メインメニューを開く

『スタートレック:ディスカバリー』(: Star Trek: Discovery、略称 DISおよびDSC)はCBS All AccessによるアメリカSFドラマシリーズであり、スタートレックシリーズ第6作である。

Star Trek: Discovery
Star Trek Discovery logo.svg
原作 ジーン・ロッデンベリー
スタートレック
原案
出演者
作曲 Jeff Russo
Alexander Courage
国・地域 アメリカ合衆国
言語 英語
シーズン数 2
話数 29(各話リスト)
製作総指揮
  • アレックス・カーツマン
  • ブライアン・フラー
  • ヘザー・ケイディン[1]
  • グレッチェン・J・バーグ
  • アーロン・ハーバーツ
  • ロッド・ロッデンベリー
  • トレバー・ロス[2]
  • デイビッド・セメル
  • アキヴァ・ゴールズマン
プロデューサー
撮影地 トロント
撮影監督 ギレルモ・ナヴァロ
Colin Hoult
製作
  • CBS Television Studios
  • Secret Hideout
  • Living Dead Guy Productions
  • Roddenberry Entertainment[3]
配給 CBS Television Distribution
製作費 $8-8.5 million per episode[4]
放送
放送チャンネル
放送期間 2017年9月24日 (2017-09-24) - 現在
Star Trek: Discovery - CBS.com
番組年表
前作 スタートレック:エンタープライズ
関連番組 スタートレック

目次

概要編集

2005年に終了した『スタートレック:エンタープライズ』以降12年ぶり、6作目のドラマシリーズであり、宇宙船を舞台としながら船長以外を主人公とする初のスタートレックシリーズである。ソネクア・マーティン=グリーンが主演を務め、黒人女性が主演する初のシリーズでもある。第1作である『宇宙大作戦』の約10年前に時代が設定されており、2009年から始まった映画版シリーズのケルヴィン・タイムラインとは異なり、プライム・タイムライン(=テレビドラマシリーズおよび2002年以前の映画版シリーズの時間軸)に沿っている。

シーズン1の第1話のみはCBS All Accessで配信される前にCBSで放送された。15話からなるシーズン1は2017年9月24日から初週は2話、以降は週に1話ずつ配信された。シーズン1は2部構成となっており、9話からなる第1部は2017年11月12日までに配信され、6話からなる第2部は2018年1月7日から2月11日にかけて配信された。2017年10月23日には14話からなるシーズン2の制作が発表され[5]、2019年1月17日より配信された。2019年2月27日に、シーズン3の製作が発表された。なお、アメリカとカナダ以外では、Netflixの独占配信となっている[6]

日本語吹替版の監修は、角川スニーカー文庫で刊行された『スタートレック:ディープ・スペース・ナイン』のノベライズを翻訳した丹羽正之が担当している。また、Netflix配信の字幕では、実在の言語に加えてクリンゴン語が選択できるようになっている。

登場人物編集

U.S.S.ディスカバリーNCC-1031編集

クロスフィールド級宇宙艦。全長750.5メートル[7]。リング状の円盤部と三角形の第2船体、金色の塗装が特徴。300もの科学実験を同時に行える科学艦で、特に「活性マイセリウム胞子転移ドライブ」というトランスワープ技術の実験・運用を行っている。

  • マイケル・バーナムソネクア・マーティン=グリーン) / 日本語吹替 - よのひかり - 当初の階級は中佐で、U.S.S.シェンジョウNCC-1227の副長である。幼少期に両親を戦闘種族クリンゴン人に殺害されて孤児となり、バルカン人サレク大使に引き取られ、スポックの義理の姉となる。バルカン学習センターおよび科学アカデミーを卒業した初の地球人で、地球人の熱さとバルカン人の冷静さを併せ持つ。1、2話においてクリンゴン帝国との紛争の引鉄を引いたとして反逆罪に問われ、階級を剥奪された上で終身刑を宣告される。囚人護送中にU.S.S.ディスカバリーのガブリエル・ロルカ船長の目にとまり、戦時徴用されて同船に科学専門官として乗務。その後クリンゴン帝国の惑星連邦侵攻を食い止めた功績を評価され、15話で恩赦を受け中佐に復帰する。鏡像宇宙ではI.S.S.シェンジョウの前船長でテラン帝国のフィリッパ・ジョージャウ皇帝の養女。
  • ガブリエル・ロルカ (S1)(ジェイソン・アイザックス) / 日本語吹替 - 咲野俊介 -大佐。2256年、U.S.S.ディスカバリーの初登場時の船長。天才的な戦術家であり、微妙に南部訛りがある。私室には多くの生物の標本を飾る。強い光に弱い光過敏症であるが、船長を務めたU.S.S.ブランを失った思い出だとして治療を避ける。実は鏡像宇宙出身であり、そこではジョージャウ皇帝に反旗を翻す反逆者である。鏡像宇宙で皇帝に近づくために養女であるマイケルを利用する。鏡像宇宙で反乱を起こすも皇帝に殺される。
  • クリストファー・パイク (S2) (アンソン・マウント) /日本語吹替 - てらそままさき- 大佐。ジョージャウ船長に次いでU.S.S.ディスカバリーの船長となる。U.S.S.エンタープライズNCC-1701の船長(カーク船長の前任)であったが、艦隊司令部からの特別指令を受けて、機能不全に陥ったU.S.S.エンタープライズからU.S.S.ディスカバリーの指揮官に転任する。カーク船長に通ずる行動力がある有能なリーダーで、ユーモアのある台詞を好む真面目で責任感がある人物。艦隊司令部からの信頼は厚い。
  • サルー(ダグ・ジョーンズ) / 日本語吹替 - 桐本拓哉- 中佐。当初U.S.S.シェンジョウでマイケルの同僚。後にU.S.S.ディスカバリー副長。技術的には後進的なケルピアン人でカミナー星の出身。ワープ技術を持つ捕食種族バウル人の通信機を盗んで発信したことで連邦の注意を惹き、当時大尉であったフィリッパ・ジョージャウに「艦隊の誓い」を厳守することを条件に艦隊にスカウトされる。ケルピアン人は被捕食種族であり、強い警戒心と死の到来を感知するリスク神経を備える。ヴァハライと呼ばれる死期を過ぎた後はリスク神経を失い断端になる。プロデューサーによれば「スポックやデータに相当するキャラクター」とされている。鏡像宇宙ではI.S.S.シェンジョウ船上の名もない奴隷。
  • ポール・スタメッツ(アンソニー・ラップ) / 日本語吹替 - 川中子雅人 - 大尉→少佐(15話)。同性愛者。宇宙菌類学者の科学士官で、U.S.S.ディスカバリー固有の移動手段である胞子転移ドライブを研究する。クマムシの遺伝子を自らに注射して胞子ドライブを制御できるようになり、タイムループの影響を受けない存在になる。機関主任であるが、機械よりも生物学のほうに明るい研究者肌。名前のモデルは、実在の真菌学者ポール・スタメッツ英語版。鏡像宇宙では皇帝旗艦(宮廷艦)乗務。
  • シルビア・ティリー(メアリー・ワイズマン英語版) / 日本語吹替 - 坂井恭子 - 士官候補生→少尉(15話)。バーナムと同室の乗組員。宇宙艦隊アカデミー最終学年の士官候補生で、船長を目指す指揮官育成カリキュラムを実地のU.S.S.ディスカバリーで受けている。若く有能であるがおしゃべりで、経験不足がゆえに精神力が弱い。鏡像宇宙ではI.S.S.ディスカバリーの船長で、「キリー(殺し屋)船長」の異名を持つ。
  • アッシュ・タイラー(シャザド・ラティフ英語版) / 日本語吹替 - 加瀬康之 - 大尉。クリンゴン艦に囚われていたが、ロルカ船長と共に脱出し、U.S.S.ディスカバリーの保安主任に任命される。ロルカの信頼を得、バーナムとも恋仲になるが、その正体は過激な整形手術と本物のアッシュ・タイラー大尉の記憶・精神の移植を受けたクリンゴン人のヴォクであると判明する。クリンゴン母星クロノスに戻り、帝国総裁となったルレルを支えるが、ルレルとの間に生まれた子を政争から守るために死を装って脱出する。その後は惑星連邦の秘密組織・セクション31の一員となり、連絡員としてU.S.S.ディスカバリーに乗船する。セクション31との戦いでは離脱してクリンゴン艦隊を率いて戻り、ディスカバリーを守る。
  • ランドリー (S1)(レッカ・シャルマ)/ 日本語吹替 - 藤貴子- 中佐。当初は保安部長。巨大クマムシ型生物に襲われ死亡。鏡像宇宙では反逆者の一員。
  • ヒュー・カルバー(ウィルソン・クルーズ英語版) / 日本語吹替 - 奈良徹 - 医療部長で、スタメッツの恋人。クリンゴン人の記憶が蘇り錯乱したアッシュ・タイラー大尉に脛骨を折られて死亡する。しかしスタメッツの介在によりマイセリウム胞子網内に複製が再生されており、救出されてU.S.S.ディスカバリーに戻る。復活したものの、再生された古傷もない新しい体に違和感を覚え、交友関係に悩む。
  • ジェット・リノ中佐 (S2) (ティグ・ノタロ英語版) / 日本語吹替 - 浅野まゆみ - 小惑星に不時着した医療船ハイアワサの機関部員であったが、U.S.S.ディスカバリーに救助され、スタメッツと共に機関部勤務。直感的な機転が利く、有能なエンジニア。
  • エアリアム少佐 (S1-S2) (Sara Mitich,Hannah Cheesman) / 日本語吹替 - 大津愛理- かつて地球人女性であったサイボーグで科学士官。セクション31のAI"コントロール"が送り込んだウイルスに体の制御を奪われて敵対行動をとり、ナーン中佐にエアロックから排出されて死亡する。
  • ケイラ・デトマー大尉(Emily Coutts) / 日本語吹替- 清水はる香- 操舵主任の女性。ドイツ出身。サルー中佐と同じくU.S.S.シェンジョウからの転任。クリンゴンとの交戦時に負傷し、左目まわりが義眼インプラントとなっている。当初はバーナムに不信感を抱いている様子であったが、再び信頼を寄せるようになる。
  • ジョアン・オオセクン大尉 (Oyin Oladejo) / 日本語吹替-品田美穂- オペレーター(シールドや艦内システムを取り仕切る役職)主任の女性。
  • ナーン中佐 (S2) (Rachael Ancheril) - バーザン人の保安部長。パイクと共に転任してくる前はU.S.S.エンタープライズの機関部員。ジョージャウ大佐に引けをとらない勇敢な女性。
  • トレイシー・ポラード(レイヴン・ダウーダ) - カルバーの後任で医療部長に就任したドクター。地球人女性。中尉。

