アレクサンドル・アストリュック

アレクサンドル・アストリュック

アレクサンドル・アストリュックAlexandre Astruc1923年7月13日 - 2016年5月19日[1])は、フランス映画監督脚本家批評家作家。「カメラ=万年筆」論の提唱者として、およびヌーヴェルヴァーグの先駆的作品『恋ざんげ』の監督として知られる。

来歴・人物編集

フィルモグラフィ編集

書籍編集

編集

  1. ^ a b “A・アストリュック氏死去(フランスの映画監督、作家)”. 時事通信. (2016年5月20日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2016052000091&g=int 2016年5月24日閲覧。 
  2. ^ 独語版de:Alexandre Astruc、およびラ・ガゼット・デュ・シネマを参照。
  3. ^ Bazin & Cahiers 英語

外部リンク編集