メインメニューを開く

アレックス・ラミレス・ジュニアAlex Ramirez Jr.1983年9月1日 - )は、アメリカ合衆国出身の元プロ野球選手投手)。

アレックス・ラミレス・ジュニア
Alex Ramirez Jr.
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 フロリダ州
生年月日 (1983-09-01) 1983年9月1日(36歳)
身長
体重
183 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 両投左打
ポジション 投手
プロ入り 2004年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

横浜DeNAベイスターズ監督のアレックス・ラミレスは義理の父。

来歴編集

2004年に義父のアレックス・ラミレスを頼って来日。練習生としてヤクルトの二軍の練習に参加した。同年末、残留交渉が難航したラミレスの契約の一環として、ジュニアとも選手契約が行われた。ラミレスが2005年からの3年契約の為、ジュニアも3年契約となった。

野球経験がないまま投手扱いで入団した。この当時は直球は130km/hに満たず、制球もままならなかった。当初は右投とされていたが、左でも投げられることが判明したため、投手をするときは左で投げるようになった。 2005年の春キャンプでは、2日目で太ももの張りを訴えてダウン。運動不足によるただの筋肉痛であった。3月18日、二軍の教育リーグ湘南シーレックス戦)で実戦初登板。1回を投げ3四球1失点という結果に終わっている。

2006年、二軍公式戦初登板を果たす(1/3回を投げ2失点)。同年の登板はこの1試合のみであり、防御率は54.0となった。一軍での出場は、なかった。

2007年、二軍戦ながら奪三振(石橋尚登から)も記録した。球速も130Km/hを超すようになるなど、それなりに成長はしていたが、ラミレスの退団に伴い同年11月30日付で自由契約となった。3年間の二軍の通算成績は3試合、0勝0敗、防御率10.80。

自由契約後は帰国し企業家を目指し勉強中であったが、2008年4月23日四国・九州アイランドリーグ高知ファイティングドッグスに入団。8月17日付で、本人の申し出により退団した。在籍中の成績は6試合に登板し、22イニングを投げて1勝2敗、防御率6.95であった。

帰国後2008年12月に結婚。2009年に休学していた大学へ復学しビジネスの勉強中とのこと[1]。2010年4月、長男のD・J・ラミレスが誕生。

人物編集

アレックス・ラミレスの結婚相手の連れ子で、血縁関係は無い。日本プロ野球で父子での同一チーム所属は極めて異例の事であった。メジャーリーグでは、1990年から翌年にかけてシアトル・マリナーズケン・グリフィー・シニアケン・グリフィー・ジュニアの親子がチームメイトとして在籍し、話題になったことがある。

前述の通り、ヤクルトとの契約は戦力として計算したものではなかった。ポジションも投手扱いではあったが、場合によっては内野手二塁手)を守るという話もあった。その場合、左投では支障が出るため、野手で出場の場合は右投で出場することになっていた。しかし内野の経験がある訳ではなく、野球に関してはまったくの素人であった。

詳細情報編集

年度別投手成績編集

  • 一軍公式戦出場なし

背番号編集

  • 49 (2005年 - 2007年)
  • 5 (2008年)

脚注編集

  1. ^ 『ラミ流』(アレックス・ラミレス著、中央公論新社2009年)p.87

関連項目編集

外部リンク編集