メインメニューを開く

アンソニー・ラップ

アンソニー・ディーン・ラップAnthony Deane Rapp [1] 1971年10月26日 - )は、アメリカ合衆国の舞台および映画に出演する俳優、歌手。1996年、ブロードウェイミュージカルレント』、およびその映画化『レント』のマーク・コウエン役で知られる。

アンソニー・ラップ
Anthony Rapp
Anthony Rapp
2006年撮影
本名 Anthony Deane Rapp
生年月日 (1971-10-26) 1971年10月26日(47歳)
出生地 イリノイ州ジョリエット
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル 俳優
舞台俳優
活動期間 1981年 - 現在

目次

来歴編集

 
2009年、『レント』公演後ファンと話すラップ

1971年イリノイ州ジョリエット生まれ。幼い頃に両親が離婚し、看護師だった母親に育てられる[2]。子役としてキャリアをスタートさせ、舞台版『オリバー!』などに出演したこともあり、1981年アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの『星の王子さま』を基にしたミュージカル『The Little Prince and the Aviator 』でブロードウェイ・デビューしたがプレビュー公演で閉幕した。[2]。地元の高校を卒業後、ニューヨーク大学で学び[2]1987年クリス・コロンバス監督、エリザベス・シュー主演のコメディ映画ベビーシッター・アドベンチャー』で映画デビューした。コロンバスはのちにラップが主演する映画『レント』で監督をすることになる。

デビュー以降は様々なテレビドラマや映画などへ出演し、順調にキャリアを築いている。2001年にはロン・ハワード監督とジェニファー・コネリーがそれぞれアカデミー賞を獲得したラッセル・クロウ主演で数学者のジョン・ナッシュを描いたドラマ映画ビューティフル・マインド』では、クロウ演じるナッシュの同窓生兼同僚を演じて印象を残した。

オフ・ブロードウェイおよびブロードウェイでジョナサン・ラーソンのミュージカル『レント』のマーク・コウエン役オリジナル・キャストに配役された。オーディションではR.E.M.の『Losing My Religion 』を歌い、1994年9月に再度呼ばれた[3]。ラップがマーク役に決まると、ラーソンはラップの声を思い浮かべながら新曲を作曲した[4]。2005年11月23日公開の映画『レント』にて同じ役を再演した。

2007年7月30日から6週間公演にて、同じくオリジナル・キャストのアダム・パスカルと共に『レント』に再び出演した[5]。結局10月7日までラップとパスカルはブロードウェイのネダーランダー劇場に出演し続けた[6]

2009年1月6日、ラップとパスカルはオリジナル・キャストのグウェン・スチュワートと共に『レント』全米ツアーに出演した[7][8]

2013年、『レント』で共演したイディナ・メンゼル主演のミュージカル『If/Then 』に出演しルーカス役を演じた。

2017年10月29日、14歳の時に舞台で共演したケビン・スペイシーにセクシャル・ハラスメントを受けたと告白した[9][10]

出演作品編集

映画編集

  • ベビーシッター・アドベンチャー Adventures in Babysitting (1987)
  • ネバダ・ミステリー 静けさは危険な香り Far from Home (1989)
  • Grave Secrets (1989)
  • Sky High (1990) ※テレビ映画
  • 青春の輝き School Ties (1992)
  • バッド・チューニング Dazed and Confused (1993)
  • 私に近い6人の他人 Six Degrees of Separation (1993)
  • Assault at West Point: The Court-Martial of Johnson Whittaker (1994)
  • ツイスター Twister (1996)
  • The Mantis Murder (1996)
  • David Searching (1997)
  • Man of the Century (1999)
  • The Beach Boys: An American Family (2000) ※テレビ映画
  • ロード・トリップ Road Trip (2000)
  • ビューティフル・マインド A Beautiful Mind (2001)
  • オープンハウス Open House (2004)
  • Winter Passing (2005)
  • レント Rent (2005)
  • Danny Roane: First Time Director (2006)
  • Blackbird (2007)
  • Scaring the Fish (2008)
  • 水曜日のエミリア Love and Other Impossible Pursuits (2009)
  • Junction (2012)

テレビドラマ編集

自伝編集

主な受賞歴編集

  • 1996年、ミュージカル『レント』 - オビー賞Special Citatons受賞
  • 2005年、映画『レント』 - 放送映画批評家協会賞楽曲パフォーマンス賞ノミネート、アンサンブル演技賞ノミネート。OFTA映画賞映画化賞ノミネート。

参照編集

  1. ^ Twitter / Anthony Rapp: Someone was messing with m”. Twitter.com (2009年11月29日). 2012年3月6日閲覧。
  2. ^ a b c Anthony Rapp Biography”. 2014年8月23日閲覧。
  3. ^ Rapp, Anthony (2006). Without You: A Memoir of Love, Loss, and the Musical Rent. New York: Simon & Schuster. p. 309. ISBN 0-7432-6976-4. 
  4. ^ Rapp, Anthony (2006). Without You: A Memoir of Love, Loss, and the Musical Rent. Simon & Schuster. ISBN 978-0743269773. 
  5. ^ Brian Scott Lipton (2007年8月21日). “Pascal and Rapp Extend Rent Engagement Until October 7”. TheaterMania. http://www.theatermania.com/content/news.cfm/story/10675 2008年6月11日閲覧。 
  6. ^ Kenneth Jones; Robert Simonson (2007年8月21日). “Pascal and Rapp, Bohemian Heroes for a New Generation of Rent-Heads, Extend to Oct. 7”. Playbill. http://www.playbill.com/news/article/110462.html 2008年6月11日閲覧。 
  7. ^ Kenneth Jones (2008年2月28日). “Playbill News: Pascal and Rapp Will Tour in Rent in 2009”. Playbill. http://www.playbill.com/news/article/115471.html 2008年6月11日閲覧。 
  8. ^ Rent tour schedule
  9. ^ “'Star Trek' Star Claims Kevin Spacey Made a Pass at Him at Age 14”. The Hollywood Reporter (Los Angeles). (2017年10月29日). http://www.hollywoodreporter.com/news/star-trek-star-claims-kevin-spacey-made-a-pass-at-him-at-age-14-1052828 2017年10月29日閲覧。 
  10. ^ Felman, Kate (2017年10月29日). “Anthony Rapp accuses Kevin Spacey of trying to seduce him when he was 14”. New York Daily News (New York). http://www.nydailynews.com/entertainment/anthony-rapp-claims-kevin-spacey-seduce-14-article-1.3598031 2017年10月29日閲覧。 

外部リンク編集