アレクセイ・スルタノフ

アレクセイ・ファイズルラエヴィチ・スルタノフ: Алексе́й Файзулла́евич Султа́нов,: Alexei Sultanov, 1969年8月7日タシケント - 2005年6月30日フォートワース)は、旧ソ連出身のウズベク人ピアニスト。

アレクセイ・ファイズルラエヴィチ・スルタノフ
生誕 (1969-08-07) 1969年8月7日
出身地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦ウズベク共和国タシケントアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
死没 (2005-06-30) 2005年6月30日(35歳没)
ジャンル クラシック音楽
職業 ピアニスト
担当楽器 ピアノ

出身 編集

が示すように、中央アジアの有力なムスリム首長の家系に生まれるが、両親はヨーロッパ文化になじんだプロの音楽家だった。4歳から地元でピアノを学び、後にモスクワで研鑚を積む。1985年チャイコフスキー・コンクールでは手の故障により第二次予選後の棄権を余儀なくされたが、1989年ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールでは優勝者となり、一躍その名を世界に知らしめた。その後、1995年ショパン国際ピアノコンクールで第二位を受賞して来日を果たし、東京ほかでリサイタルを行った。1999年のエリザベート国際音楽コンクール[1]、1998年のチャイコフスキー・コンクールに挑戦するが落選した。

1991年モスクワ音楽院時代の同窓生と結婚、その後に渡米しテキサス州に移住。2004年にアメリカ国籍取得。

晩年 編集

2001年に転倒による脳卒中の発作に倒れ[2]硬膜下血腫除去のために緊急手術を受ける。しかし、左半身麻痺によって演奏家生命は断たれ、長いリハビリ生活を続けるも、ついに舞台復帰はかなわなかった。2005年フォートワースの自宅にて死去、35歳。

脚注 編集

  1. ^ 1999年のピアノ 部門は、4月25日から5月29日まで、約5週間にわたって行われた。”. www.music.co.jp. MCJ. 2020年2月1日閲覧。
  2. ^ 吉澤ヴィルヘルム『ピアニストガイド』青弓社、印刷所・製本所厚徳所、2006年2月10日、65ページ、ISBN 4-7872-7208-X

外部リンク 編集