U.S.S.シェンジョウNCC-1227編集

ウォーカー級宇宙艦。全長423メートル[7]。24世紀のアキラ級宇宙艦に似た船体構造の艦だが、ディフレクター盤やワープフィールドグリルの発光がピンク色で、かつブリッジが最下層デッキにあるのが最大の特徴。

  • フィリッパ・ジョージャウ (S1)(ミシェール・ヨー) / 日本語吹替 - 塩田朋子 - U.S.S.シェンジョウ船長。階級は大佐。バーナムの保護者的上官だったが、クリンゴン人のトゥクヴマとの白兵戦において死亡する。
  • フィリッパ・ジョージャウ(鏡像宇宙) - テラン帝国皇帝でバーナム(鏡像宇宙)の養母。帝国を失いバーナムに救出される形で惑星連邦の宇宙にやってくる。ジョージャウ船長の機転のよさと行動力はそのままに、帝王学を身に付けた冷酷で屈強な人物である。鏡像宇宙ではクリンゴン母星・クロノスやタロス4号星を滅ぼしている。世界は違えどバーナムに対しては理解と愛情があり、彼女を無条件に支援する場面も多い。彼女らの関係は『スタートレック:ヴォイジャー』のジェインウェイ艦長とセブンオブナインをどこか彷彿させる。反乱から逃げて連邦の宇宙にやってきたジョージャウはロルカに代わるU.S.S.ディスカバリーの船長となり、クリンゴン帝国に圧され壊滅の危機に瀕した惑星連邦に手を貸し、バーナムと共にクリンゴン帝国との紛争を終わらせる。その後セクション31の一員となるが、バーナムらを支援し、"コントロール"のナノボットで支配されたリーランド指揮官と戦ってこれを倒す。
  • ドクター・ナンブー (S1) (モーリク・パンチョリー[8]) - 船医。
  • コナー (S1) (サム・バーソロミオス[9]) - アカデミーを卒業したばかりの新任士官。少尉。鏡像宇宙ではマイケルの後任のI.S.S.シェンジョウ船長。

クリンゴン編集

  • ヴォク - トゥクヴマの部下。家系を重視するクリンゴン社会において「家無し」かつアルビノであるため社会的地位、人望が皆無。トゥクヴマの信頼を得た後、彼の死後後継者に指名されるが、コルに地位を乗っ取られる。鏡像宇宙では反帝国軍指導者ファイアウルフ。
  • コル(ケネス・ミッチェル) - クリンゴンの指揮官。クリンゴン帝国24の名家の1つコールの家に属する。トゥクヴマ亡き後、彼の残した遮蔽装置を搭載した船と彼の部下たちを自らの配下に収める。『宇宙大作戦』のコール司令官とは同じ家系の出身にあたる。
  • トゥクヴマ (S1)(クリス・オビ) - 内部分裂した帝国の統一を図るクリンゴン人の指導者。連星系での戦いの後、船に乗り込んできたジョージャウとバーナムとの白兵戦の末にジョージャウを殺害するが直後にバーナムによって射殺される。死の間際、ヴォクを後継者に指名する。
  • ルレル(メリー・チーフォ) / 日本語吹替- 品田美穂 - クリンゴン艦の戦闘指揮官。トゥクヴマ家とモカイ家の両方に属する女性。政争で追いつめられ、一時は惑星連邦の捕虜となる。後にはクロノスを爆破する起爆装置をマイケルに渡されたことで帝国総裁となり、ヴォクとの間に密かに子をもうける。セクション31艦隊との戦いではタイラーとともにクリンゴン艦隊を率いて援軍に駆けつけてディスカバリーを守る。

惑星連邦編集

その他編集

  • ハリー・マッド (S1)(レイン・ウィルソン)-詐欺師。債権者に追われてクリンゴン領に逃げ囚人となる(オリジナルシリーズ『宇宙大作戦』にも登場)。
  • ヴィーナ (S2) (メリッサ・ジョージ) - 不時着以来肉体的な損傷を負いながらタロス4号星に住む地球人女性。タロス人の力で若く美しい幻影を維持し、かつてクリストファー・パイクの救助を辞退した(宇宙大作戦、『歪んだ楽園』)。
  • ポー (S2) (Yadira Guevara-Prip) - ザヒア人の女王にして天才技術者。ティリーの友人。

あらすじ編集

シーズン1のあらすじ編集

第1部編集

2256年、バルカン人サレクに育てられたマイケル・バーナム惑星連邦のU.S.S.シェンジョウに副長として勤務中に、クリンゴン帝国との戦争を引き起こす。ジョージャウ船長に反抗してバルカン人の流儀で収拾しようとしてクリンゴン人の英雄を殺すが、敬愛する船長を死なせてしまう。戦争は拡大し、マイケルは反乱罪で終身刑に服す。U.S.S.ディスカバリーのロルカ船長は瞬間移動を可能にする胞子ドライブ開発に手こずり、マイケルの能力を買って戦時徴用し、マイケルは科学士官スタメッツ大尉と協力して胞子ドライブをてなずける。マイケルは、シェンジョウ乗員だった副長ケルピアン人サルーなど、乗員の白い目にさらされながらも次第に溶け込み、士官候補生ティリーと友人になり、クリンゴンの捕虜だったタイラー大尉とは恋人になる。クリンゴン帝国は遮蔽技術により各所で惑星連邦を破り、胞子ドライブは最後の希望となる。

