アレクセイ・オレイニク (格闘家)

アレクセイ・オレイニクウクライナ語: Олексі́й Олі́йник, 英語: Aleksei Oleinik, 1977年6月25日 - )は、ウクライナ男性総合格闘家ハルキウ出身。アメリカ合衆国フロリダ州パークランド在住。

アレクセイ・オレイニク
Alexey Oleynik.jpg
基本情報
本名 アレクセイ・アレクセイオヴィチ・オレイニク
(Oleksiy Oleksiyovych Oliynyk)
通称 ザ・ボア・コンストリクター[1]
国籍 ロシアの旗 ロシア
 ウクライナ
生年月日 (1977-06-25) 1977年6月25日(44歳)
出身地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ウクライナ・ソビエト社会主義共和国の旗 ウクライナ・ソビエト社会主義共和国ハルキウ
居住 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国フロリダ州パークランド
所属 レッドデビル・スポーツクラブ
→K-Dojo Warrior Tribe
アメリカン・トップチーム
身長 188 cm
体重 110 kg
リーチ 207 cm
階級 ミドル級ライトヘビー級
ヘビー級
バックボーン コンバットサンボ (スポーツマスター)
柔術 (黒帯四段)
ブラジリアン柔術 (黒帯)
テンプレートを表示
獲得メダル
 ウクライナ
男子 コンバットサンボ
世界コンバットサンボ選手権
2005 モスクワ 90 kg超級
2010 キエフ 90 kg超級
ユーラシアサンボ選手権
2001 キエフ 90 kg超級

来歴編集

ソビエト社会主義共和国連邦ウクライナ・ソビエト社会主義共和国(のちのウクライナハルキウで生まれた。

幼少期から様々な格闘技に取り組み18歳までに柔道ボクシングサンボ忍術近接格闘術テコンドー柔術を習った[2]

1996年総合格闘技を始め1997年にプロデビュー[1]

2010年、Bellatorヘビー級トーナメントに参戦するも準決勝でニール・グローブにTKO負け。

2010年10月、世界コンバットサンボ連盟主催の世界コンバットサンボ選手権90 kg超級で優勝を果たした[3]

2013年11月9日、ロシアで行われたLEGEND.2でエメリヤーエンコ・アレキサンダーの代役としてミルコ・クロコップと対戦。1R袈裟固めの体勢からのヘッドロックで一本勝ち。

UFC編集

2014年6月28日、UFC初参戦となったUFC Fight Night: Swanson vs. Stephensアンソニー・ハミルトンと対戦し、袈裟固めで一本勝ち。

2014年11月22日、UFC Fight Night: Edgar vs. Swansonでジャレッド・ロシュルトと対戦。序盤は劣勢だったものの左フックで逆転KO勝ち[4]。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2014年12月30日、37歳でロシア国籍を取得した[5]

2016年12月、アメリカ合衆国フロリダ州に移住。

2017年1月15日、UFC Fight Night: Rodriguez vs. Pennでヴィクトル・ペスタと対戦し、マウントポジションを奪われるも下からの変形のエゼキエルチョーク(裸絞の一種ノーギ・エゼキエル・チョーク)で一本勝ち。UFC史上初のエゼキエルチョークでの勝利となり[6]、パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2017年7月8日、UFC 213: Romero vs. Whittakerでヘビー級ランキング9位のトラヴィス・ブラウンと対戦し、ネッククランクで一本勝ち。

2017年11月4日、UFC 217でヘビー級ランキング12位のカーティス・ブレイズと対戦。ブレイズが4点ポジションで誤って顔面に蹴りを放ち、そのままドクターストップでTKO負け。

2018年5月12日 、UFC 224でヘビー級ランキング14位のジュニオール・アルビニと対戦し、エゼキエルチョークを極めて一本勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2018年9月15日、UFC Fight Night: Hunt vs. Oliynykでヘビー級ランキング8位のマーク・ハントと対戦し、リアネイキドチョークで一本勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2019年4月20日、UFC Fight Night: Overeem vs. Oleinikでヘビー級ランキング7位のアリスター・オーフレイムと対戦し、TKO負け。

2019年7月20日、UFC on ESPN: dos Anjos vs. Edwardsでヘビー級ランキング14位のウォルト・ハリスと対戦し、TKO負け。

2020年1月18日、UFC 246でモーリス・グリーンと対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2020年5月9日、UFC 249で元王者ファブリシオ・ヴェウドゥムと対戦し、2-1の判定勝ち。

2020年8月8日、UFC Fight Night: Lewis vs. Oleinikでヘビー級ランキング4位のデリック・ルイスと対戦し、TKO負け。

戦績編集

総合格闘技 戦績
76 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
59 8 46 5 0 0 1
16 9 2 5 0

獲得タイトル編集

  • 世界コンバットサンボ選手権 90 kg超級 優勝(2005年)
  • KSW 8ヘビー級トーナメント優勝(2007年)
  • 世界コンバットサンボ選手権 90 kg超級 優勝(2010年)
  • グラップラーズ・クエスト スーパーウェイトトーナメント 優勝(2011年)

表彰編集


脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集