ジョン・ホバート (初代バッキンガムシャー伯爵)

初代バッキンガムシャー伯爵ジョン・ホバート英語: John Hobart, 1st Earl of Buckinghamshire KB PC1693年10月11日 - 1756年9月22日)は、グレートブリテン貴族

第4代準男爵サーヘンリー・ホバートの息子で、1699年に父が決闘で死去すると、準男爵を継承した[1]。1728年にホバート男爵に叙され、1746年にバッキンガムシャー伯爵に陞爵したが、その背景には姉にあたるサフォーク伯爵夫人ヘンリエッタ・ハワードが国王ジョージ2世愛妾だったという事情があったとされる[1]

1715年から1727年までセント・アイヴス選挙区英語版庶民院議員を、1727年から1728年まではノーフォーク選挙区英語版の庶民院議員を務めた[1]

脚注編集

  1. ^ a b c Williams, James (1891). "Hobart, John (1694?-1756)" . In Lee, Sidney (ed.). Dictionary of National Biography (英語). 27. London: Smith, Elder & Co. pp. 31–32.
グレートブリテン議会英語版
先代:
サー・ウィリアム・ペンダーヴス
ジョン・ホプキンス英語版
庶民院議員(セント・アイヴス選挙区
1715年 – 1727年
同職:ハリー・ポーレット卿 1715年 – 1722年
ヘンリー・ノウリズ英語版 1722年 – 1727年
次代:
ヘンリー・ノウリズ英語版
サー・ロバート・リッチ英語版
先代:
トマス・デ・グレイ英語版
トマス・コーク
庶民院議員(ノーフォーク選挙区
1727年 – 1728年
次代:
ハーボード・ハーボード英語版
サー・エドマンド・ベーコン準男爵英語版
公職
先代:
チャールズ・スタンホープ
国王私室財務官英語版
1727年 – 1744年
次代:
サー・ジョン・ハインド・コットン準男爵
名誉職
先代:
ヤーマス伯爵
ノーフォーク副提督
1719年 – 1756年
次代:
オーフォード伯爵
先代:
タウンゼンド子爵
ノーフォーク知事
1739年 – 1756年
先代:
バサースト男爵
恩給紳士隊隊長
1744年 – 1756年
次代:
ストラットンのバークリー男爵
グレートブリテンの爵位
爵位創設 バッキンガムシャー伯爵
1746年 – 1756年
次代:
ジョン・ホバート
ホバート男爵
1728年 – 1756年
先代:
ヘンリー・ホバート英語版
イントウッドの準男爵
1698年 – 1756年
次代:
ジョン・ホバート