第2部編集

ロルカの企みでディスカバリーは鏡像宇宙に飛ばされる。ここでは人類のテラン帝国が他種族を支配し、ヴァルカン、クリンゴンらの反帝国軍が抵抗する。ロルカの正体は鏡像宇宙の帝国内の反逆者であり、ジョージャウ皇帝を廃してとってかわり、元の宇宙の惑星連邦をも支配しようとする。タイラーはカルバー医療部長を殺し、その正体は人間に改造されたクリンゴン人であることが分かる。マイケルはディスカバリー乗員と協力して帝国の胞子ネットワーク乱用による危機を回避し、ジョージャウ皇帝を連れて元の宇宙に戻る。

元の宇宙では9カ月が経過し、惑星連邦はクリンゴンに敗北しつつある。惑星連邦は鏡像宇宙でクリンゴンを倒した経験のあるジョージャウ皇帝をディスカバリー船長とし、クリンゴン人の母星クロノスを破壊しようとするが、惑星連邦の理念を尊重するマイケルが阻止する。マイケルは捕虜としていたクリンゴン人ルレルに起爆装置を渡して帝国を統一させ休戦を実現する。マイケルは恩赦を受けて中佐に復帰する。その後、サルーを臨時船長としたディスカバリーはサレク大使をヴァルカン星へ送る途中、クリストファー・パイク船長率いるUSSエンタープライズから救難信号を受信する。

シーズン2のあらすじ編集

2257年、惑星連邦は謎の7つの信号源を探索する。探索中に損傷したエンタープライズ号からクリストファー・パイク船長がU.S.S.ディスカバリー船長に転任する。パイク船長に仕えていたマイケルの義理の弟スポックは以前から信号源を予見しており、精神に異常をきたし殺人を犯した末に失踪したとされてお尋ね者となる。信号源とスポックを探すディスカバリーは、瀕死の球体から膨大なデータを入手し、地球人やケルピアン人を救い、たびたび赤い天使のごとき存在に遭遇する。タイラーはクリンゴン帝国の政争を逃れて惑星連邦に戻り、ジョージャウ元皇帝とともにセクション31の一員となる。胞子網内に複製されていたカルバーがディスカバリーに戻る。

マイケルはスポックを見つけ、彼の予知を危険視するセクション31から逃げてタロス4号星で精神治療を受けさせる。ディスカバリーはセクション31を操り生命体の全滅を図るAIと戦う。赤い天使の正体は、セクション31の開発したタイムトラベルスーツを着たマイケルの母親であることがわかる。AIは球体の膨大なデータを入手して進化を図る。ディスカバリーはデータの破壊を試みて失敗し、データを遠い未来に送ろうとする。マイケルは新たに製作したタイムトラベルスーツをまとい、赤い天使として信号源が出現した過去の時点と場所を巡った後に、ディスカバリーとともに900年後に逃げる。進化に失敗したAIは倒され、パイクやスポックはディスカバリーが爆破されてデータも失われたと報告する。

