養明け初戦は2008年3月のクイーンズシルヴァージュビリーカップ(香港G1)となったが、再びグッドババに敗れての8着だったが、休み明け2戦目のチェアマンズトロフィー(香港G2)を制して重賞競走3勝目を挙げた。次のチャンピオンズマイルでは2番人気に支持されたが、またしてもグッドババに敗れての2着だった。レース後の5月28日には安田記念に出走するため同じく同レースに出走するグッドババとブリッシュラックらと共に初来日し、安田記念に向けて競馬学校で調整された。6月8日に行われた安田記念では、勝ったウオッカには3馬身半差をつけられるものの、2着に入り、出走した香港馬の中では最先着を果たしている。

2008年/2009年シーズン以降編集

2008年/2009年シーズン緒戦の国際スプリントトライアルでは5着に敗れたものの、香港マイルでは安田記念の成績とライバルのグッドババがさらに精彩を欠いていたため1番人気に推された。競走では道中はグッドババより前で競馬をしていたが直線であっさり交わされ、さらに追い込んだスピリトデルヴェント、スーパーホーネットに交わされ6着に敗れた。その後、3月のクイーンズシルヴァージュビリーカップではエリック・サンマルタン騎手との初コンビで挑んだが5着に敗れた。続く4月5日チェアマンズトロフィーでは4着、4月26日チャンピオンズマイルでは9着、6月7日安田記念では8着と結果を出せなかった。

2009年/2010年シーズンは7戦するが未勝利に終わり、その後現役を引退した。

競走成績編集

年月日 競馬場 競走名 頭数 枠番 馬番 オッズ
(人気)
着順 騎手
距離(馬場) タイム
3F
タイム
勝ち馬/(2着馬)
2005 11. 5 沙田 パナソニックIH
ウォームジャーH
12 23.65(-人) 1着 C.ブラウン 56 芝1200m(良) 1:09.4(-.-) (ラッキーフルーツ)
2006 1. 31 沙田 ファッチョイH 14 -.-(-人) 1着 C.ブラウン 54 芝1400m(良) 1:21.2(-.-) (スピニングシティ)
4. 1 沙田 マウントキャメロンH 14 -.-(-人) 1着 D.ホワイト 58 芝1400m(良) 1:21.8(-.-) (ディスガイズ)
4. 30 沙田 ウォンC 14 -.-(-人) 1着 D.ホワイト 55 芝1400m(良) 1:22.2(-.-) (ウィニングリワード)
5. 28 沙田 スーパーウィンH 14 1.4(1人) 1着 D.ホワイト 58.5 芝1400m(重) 1:23.7(-.-) (スプリームクラス)
7. 2 沙田 シャティンマイルT 14 6 8 1.4(1人) 1着 D.ホワイト 56 芝1600m(良) 1:34.7(-.-) 0.0 (オールズウェル)
10. 29 沙田 HSBCプレミアボウル HKG-G3 14 10 9 10.5(3人) 4着 D.ホワイト 51.5 芝1200m(良) 1:08.3(-.-) 0.2 アブソリュートチャンピオン
11. 19 沙田 国際Mトライアル HKG-G2 11 1 9 2.75(1人) 1着 D.ホワイト 56 芝1600m(良) 1:34.0(-.-) ザデューク
12. 10 沙田 香港M G1 14 5 6 2.2(1人) 2着 D.ホワイト 57 芝1600m(良) 1:33.4(-.-) 0.0 ザデューク
2007 1. 28 沙田 スチュワーズC HKG-G1 13 4 5 2.15(1人) 1着 D.ホワイト 57 芝1600m(良) 1:34.1(-.-) ハロープリティ
3. 18 沙田 チェアマンズT HKG-G2 7 4 1 -.-(-人) 2着 D.ホワイト 57 芝1600m(良) 1:34.3(-.-) 0.1 グッドババ
2008 3. 16 沙田 クイーンズシルヴァージュビリーC HKG-G1 12 1 2 -.-(-人) 8着 D.ホワイト 57 芝1400m(良) 1:22.3(-.-) 1.0 グッドババ
4. 6 沙田 チェアマンズT HKG-G2 10 6 1 3.65(1人) 1着 D.ホワイト 56 芝1600m(良) 1:33.7(-.-) 0.0 (ジャックポットディライト)
4. 27 沙田 チャンピオンズM G1 10 7 1 2.1(1人) 2着 D.ホワイト 57 芝1600m(良) 1:33.7(-.-) 0.2 グッドババ
6. 8 東京 安田記念 GI 18 8 16 15.5(5人) 2着 D.ホワイト 58 芝1600m(良) 1:33.3 (34.8) 0.6 ウオッカ
11. 23 沙田 国際Sトライアル HKG-G2 12 1 10 7.6(5人) 5着 D.ホワイト 56 芝1200m(良) 1.08.44(-.-) 0.24 エンシューズド
12. 14 沙田 香港M G1 14 3 4 (1人) 6着 D.ホワイト 57 芝1600m(良) 1:33.31(-.-) 0.60 グッドババ

※競走成績は2008年12月14日現在。
※香港の地元グレード制競走については国際セリ名簿基準委員会における国際格付けではないためHKG-Gと表記した(競馬の競走格付けを参照)。

血統表編集

アルマダ血統ノーザンダンサー系 / アウトブリード (血統表の出典)

Towkay
1994 鹿毛
父の父
*ラストタイクーン
1983 黒鹿毛
*トライマイベスト Northern Dancer
Sex Appeal
Mill Princess Mill Reef
Irish Lass
父の母
Princess Tracy
1981
Ahonoora Lorenzaccio
Helen Nichols
Princess Ru Princely Gift
Chiru

Dance in Time
1990
Red Tempo
1979 栗毛
Mussorgsky Tudor Melody
Enticement
Poco Tempo Small Time
Plumage
母の母
My Ballerina
1981
*バルメリーノ Trictrac
Dulcie
My Elizabeth Copsale
Fairylike F-No.22-b


脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ [1]
  2. ^ JRAニュース「〔外〕アルマダ号の勝馬投票券における馬名表記」” (日本語). 日本中央競馬会 (2009年6月4日). 2009年6月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年11月23日閲覧。

外部リンク編集