アレッサンドラ・パナーロ

アレッサンドラ・パナーロイタリア語: Alessandra Panaro1939年12月14日 - 2019年5月1日)は、イタリア映画女優ルキノ・ヴィスコンティによる『若者のすべて』(1960年公開)などに出演し、1950年代後半から1960年代前半にかけて活躍した。

アレッサンドラ・パナーロ
Alessandra Panaro 59.JPG
19歳のアレッサンドラ・パナーロ(1959年9月)
生誕 (1939-12-14) 1939年12月14日
イタリア王国の旗 イタリア王国
ローマ
死没 2019年5月1日(2019-05-01)(79歳)
スイスの旗 スイス
ジュネーヴ
活動期間 1954年–2016年

経歴編集

パナーロは、1939年12月14日ローマの裕福な家庭に生まれた。テレーザ・フランキーニ英語版の下で演技を学び[1]、16歳となる1954年に女優デビュー。1956年に製作されたディーノ・リージ監督作品『貧しいが美しい男たち』にて一躍有名となり、以降はロマンティック・コメディ作品を中心に活躍した[1]翌年から2年ほど、『貧しいが美しい男たち』で共演したロレッラ・デ・ルーカ英語版とともに、イタリア放送協会製作のテレビ番組『イル・ムジキエーレ英語版』に出演し、司会のマリオ・リーヴァ英語版を支え続けた[1]

パナーロは、イタリア系エジプト人の銀行家であるジーン=ピエーレ・サベットと結婚したが、彼とは1983年に死別している。1992年には俳優ジャンカルロ・スブラジア英語版と再婚したが、彼とも1994年に死別した[1]

2019年5月1日に、スイスジュネーヴにある自宅で死去[2]

主な出演作品編集

脚注編集

  1. ^ a b c d Enrico Lancia, Roberto Poppi. Dizionario del cinema italiano, Le Attrici. Gremese Editore, 2003. ISBN 888440214X 
  2. ^ È morta Alessandra Panaro, star di 'Poveri ma belli'”. La Repubblica (2019年5月2日). 2019年5月2日閲覧。
  3. ^ バッカスの狂宴”. 映画.com. 2019年5月6日閲覧。
  4. ^ 新・海賊ブラッド”. 映画.com. 2019年5月6日閲覧。
  5. ^ ガスコンの三銃士”. 映画.com. 2019年5月6日閲覧。
  6. ^ 白い巨像”. 映画.com. 2019年5月6日閲覧。

外部リンク編集