エピソード編集

シーズン1のエピソード編集

通算
話数
タイトル監督脚本放送日
1"バルカンの挨拶"
"The Vulcan Hello"
デイビッド・セメル英語版(原案)ブライアン・フラーアレックス・カーツマン
(脚本)アキヴァ・ゴールズマン、ブライアン・フラー
2017年9月24日 (2017-09-24)
USSシェンジョウの副長マイケル・バーナム中佐は連邦辺境の連星系で遺物を発見し、連邦は100年ぶりに好戦的なクリンゴン人と遭遇する。マイケルはバルカン人の養父サレクの助言を受けて先制攻撃を図り、平和的な解決を望むアンダーソン提督とジョージャウ船長に反抗する。
2"連星系の戦い"
"Battle at the Binary Stars"
アダム・ケイン英語版ニコラス・メイヤー、ブライアン・フラー2017年9月24日 (2017-09-24)
マイケルは職を解かれ拘禁される。トゥクヴマの率いるクリンゴン艦隊は連邦艦隊を攻撃し、大損害を与える。脱出したマイケルはジョージャウ船長とともにクリンゴン船に潜入しトゥクヴマを殺すが、ジョージャウは死ぬ。USSシェンジョウは失われ、マイケルは軍事法廷で終身刑を言い渡される。
3"支配する者"
"Context Is for Kings"
アキヴァ・ゴールズマン原案 : ブライアン・フラー&グレッチェン・J・バーグ&アーロン・ハーバーツ
脚本 : グレッチェン・J・バーグ&アーロン・ハーバーツ&Craig Sweeny
2017年10月1日 (2017-10-01)
6カ月後、服役中のマイケルを護送中のシャトルが、突然現れた宇宙船USSディスカバリーに収容される。マイケルは副長となったサルーに再会し、悪名高い反逆者として乗員の敵意にさらされながら任務につけられる。通信を絶った姉妹船USSグレンに乗り込み、体がねじれて死んだ乗員を目撃し、巨大なクマムシのごとき怪物に遭遇して高い能力を発揮する。船長のロルカはマイケルに、胞子を用いた新しい移動手段を研究していることを教え、正式にマイケルを乗員として迎え入れる。
4"殺戮者のナイフは子羊の悲鳴など気にかけない"
"The Butcher's Knife Cares Not for the Lamb's Cry"
オラトゥンデ・オスンサンミ英語版ジェシー・アレクサンダー英語版 & Aron Eli Coleite2017年10月8日 (2017-10-08)
ロルカ船長は科学者からなる乗員を戦争に備えさせる。マイケルにUSSグレンから回収したクマムシを見せて、ランドリーと協力して武器に転用することを命じる。ダイリチウム鉱山星コルバンがクリンゴンに襲われ、ディスカバリーは救援に向かう。焦ったランドリーはクマムシに殺されてしまう。マイケルはクマムシと胞子の共生関係を利用して胞子ドライブを改善し、ディスカバリーはコルバンに到着してクリンゴン船を倒す。マイケルはジョージャウ船長の遺品を受け取る。トゥクヴマの遺志を継ぐヴォークとルレルは連星系に取り残されて窮し、シェンジョウの残骸からダイリチウムを回収する。コルが食料をもたらして乗員を味方につけ、ヴォークとルレルは置き去りにされる。
5"我に苦痛を与えよ"
"Choose Your Pain"
リー・ローズ英語版原案 :グレッチェン・J・バーグ&アーロン・ハーバーツ&ケンプ・パワーズ
脚本 :ケンプ・パワーズ
2017年10月15日 (2017-10-15)
艦隊司令部に呼ばれ、胞子ドライブの秘密を守るよう命じられた帰りにロルカはクリンゴン艦に捕えられ、牢でハリー・マッドとアッシュ・タイラー大尉に会う。クマムシは胞子ドライブを使うたびに弱り、マイケルとスタメッツとティリーはクマムシの遺伝子を移植できる生物を探す。船長代理となったサルーは責任に動揺し、ロルカを救うためにクマムシを酷使して休眠状態に陥れる。ロルカは船長のルレルに拷問されるが、裏切り者のマッドを残しタイラーと二人で脱出する。かつて船長だったUSSブランを爆破して一人生き残り、その時に負った目の損傷を治療していないことが分かる。二人はディスカバリーに戻り、スタメッツはクマムシの遺伝子を自分に注射して胞子ドライブを可能にし船を救う。サルーはマイケルに嫉妬していたことを謝罪し、ジョージャウ船長の遺品の望遠鏡を受け取る。マイケルはクマムシを開放する。
6"忘却の川"
"Lethe"
ダグラス・アーニオコスキー英語版ジョー・ミノスキー英語版 & テッド・サリバン英語版2017年10月22日 (2017-10-22)
クリンゴンの反乱分子に招待されたサレクは中立地帯のかに座星系に向かうが、論理至上主義者に妨害されて、船はイリディア星系で遭難する。ロルカはタイラーを保安主任とする。サレクとカトラを分け合うマイケルは異変を感じ取り、ロルカはディスカバリーをイリディア星系に向ける。マイケルは神経増強剤でサレクとのつながりを強化し、ティリー、タイラーとともにシャトルでサレクを探す。サレクの救援活動に反対するコーンウェル提督がディスカバリーに来てロルカと旧交をあたため、ロルカの心の問題に気づいて引退を提言する。サレクの心に入ったマイケルは、サレクがマイケルではなくスポックを遠征隊に選び、スポックが遠征隊ではなく宇宙艦隊を選んだことがサレクの心の傷となっていることを知り、昏睡状態から目覚めさせて連絡を取る。サレクはディスカバリーに収容され、マイケルは科学士官に任命される。ロルカはサレクの代わりにコーンウェルをクリンゴンとの会合に送り出す。罠にかかったコーンウェルは捕えられるが、ロルカは救出しようとしない。
7"正気を狂気に変えるマジック"
"Magic to Make the Sanest Man Go Mad"
デヴィッド・バレット英語版Aron Eli Coleite & ジェシー・アレクサンダー2017年10月29日 (2017-10-29)
船上ではパーティーが催され、マイケルはタイラーとの交際に戸惑う。ディスカバリーは異星生物ゴーマガンダーに遭遇して収容するが、中から現れたマッドが胞子ドライブの秘密を盗もうとして船を破壊する。その後、船はゴーマガンダー収容から船の破壊までの30分間を何度も繰り返す。時間線の外にいるスタメッツは、マッドが胞子ドライブをクリンゴンに売るため、船をループに落とし込んだことに気づいてマイケルに協力を求める。マイケルは行動パターンを変えてタイラーに接近し、マッドについて学ぶ。マッドはロルカとタイラーを殺して胞子ドライブの秘密を手に入れるが、マイケルは自分が高値でクリンゴンに売れるとマッドに話し、自殺してマッドがループをリセットするよう仕向ける。次のループではロルカがすべてをマッドに与えて欺き、時間ループ装置を破壊させる。マッドを捕え、マッドが持参金を盗んだ妻ステラとその父親に引き渡す。
8"汝、平和を欲するなら、戦いに備えよ"
"Si Vis Pacem, Para Bellum"
ジョン・S・スコット英語版カーステン・バイヤー英語版2017年11月5日 (2017-11-05)
ディスカバリーは、遮蔽装置を備えたクリンゴン船団からガガーリンを救おうとして失敗する。スタメッツは胞子ドライブを操作するたびに認識が混乱する。ルレルは惑星連邦への亡命を望み、コルに捕えられたコーンウェルと共に脱走を図る。マイケル、サルー、タイラーはクリンゴンを探知するために、強い電磁波を送信する惑星パーヴォを探索し、実体のない生命体パーヴァンに出会う。サルーはパーヴァンとの交信に影響されるが、マイケルが送信装置を調整し、3人はディスカバリーに戻る。パーヴァンの招待に応じ、クリンゴンの"死者の船"が到来する。
