アレン・バサースト (初代バサースト伯爵)

ゴドフリー・ネラーによる肖像画

初代バサースト伯爵アレン・バサースト英語: Allen Bathurst, 1st Earl Bathurst PC1684年11月16日1775年9月16日)は、イギリスの政治家、貴族。トーリー党所属。1712年から1772年までバサースト男爵の称号を使用した。

生涯編集

サー・ベンジャミン・バサースト英語版(1639年頃 – 1704年)とフランシス・アプスリー英語版(1653年 – 1727年、アレン・アプスリー英語版の娘)の息子として、1684年11月16日にセント・ジェームズ・スクエア英語版で生まれた[1]。家庭教師アベル・ボイヤー英語版の教育を受けた後[2]、1700年5月13日、オックスフォード大学トリニティ・カレッジに入学した[3]

1705年イングランド総選挙サイレンセスター選挙区英語版から出馬して当選、1708年1710年の総選挙で再選した[2]。議会ではトーリー党に属し、ヘンリー・サシェヴェレル英語版の弾劾にも反対した[2]。1712年1月1日、グレートブリテン貴族であるベッドフォードシャーにおけるバトルズデンのバサースト男爵に叙された[1]貴族院が講和条約を可決するよう保障するために叙爵された12人の1人だった[2]

1714年にアン女王が死去してジョージ1世が即位すると、新政権入りを目指したが、ジョージ1世にトーリー党員を任命する意思がないことが明らかになると、ジャコバイトに転じ、ジェームズ老僭王に資金援助をするようになり、また貴族院で与党に反対し続けた[2]

1719年、王立音楽アカデミー社英語版に出資した[4]。また、1739年に創設された捨子養育院英語版の初代総裁の1人だった[5]

ロバート・ウォルポール政権に反対したためか、1742年にウォルポールが首相を辞任すると、バサーストは同年7月13日に枢密顧問官に任命され、さらに同年から1744年まで恩給紳士隊隊長を務めた[1]。続くヘンリー・ペラム政権期では王太子フレデリック・ルイス(1751年没)の党派に入り、その死後は王太孫ジョージの党派に入った[2]。しかし、その見返りは遅く、バサーストは王太孫ジョージがジョージ3世として即位した直後に2,000ポンドの年金を与えられたほか[6]、1772年8月27日にようやくサセックスにおけるバサーストのバサースト伯爵に叙された[1]。このとき、バサーストはすでに88歳という高齢であった[1]

1775年9月16日にサイレンセスターで死去、同地で埋葬された[1]。息子ですでにアプスリー男爵に叙されていたヘンリーが爵位を継承した[1]。死後に残された手紙はジャコバイトに関与した証拠を隠滅するために燃やされた[2]

人物編集

趣のあり、ウィットに富む人物で、アレキサンダー・ポープジョゼフ・アディソンの友人だったという[1]。ポープは『道徳論集英語版』の3作目をバサーストの献呈した[6]

家族編集

1704年7月6日、キャサリン・アプスリー(Catherine Apsley、1688年7月6日洗礼 – 1768年6月8日、サー・ピーター・アプスリーの娘)と結婚[1]、4男5女をもうけた[7]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i Cokayne, George Edward; Gibbs, Vicary, eds. (1912). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (Bass to Canning) (英語). 2 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press, Ltd. pp. 28–29.
  2. ^ a b c d e f g Watson, Paula; Hanham, Andrew A. (2002). "BATHURST, Allen (1684-1775), of Oakley Park, nr. Cirencester, Glos.". In Hayton, David; Cruickshanks, Eveline; Handley, Stuart. The House of Commons 1690-1715 (英語). The History of Parliament Trust. 20 October 2019閲覧.
  3. ^ Foster, Joseph, ed. (1891). Barrowby-Benn. Alumni Oxonienses 1500-1714 (英語). Oxford: University of Oxford. pp. 79–105.
  4. ^ Milthous, Judith; Hume, Robert D (January 1986). "The Charter for the Royal Academy of Music". Music and Letters (英語). 67 (1): 51. doi:10.1093/ml/67.1.50.
  5. ^ A Copy of the Royal Charter Establishing an Hospital for the Maintenance and Education of Exposed and Deserted Young Children (英語). p. 5.
  6. ^ a b Courtney, William Prideaux (1885). "Bathurst, Allen" . In Stephen, Leslie. Dictionary of National Biography (英語). 3. London: Smith, Elder & Co. pp. 406–407.
  7. ^ "Bathurst, Earl (GB, 1772)". Cracroft's Peerage (英語). 3 July 2019. 20 October 2019閲覧.
  8. ^ Drummond, Mary M. (1964). "WHITSHED, James (b. c.1716), of Hampton Court, Mdx.". In Namier, Sir Lewis; Brooke, John. The House of Commons 1754-1790 (英語). The History of Parliament Trust. 20 October 2019閲覧.
イングランド議会 (en
先代:
チャールズ・コックス英語版
ウィリアム・マスター
庶民院議員(サイレンセスター選挙区英語版選出
1705年 – 1707年
同職:ヘンリー・アイアトン英語版
次代:
グレートブリテン議会
グレートブリテン議会英語版
先代:
イングランド議会
庶民院議員(サイレンセスター選挙区英語版選出
1707年 – 1712年
同職:ヘンリー・アイアトン英語版 1707年 – 1708年
チャールズ・コックス英語版 1708年 – 1712年
次代:
チャールズ・コックス英語版
ベンジャミン・バサースト英語版
公職
先代:
ボルトン公爵
恩給紳士隊隊長
1742年 – 1744年
次代:
ホバート男爵
グレートブリテンの爵位
爵位創設 バサースト伯爵
1772年 – 1775年
次代:
ヘンリー・バサースト
バサースト男爵
1712年 – 1775年