アレクセイ・キリチェンコ

アレクセイ・イラリオノヴィチ・キリチェンコ(ロシア語名: Алексе́й Илларио́нович Кириче́нко1908年2月12日-1975年12月28日)は、ソビエト連邦の政治家。ニキータ・フルシチョフ政権下の1957年から1960年までの間、ソ連共産党中央委員会第二書記を務めた。

アレクセイ・キリチェンコ
Алексе́й Кириче́нко
生年月日 1908年2月12日
出生地 ロシア帝国の旗 ロシア帝国ウクライナ ヘルソン
没年月日 (1975-12-28) 1975年12月28日(67歳没)
死没地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦モスクワ
所属政党 КПСС.svgソビエト連邦共産党

КПСС.svgソビエト連邦共産党
中央委員会第二書記
在任期間 1957年 - 1960年
中央委員会第一書記 ニキータ・フルシチョフ
テンプレートを表示

キリチェンコは、1908年2月12日ロシア帝国ウクライナの工場労働者の家に生まれた。11歳から畑で働き、それから鉄道で働くことによって生活のための収入を得始めた。機械学校を卒業した後、彼はソフホーズのエンジニアとしてカザフスタンで働く。その後、ウクライナに戻り、大学の学位(1936年)を取得し、農業工学を教えた。1930年以来の共産党員。主としてウクライナの党機構畑で活動し、1953年ウクライナ共産党第一書記、1955年ソ連共産党幹部会員、1957年書記局員となる。このような昇進にもかかわらず、1960年1月ロシア共和国ロストフ州第一書記に格下げされ、5月党幹部会解任、6月州第一書記を解任され、完全に失脚。

1975年12月28日に死去。67歳没。遺体はモスクワのノヴォデヴィチ墓地に埋葬された。

先代:
ミハイル・スースロフ
КПСС.svgソビエト連邦共産党第二書記
1957年 - 1960年
次代:
フロル・コズロフ