9"深き森の奥へ"
"Into the Forest I Go"
Chris Byrneボ・ヨン・キム & エリカ・リポールト2017年11月12日 (2017-11-12)
退却命令に逆らい、ロルカはディスカバリーをパーヴォに留めて、クリンゴンによる送信装置の破壊を妨げようとする。遮蔽装置のデータを得るため、タイラーとマイケルはクリンゴンの"死者の船"に乗り込んでセンサーを設置する。二人はコーンウェルを見つけるが、タイラーはかつて拷問とレイプを受けたルレルに再会してPTSDの発作を起こす。ロルカはスタメッツを酷使し、遮蔽装置を起動した"死者の船"の周辺でジャンプを繰り返しデータを収集する。マイケルはワープで逃げようとしたコルに一騎打ちを挑み時間を稼ぐ。ディスカバリーはマイケル、タイラー、コーンウェル、ルレルを収容した後、遮蔽技術を破って"死者の船"を破壊する。スタメッツが最後のジャンプでディスカバリーを基地に戻そうとすると、異変が起きて船は未知の場所に出現している。
10"我の意志にあらず"
"Despite Yourself"
ジョナサン・フレイクスSean Cochran2018年1月7日 (2018-01-07)
USSディスカバリーは別の鏡像宇宙に飛ばされており、スタメッツは倒れる。医療部長のカルバーはタイラーがクリンゴンに肉体と精神を改造されていることを発見し、タイラーに殺される。この宇宙では暴力的な人類のテラン帝国が宇宙を支配し、バルカンとクリンゴンとアンドリアからなる反帝国軍が対抗する。USSディスカバリーは、ティリーを船長とするこの宇宙のISSディスカバリーを偽装する。この宇宙では反逆者であるロルカは、ISSシェンジョウの船長であったマイケルとタイラーの囚人となってISSシェンジョウに乗り込み、以前に元の宇宙からこの鏡像宇宙に転移した(ENT,『暗黒の地球帝国』)USSディファイアントのデータを得ようとする。ISSシェンジョウの船長を引き継いでいたコナーはマイケルに挑戦して殺される。
11"内なる狼"
"The Wolf Inside"
T・J・スコット英語版Lisa Randolph2018年1月14日 (2018-01-14)
カルバー殺人の容疑をかけられたスタメッツの容体は悪化し、ティリーが胞子を注入して治療する。マイケルは反帝国軍のクリンゴン人指導者ファイアウルフを殺せとの皇帝の命令に背き、タイラーとともに反帝国軍基地に赴き、この宇宙で他種族がクリンゴン人に従う秘密を学ぼうとする。予言者と呼ばれるサレクに会い、反帝国軍を脱走させる。ファイアウルフと名乗るこの宇宙のヴォクに会ったタイラーは動揺する。ISSシェンジョウに戻ったタイラーは自分が改造されたヴォクであることを思い出してマイケルを襲い、奴隷として仕えるサルーに退けられる。タイラーはUSSディファイアントのデータとともにUSSディスカバリーに転送され拘禁される。皇帝ジョージャウが反帝国軍基地を攻撃する。
12"大それた野心"
"Vaulting Ambition"
Hanelle CulpepperJordon Nardino2018年1月21日 (2018-01-21)
マイケルは皇帝ジョージャウの旗艦ISSカロンに来て、連れて来たロルカは反逆者として拷問される。別の鏡像宇宙から来たことを皇帝に明かし、帰還する手助けを求める。皇帝はマイケルの宇宙の存在を知っており、USSディファイアントは位相空間を通ってきたため、そのデータはディスカバリーの帰還には役立たないと教える。マイケルは、この宇宙の人類は光に弱く、ロルカはこの宇宙出身であることを知る。スタメッツの意識は、胞子網の中でこの鏡像宇宙の自分と死んだカルバーに会う。タイラーはヴォクの精神の発現により苦しみ、サルーの依頼でルレルが治療する。
13"過去は序章"
"What's Past is Prologue"
オラトゥンデ・オスンサンミ英語版テッド・サリヴァン英語版2018年1月28日 (2018-01-28)
逃げたマイケルがディスカバリーにロルカの正体を告げ、ロルカがディスカバリーを鏡像宇宙に引き込んだことが分かる。ディスカバリーでは、宮廷船が胞子ネットワークからエネルギーを引き出すことで、全宇宙の生命が絶滅の危機にあることを知る。ロルカはランドリーら反逆者の仲間と合流し、宮廷船を制圧する。皇帝ジョージャウは逃げ、スタメッツは殺される。ロルカは惑星連邦も支配しようとマイケルを誘う。マイケルはジョージャウとともにロルカに投降するふりをし、ジョージャウがロルカを殺してシールドを停止する。そのすきにディスカバリーは胞子を抱える宮廷船のオーブを破壊し、マイケルとジョージャウを転送で回収する。オーブの破壊の衝撃波に乗って脱出し、元の宇宙に戻るが、そこでは9カ月が経っておりクリンゴンが惑星連邦を打ち破っている。
14"外なる戦い、内なる戦い"
"The War Without, The War Within"
David SolomonLisa Randolph2018年2月4日 (2018-02-04)
ディスカバリー船長代理のサルーはジョージャウを拘禁し、ヴォクの記憶を保って回復したタイラーを解放する。コーンウェルとサレクがディスカバリーに乗り込んで来て、この宇宙に転送されたISSディスカバリーは破壊され、惑星連邦の領域の20%は占領されたと言う。ディスカバリーが向かった第1宇宙基地もクリンゴンの1名家に占拠されている。マイケルは、ジョージャウから鏡像宇宙でクリンゴンを倒した秘訣を聞き出し、母星クロノス攻撃をコーンウェルに進言する。ディスカバリーはクロノス地下の洞窟に胞子ジャンプしてクロノスの地図を作るため、胞子を促成栽培する。さらにジョージャウはサレクにある戦術を伝え、サレクはディスカバリーを去る。ティリーの説得で、マイケルはタイラーに会う。ジョージャウがディスカバリーの船長に任命される。
15"新たなる旅立ち"
"Will You Take My Hand?"
アキヴァ・ゴールズマン原案:アキヴァ・ゴールズマン&グレッチェン・J・バーグ&アーロン・ハーバーツ
脚本:グレッチェン・J・バーグ&アーロン・ハーバーツ
2018年2月11日 (2018-02-11)
ディスカバリーはクロノスの洞窟内にジャンプし、ジョージャウ、マイケル、タイラー、ティリーは地図作製用ドローンを持ってオリオン人の街に入り込み、古のモローの神殿を探す。マイケルはかつて目の前で両親をクリンゴン人に殺された思い出をタイラーに語る。ドローンは実はクロノス全体を破壊するハイドロ爆弾であり、コーンウェル提督と取り引きをしたジョージャウが神殿地下からつながる溶岩道に仕掛ける。ディスカバリー乗員は惑星連邦の理念に立ち戻り、反乱を示唆してコーンウェルを翻意させて大虐殺を止める。マイケルは起爆装置をルレルに渡し、ルレルはその脅威の下に帝国を統一する。タイラーもルレルに同行し、ジョージャウは自由の身となる。マイケルは地球で養父母に会い、サレクがクロノス爆破計画を支持したことを知る。マイケルは功績により恩赦を与えられ、中佐に復帰する。スタメッツは少佐に昇進し、ティリーは少尉に任官し、サルーは勲章を授与される。ディスカバリーは新船長を迎えるため、サルー船長代理の下でサレクを乗せてバルカンに向かうが、エンタープライズパイク船長から救難信号を受け取る。

シーズン2のエピソード編集

通算
話数
シーズン
話数
タイトル監督脚本放送日
161"義弟"
"Brother"
アレックス・カーツマンTed Sullivan & Gretchen J. Berg & Aaron Harberts2019年1月17日 (2019-01-17)
マイケルはエンタープライズに乗務するはずの義弟スポックのことを思い出し、サレクと語り合う。スタメッツはカルバーの死に耐えられず、バルカン科学アカデミーへの転任を希望する。謎の信号源を調査中に大規模に損傷したエンタープライズのパイク船長はディスカバリーに乗り込んできてサルーから指揮権を一時的に取り上げ、謎の信号源の調査に向かう。目標点に着いたディスカバリーは小惑星に不時着した医療船ハイアワサを見つけ、パイクとマイケルらは救助に向かう。小惑星でマイケルは赤い天使のような存在を目にする。一行は負傷者とジェット・リノ中佐をディスカバリーに収容し、ディスカバリーは非バリオンの暗黒物質からなる小惑星を捕獲する。パイクとマイケルは互いの命を救いあい信頼を深める。マイケルはスポックの去ったエンタープライズで弟の日誌を見る。
172"ニュー・エデン"
"New Eden"
ジョナサン・フレイクス原案 : アキヴァ・ゴールズマン & Sean Cochran
脚本 : Vaun Wilmott & Sean Cochran
2019年1月24日 (2019-01-24)
マイケルはパイクに、謎の7つの信号源の位置が、発見される前にスポックの日誌に記されていることを伝える。パイクはスポックが精神病棟にいることを教える。新たな信号源が遠距離に発見され、ディスカバリーは胞子ドライブで向かう。目的地点に着くと信号は消え、救難信号が惑星テラリジウムから発信されている。パイク、マイケルらが上陸すると、マイケルが小惑星上で見た天使のような存在によって200年前に地球から連れ去られた人類が宗教的共同体を作っている。ティリーは暗黒物質を採取しようとして事故を起こす。惑星には小惑星のデブリが迫り、死んだ旧友の幻に助けられてティリーが立案した計画に従い、ディスカバリーは暗黒物質を使って惑星の危機を救う。住民のジェイコブはマイケルらの正体を正しく推測するが、パイクはプライム・ディレクティブに従って干渉を避ける。負傷したパイクはマイケルらに連れられて船に戻り、動力源をジェイコブに与えて去る。
183"闇の中の光"
"Point of Light"
Olatunde OsunsanmiAndrew Colville2019年1月31日 (2019-01-31)
クリンゴンの母星クロノスでは統一を図るルレルとそれを支えるタイラーがコール家の反乱に直面する。ルレルの叔父は殺され、隠されていたルレルとヴォクの息子は誘拐される。ルレルとタイラーは窮地に陥るが、セクション31の一員となった(鏡像世界出身の)ジョージャウが2人を救う。ルレルは弱みを見せないためにタイラーと息子の死とコール家の助力を偽装し、自らを総裁ではなく"母"と呼ばせる。マイケルの義母のアマンダがスポックの医療記録を盗んでディスカバリーに乗船して来る。スポックはマイケルが見たのと同じ赤い天使の姿を昔から幻視していたことがわかる。スポックは医師を殺して精神病棟から脱走したとされ、アマンダは息子を探すためにディスカバリーを去る。昇進訓練を受けるティリーを悩ませていた旧友メイの幻は、寄生した胞子状生物の仕業であることがわかる。
194"生と死と"
"An Obol for Charon"
Lee Rose原案 : Jordon Nardino & Gretchen J. Berg & Aaron Harberts
脚本 : Alan McElroy & Andrew Colville
2019年2月7日 (2019-02-07)
ディスカバリーはスポックが盗んで逃げたシャトルを追う途中、未知の球体に捕らえられる。球体からのウイルスに感染して船は混乱し、サルーは危機的な体調に陥る。死にかけた球体はコミュニケーションをとろうとしていたことがわかり、10万年分の貴重な知識をディスカバリーに与えた後にその命を終える。ケルピアン人の死期であるヴァハライを迎えたサルーはリスク神経を失うが復活する。胞子状生物は再びティリーに付着し、自らの種族は危機に陥っていると語る。
205"溺れゆく境界"
"Saints of Imperfection"
David BarrettKirsten Beyer2019年2月14日 (2019-02-14)
ディスカバリーはスポックのシャトルを捕獲するが、中からはセクション31の一員となったジョージャウが現れて、スポックをとり逃したと言う。セクション31の指揮官のリーランドはタイラーを連絡員としてディスカバリーに派遣する。繭に囚われたティリーは胞子網の中に転移させられ、胞子の形成したメイは胞子網を破壊している怪物からの救いを求める。ディスカバリーはティリーを救うために胞子網内にジャンプし、スタメッツとマイケルはティリーを見つけ、怪物が胞子に複製されたヒュー・カルバーであることを知る。隠れていたリーランドの船がディスカバリーの側に姿を現す。スタメッツはメイに懇願し、繭を使ってヒューを元の宇宙に戻す。ディスカバリーは元の宇宙に戻り、コーンウェル提督は、謎の7つの信号に関係するスポックを協力して探すよう、パイクとリーランドに命令する。
216"雷鳴"
"The Sound of Thunder"
Doug AarniokoskiBo Yeon Kim & Erika Lippoldt2019年2月21日 (2019-02-21)
ヴァハライを乗り越えリスク神経を失ったサルーは大胆になる。ディスカバリーは謎の信号が発信されたサルーの故郷カミナー星に向かい、マイケルとサルーは地表に降りてサルーの妹のシランナに出会う。技術的に進んだ捕食種族バウル人は、ヴァハライが死ではなく進化であることを知ったサルーを恐れ、引き渡しを求める。故郷の破壊を恐れたサルーはバウル人の宇宙船に自ら乗り込み、捕らえられたシランナを救う。球体の記録から、かつてはバウル人が被捕食種族であったが、ケルピアンの進化を止めたことで立場を逆転したことがわかる。バウル人はケルピアン人を皆殺しにしようとし、ティリーはサルーのヴァハライを引き起こした球体の信号を再現して全ケルピアン人の進化を促進する。赤い天使が現れてバウル人の攻撃を止める。
227"光と影"
"Light and Shadows"
Marta Cunningham原案: Ted Sullivan & Vaun Wilmott
脚本: Ted Sullivan
2019年2月28日 (2019-02-28)
マイケルはお尋ね者となったスポックを探すために一人でバルカンに帰り、アマンダがひそかにかくまっていたスポックに会う。サレクも知るところとなり、マイケルは認識障害を負うスポックを治療のためセクション31のリーランドに引き渡す。だがジョージャウはリーランドの意図について警告し、マイケルはスポックをさらって逃げ出す。スポックがつぶやいていた座標をもとに、マイケルは立ち入り禁止のタロス4号星(宇宙大作戦『タロス星の幻怪人』)へ向かう。カミナー星近傍では時空の裂け目が生じ、探査機を投じた後にパイクとタイラーのシャトルが特異点に吸い込まれる。改造され、改造され500年後から来た探査機がシャトルを襲う。ディスカバリーでは、スタメッツが胞子網を使ってシャトルの居る時間を突き止め、二人を救ってディスカバリーに戻る。シャトルは自爆するが、エアリアム少佐は探査機の影響を受ける。
238"記憶の痛み"
"If Memory Serves"
T. J. ScottDan Dworkin & Jay Beattie2019年3月7日 (2019-03-07)
カルバーは復活になじめず、自分を殺したタイラーを襲う。マイケルとスポックは幻影に守られたタロス4号星に到着し、パイクの知人であると言う地球人女性のヴィーナと高いテレパシー能力を有するタロス人に会う。マイケルはスポックの記憶を見せられ、未来から来た赤い天使が銀河系の全滅を救おうとしてスポックの前に現れたこと、スポックは誰も殺していないこと、セクション31がスポックの未来の記憶を圧殺しようとしたことを知る。マイケルは自分の記憶をスポックに見せて、かつてバルカン至上主義者から守るために嫌うふりをしたことを明かす。二人を迎えにタロス4号星に向かうディスカバリーは妨害工作に遭い、暗号送信が検知され、タイラーに疑いがかかる。リーランドは二人を捕えようとするがタロス人の幻影に騙され、2人を迎えたディスカバリーは惑星連邦に背いても全銀河系を救おうとする。
249"ダイダロス計画"
"Project Daedalus"
ジョナサン・フレイクスミシェル・パラダイス英語版2019年3月14日 (2019-03-14)
コーンウェル提督が密かにディスカバリーに乗船してスポックを尋問し、スポックが3人を殺した記録映像と比較する。エアリアム少佐はかつて地球人女性であった強化サイボーグであることがわかる。マイケルはスポックと3Dチェスをすることで弟の論理力のリハビリテーションを試みるが口論に終わる。コーンウェルの指示で、ディスカバリーはセクション31のパタル提督を逮捕すべく秘密基地へ向かうが、移動式機雷に妨害され、パタル提督はディスカバリーに逮捕通告を送る。マイケル、エアリアム、ナーンは基地に潜入し、パタルら指揮官が2週間前に死んでいることを知る。サルーは、セクション31のメインコンピューター"コントロール"による、パタルの通信およびスポックの記録映像の捏造を突き止める。謎の球体のAIに関するデータを自らにダウンロードしていたエアリアムはマイケルとナーンを襲い、"コントロール"へのデータ転送を始める。赤い天使の警告は"コントロール"による全銀河系知的生物の殲滅であると分かる。制御を奪われていたエアリアムはティリーの呼びかけで部分的に自分を取り戻し、自分を殺してプロジェクト・ダイダロスを調査するようマイケルに請う。ナーンが代わりにエアロックを開け、エアリアムは死ぬ。
2510"赤い天使"
"The Red Angel"
Hanelle CulpepperChris Silvestri & Anthony Maranville2019年3月21日 (2019-03-21)
エアリアムの宇宙葬が行われ、容疑の晴れたタイラーは釈放される。500年先のAIが探査機を通してエアリアムを操り、球体から得たAIのデータを現在の"コントロール"に渡そうとしたことがわかる。ティリーはエアリアムの体内にあった"ダイダロス計画"ファイルから、赤い天使の生体神経サインがマイケルに一致することを発見する。リーランドとジョージャウがディスカバリーを訪れ、クリンゴンのタイムトラベル開発に対抗して、セクション31がダイダロス計画を実行して赤い天使の形態のタイムトラベルスーツを開発したことを告白する。セクション31とディスカバリーは協力して赤い天使の捕獲を図る。リーランドは、タイムトラベルスーツを開発していたマイケルの両親の死は、自分の責任だと告白する。スポックは、赤い天使の出現がマイケルの生命の危機と関連していることを知る。ディスカバリーは捕獲に適したエッソフ4号星に向かい、有害な大気の中にマイケルを拘束して赤い天使を誘い出す。パイクやジョージャウらは作戦を中止してマイケルを救おうとするがスポックに制止される。赤い天使が現れ、瀕死のマイケルを未来の技術で救命した後に罠にかかり、その正体は死んだはずのマイケルの母であることがわかる。"コントロール"がリーランドを倒す。
2611"永遠なる無限"
"Perpetual Infinity"
Maja VrviloAlan McElroy & Brandon Schultz2019年3月28日 (2019-03-28)
マイケルの母ガブリエレ・バーナム博士はドクタリ・アルファの研究施設を襲ったクリンゴンから逃れ、タイムトラベルスーツで950年未来に飛ばされ、"コントロール"が全ての生命体を滅ぼしたことを知る。何度タイムトラベルを繰り返しても生命体の全滅は避けられず、どの時代に転移しても短時間で950年後に引き戻されると言う。球体のAIに関するデータを破壊し"コントロール"が入手して進化することを阻止するようパイクに願うが、7つの信号については知らないと言う。だがデータは破壊不可能であり、ディスカバリーはスーツにデータを移して950年後に送り込もうとする。"コントロール"はリーランドの体内にナノボットを送り込んで支配してデータを手に入れようとする。だがジョージャウとタイラーはリーランドの異常に気付いてリーランドと戦う。一部のデータを転送されたスーツとマイケルの母は950年後に戻り、"コントロール"も一部のデータを手に入れる。
2712"影の谷を歩むとも"
"Through the Valley of Shadows"
Douglas AarniokoskiBo Yeon Kim & Erika Lippoldt2019年4月4日 (2019-04-04)
4番目の信号がクリンゴン領内のタイムクリスタルを守るボレス星から発せられ、ディスカバリーはルレルを船上に迎えて訪問許可をとる。タイラーは息子が隠されているボレスへの訪問を禁じられ、パイクが一人で向かう。時間の流れが一様でないため、タイラーとルレルの息子は成長して修道院長テナヴィクとなっている。パイクはタイムクリスタルに触れて自分の過去と、不具になった未来を見せられ、未来が確定することを承知の上でタイムクリスタルを持ち帰る。マイケルとスポックが、定時連絡の遅れたセクション31の船にシャトルで向かうと、全乗組員が船外に放出されている。唯一生存する元U.S.S.シェンジョウ勤務のガント大尉を回収し、3人で船に入る。"コントロール"のナノボットに再構成されていたガントは球体のデータを手に入れるためにマイケルを襲うが、スポックが無力化する。セクション31の全30船がディスカバリーに向かい、パイクはデータを守るためにマイケルの進言を入れて自爆を命令する。
2813"甘い悲しみ"
"Such Sweet Sorrow, Part 1"
Olatunde Osunsanmiミシェル・パラダイス & Jenny Lumet & アレックス・カーツマン2019年4月11日 (2019-04-11)
ディスカバリーの自爆に備え、全乗組員はエンタープライズに移乗する。だがタイムクリスタルに触れたマイケルは、球体のデータが自爆と外部からの攻撃を防ぎ、リーランドがエンタープライズを制圧する未来を垣間見る。第5の信号が現れ、パイクは自爆を中止させ、乗組員はディスカバリーに戻って胞子ドライブで信号を追いザヒア星に到着する。タイムスーツを製作し、天才技術者でティリーの友人のポー女王(Short Treks 『逃亡者』)がタイムクリスタルを活性化させる装置を製作する。マイケルは戻れる見込みのないまま、一人でワームホールを開きデータとともにディスカバリーを未来に送り込もうとする。カトラで異変を知ったサレクとアマンダがディスカバリーに来てマイケルに別れを告げる。ティリー、サルーやスポックなどの乗組員やジョージャウもマイケルに同行を決める。タイラーはディスカバリーを降り、自らの使命を果たそうとする。パイクがエンタープライズに戻り、セクション31の艦隊が到着する。
2914"甘い悲しみ パート2"
"Such Sweet Sorrow, Part 2"
Olatunde Osunsanmiミシェル・パラダイス & Jenny Lumet & アレックス・カーツマン2019年4月18日 (2019-04-18)

サルーが船長代理となったディスカバリーとエンタープライズは、リーランド以外は無人の30隻のセクション31艦隊に圧倒される。エンタープライズには光子魚雷の不発弾が命中する。急遽製作したタイムスーツを着たマイケルは、シャトルで先導するスポックとともに船外に出て、未来へのワームホールを開こうとするが設定できない。スポックは、過去の5つの信号とともに現れた赤い天使の正体はマイケルであり、過去を完結させないと未来へは行けないことに気づき、マイケルは過去の5つの時と場所へ飛んだ後に現在へ戻る。タイラーとルレルの率いるクリンゴン艦隊とシランナ率いるバウル船に乗ったケルピアン艦隊が援軍に駆けつける。リーランドはディスカバリーに入り、データを入手しようとしてナーンとジョージャウと戦う。スタメッツは負傷し、カルバートに手当てを受ける。コーンウェルは自分を犠牲にして光子魚雷の爆発の被害を最小に食い止める。スポックはエンタープライズに転送され、マイケルは未来へのワームホールを開いてディスカバリーを通す。ジョージャウがリーランドを倒してコントロールは無力化され、セクション31の艦隊は壊滅させられる。


後に、サンフランシスコの宇宙艦隊本部で、タイラーとパイクとナンバーワンは査問を受け、ディスカバリーは爆発したと嘘の証言をする。スポックはタイムトラベルに関係するディスカバリー、胞子ドライブ、マイケルは厳重な秘密とされるべきだと提案する。修理を受けたエンタープライズは7番目の信号を発見して向かう。

製作編集

シーズン1編集

2015年の11月にスタートレックの新シリーズ制作がCBSから発表された[11]。スタートレック・シリーズの脚本経験をもつアレックス・カーツマンブライアン・フラーが共にショーランナー及び原案を手掛け[12]、後にニコラス・メイヤーやトレヴァー・ロス、ジーン・ロッデンベリーの息子であるロッド・ロッデンベリー英語版らが製作総指揮に加わった[13]。2016年7月23日、サンディエゴ・コミコンにてフラー司会進行によるトークイベントが催され[14]、その際に新シリーズのタイトルが「スタートレック:ディスカバリー」であることが公にされた[15]。同年10月、フラーは多忙を理由にショーランナーから退いたが[16]、その任をグレッチェン・J・バーグ英語版アーロン・ハーバーツ英語版が継ぐこととなった[17]

CBSの運営する配信サービスであるCBS All Accessにとって初のオリジナル脚本のドラマとして2017年の1月から配信開始の予定であったが[11]、内容に万全を期したいという製作陣の意向から5月に延期された[18]。その後、主役を演じるマーティン=グリーンのスケジュール調整も相まって更に延期が進み[19]、結果的に配信が開始されたのは同年9月からであった[20]

シーズン2編集

2017年10月23日にシーズン2の製作が発表された。 アキヴァ・ゴールズマンはシーズン1の後、製作には戻らなかった。シーズン2のエピソード1の製作後、ハーバーツとバーグはCBSに解雇され、カーツマンが唯一のショーランナーになった。

シーズン3編集

2019年2月27日にシーズン3の製作が発表された。 シーズン3では、カーツマンに加えてミシェル・パラダイス英語版がショーランナーとなった。

キャスティング編集

出演者の情報はミシェル・ヨーを皮切りに[21][22] 次々と明らかになっていった[23][24][25]。主人公に関しては製作当初から女性であることが確定しており[26]アフリカ系の女優を起用するのではと憶測を呼んだが[27]、選考を幾度か重ねた結果、役の設定を的確に把握出来る演技が評価され[28]ソネクア・マーティン=グリーンに決定した[29]


派生番組および関連メディア編集

アフター・トレック編集

CBS All Accessでは、シーズン1の各エピソード配信直後に『アフター・トレック』と題するライブショーを生配信し、出演者やスタッフなどを招いてシリーズや過去のスター・トレックのシリーズについてのトークを繰り広げ、視聴者からの投稿にリアルタイムで答える。日本では、2017年9月26日からNetflixが録画配信している。シーズン2では打ち切られ[30]facebookでのライブストリームに置き換えられた。

通算
話数
話題になったエピソードゲスト放送日
1"バルカンの挨拶"
"連星系の戦い"
アーロン・ハーバーツ、ジェームズ・フレイン2017年9月24日 (2017-09-24)
2"支配するもの"アーロン・ハーバーツ、 メアリー・ワイズマン2017年10月1日 (2017-10-01)
3"殺戮者のナイフは子羊の悲鳴など気にかけない"ジェイソン・アイザックス, ダグ・ジョーンズ、 アーロン・ハーバーツ、グレッチェン・J・バーグ2017年10月8日 (2017-10-08)
4"我に苦痛を与えよ"メリー・チーフォ、 ケネス・ミッチェル、アーロン・ハーバーツ、グレッチェン・J・バーグ2017年10月15日 (2017-10-15)
5"忘却の川"グレッチェン・J・バーグ2017年10月22日 (2017-10-22)
6"正気を狂気に変えるマジック"アンソニー・ラップ、ウィルソン・クルーズ、レイン・ウィルソン2017年10月29日 (2017-10-29)
7"汝、平和を欲するなら、戦いに備えよ"ジェーン・ブルック、テッド・サリバン、ダグ・ジョーンズ2017年11月5日 (2017-11-05)
8"深き森の奥へ"ソネクア・マーティン=グリーン、メアリー・ワイズマン、ボ・ヨン・キム、エリカ・リポールト2017年11月12日 (2017-11-12)
9"我の意志にあらず"メリー・チーフォ、ウィルソン・クルーズ、アーロン・ハーバーツ、グレッチェン・J・バーグ、サム・バーソロミオス2018年1月7日 (2018-01-07)
10"内なる狼"シャザド・ラティフ、テッド・サリヴァン、メリー・チーフォ2018年1月14日 (2018-01-14)
11"大それた野心"ジョナサン・フレイクス、アンソニー・ラップ、ジョードン・ナーディーノ2018年1月21日 (2018-01-21)
12"過去は序章"ジェイソン・アイザックス、テッド・サリヴァン、レッカ・シャルマ2018年1月28日 (2018-01-28)
13"外なる戦い、内なる戦い"オラトゥンデ・オスンサンミ、ジャスティン・シミエン、ダグ・ジョーンズ2018年2月4日 (2018-02-04)
14"新たなる旅立ち"ソネクア・マーティン=グリーン、アンソニー・ラップ、アレックス・カーツマン、アーロン・ハーバーツ、グレッチェン・J・バーグ2018年2月11日 (2018-02-11)

Short Treks編集

2018年10月4日から、CBS All Accessではスピンオフとして各話15分で4話からなるStar Trek: Short Treksを配信し、日本でもNetflixで公開されている[31]

通算
話数
タイトル監督脚本放送日
1"逃亡者"
"Runaway"
Maja VrviloJenny Lumet & アレックス・カーツマン2018年10月4日 (2018-10-04)
惑星連邦の船上内で、ティリーは怪我をした密航者のザヒアン人の少女のポーに出会う。ポーはダイリチウムの合成器を発明した重要人物であり、女王としての戴冠式を翌日に控える。ティリーはポーを送り出す。
2"宇宙の恋人"
"Calypso"
Olatunde OsunsanmiSean Cochran &マイケル・シェイボン2018年11月8日 (2018-11-08)
1000年後、無人のまま特定座標に留まるよう命令されたディスカバリーのコンピューターは自意識を持つようになり、自分をゾーラと呼ぶ。ゾーラは救命ポッドを回収してクラフトという男性を救助して治療し、親しくなる。やがてゾーラはクラフトをシャトルに乗せて母星に帰す。
3"希望の輝き"
"The Brightest Star"
Douglas AarniokoskiBo Yeon Kim & Erika Lippoldt2018年12月6日 (2018-12-06)
若き日のサルーが描かれる。遅れた被捕食種族ケルピアン人のサルーは外の世界に憧れ、ワープ技術を持つバウル人の通信機を盗んで信号を送る。これに応えてフィリッパ・ジョージャウが訪れ宇宙への旅に誘うが、二度と戻れるかどうかは保証しない。
4"華麗なる脱出"
"The Escape Artist"
レイン・ウィルソンMichael McMahan2019年1月3日 (2019-01-03)
詐欺師でお尋ね者のハリー・マッドは賞金稼ぎに捕らえられ、惑星連邦に引き渡されそうになる。だが連邦船にはマッドの外見を持つ大量のアンドロイドが引き渡されている。本物のマッドは自分の姿のアンドロイドを製作し、賞金稼ぎに販売していたことがわかる。

DVDおよびBlu-ray編集

日本では、DVDおよびBlu-rayはNBCユニバーサル・エンターテイメントジャパンが販売し、シーズン1は2018年12月19日より販売されている。

評価編集

シーズン1第一話の視聴者数と新規登録数編集

第一話のみは、CBS All Accessでの配信に先立ってCBSで放送され、950万人に視聴された[32][33]

また第二話の配信を視聴するため、CBS All Accessへの新規登録数は一日当たりだけではなく、週間かつ月間の最高を記録した[34]

脚注編集

  1. ^ : Heather Kadin
  2. ^ : Trevor Roth
  3. ^ Birnbaum, Debra (2016年9月14日). “'Star Trek: Discovery' Delayed on CBS All Access Until May, 'Good Wife' Spinoff Moved Up”. Variety. United States: Penske Media Corporation. 2016年9月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月15日閲覧。
  4. ^ Holloway, Daniel (2017年8月29日). “Can ‘Star Trek: Discovery’ Help CBS Boldly Go Into a Streaming Future?”. Variety. 2017年8月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月29日閲覧。
  5. ^ Ramos, Dino-Ray (2017年10月23日). “‘Star Trek: Discovery’ Renewed For Second Season At CBS All Access”. Deadline.com. 2017年10月23日閲覧。
  6. ^ StarTrek.com Staff (2016年7月18日). “International Broadcasters Set for New Star Trek Series”. StarTrek.com. United States: Blogger. 2016年7月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月19日閲覧。
  7. ^ a b 『Star Trek Discovery Starships Collection』Eaglemoss社刊
  8. ^ : Maulik Pancholy
  9. ^ : Sam Vartholomeos
  10. ^ Pascale, Anthony (2018年7月22日). “Exclusive: Anson Mount Talks Playing Pike, Reveals How Many Episodes He’s In Of ‘Star Trek: Discovery’”. TrekMovie.com. 2018年7月22日閲覧。
  11. ^ a b 「スター・トレック」新テレビシリーズ、2017年1月に全米リリース!”. シネマトゥデイ (2015年11月4日). 2019年3月2日閲覧。
  12. ^ 「スター・トレック」新テレビシリーズ かじ取りは「ハンニバル」のブライアン・フラー”. シネマトゥデイ (2016年2月14日). 2019年3月2日閲覧。
  13. ^ 『スタートレック』新シリーズ、"身内"を続々呼び戻す”. 海外ドラマNAVI (2016年3月9日). 2019年3月2日閲覧。
  14. ^ 50周年を迎える「スター・トレック」、TV版新シリーズのタイトルが発表!”. 映画.com (2016年7月26日). 2019年3月2日閲覧。
  15. ^ 『スター・トレック』新TVシリーズのタイトル決定! 予告解禁で“宇宙船”の姿も”. クランクイン! (2016年7月27日). 2019年3月7日閲覧。
  16. ^ 「スター・トレック」新作、ブライアン・フラーがショーランナー降板”. シネマトゥデイ (2016年11月1日). 2019年3月2日閲覧。
  17. ^ 『スター・トレック』新TVシリーズのブライアン・フラー、ショーランナーの座から下りる”. 海外ドラマNAVI (2016年10月30日). 2019年3月6日閲覧。
  18. ^ 『スタートレック』新TVシリーズ、2017年5月に配信が延期”. 海外ドラマNAVI (2016年9月17日). 2019年3月5日閲覧。
  19. ^ 「スター・トレック」また延期に…放送日は未定”. シネマトゥデイ (2017年1月22日). 2019年3月6日閲覧。
  20. ^ 『スター・トレック:ディスカバリー』の配信日がついに正式発表!”. 海外ドラマNAVI (2017年6月21日). 2019年3月2日閲覧。
  21. ^ 『スタートレック』新シリーズ、一人目のキャストが決定!”. 海外ドラマNAVI (2016年11月25日). 2019年3月6日閲覧。
  22. ^ 「スター・トレック」新作、艦長にミシェル・ヨー”. シネマトゥデイ (2016年11月30日). 2019年3月6日閲覧。
  23. ^ 『スタートレック』新シリーズ、二人の追加キャストが決定!”. 海外ドラマNAVI (2016年12月1日). 2019年3月6日閲覧。
  24. ^ 「スター・トレック」新作、クリンゴン人司令官ほか新キャスト!”. シネマトゥデイ (2016年12月18日). 2019年3月6日閲覧。
  25. ^ 新作「スター・トレック」艦長決定”. シネマトゥデイ (2017年3月10日). 2019年3月6日閲覧。
  26. ^ 「スタトレ」新ドラマシリーズは女性主人公!主要キャラにLGBTも”. 映画.com (2016年8月21日). 2019年3月7日閲覧。
  27. ^ 『スタートレック』新シリーズ、女性キャラクターが主人公!”. 海外ドラマNAVI (2016年8月13日). 2019年3月7日閲覧。
  28. ^ 【ネタばれ】『スター・トレック:ディスカバリー』謎の主人公、主演女優がついに詳細を明かす”. 海外ドラマNAVI (2017年6月28日). 2019年3月7日閲覧。
  29. ^ 『スター・トレック』新シリーズ、『ウォーキング・デッド』サシャ役女優が主演”. クランクイン! (2016年12月15日). 2019年3月7日閲覧。
  30. ^ Pascale, Anthony (2019年1月17日). “CBS Launching Weekly ‘Star Trek: Discovery’ Facebook Live Events, Starting Tonight From NYC Premiere”. TrekMovie.com. 2019年1月17日閲覧。
  31. ^ 「予告編など」のタブの中にある
  32. ^ Rick, Porter (2017年9月25日). “TV Ratings Sunday: Star Trek: Discovery Has Decent Premiere on CBS”. Screener. オリジナルの2017年9月28日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/6toRpvAya 2017年9月25日閲覧。 
  33. ^ Rick, Porter (2017年9月26日). “‘Celebrity Family Feud,’ ’60 Minutes’ and NFL adjust up: Sunday final ratings”. Screener. オリジナルの2017年9月28日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/6toRr22mq 2017年9月28日閲覧。 
  34. ^ D'Alessandro, Anthony (2017年9月24日). “Star Trek Discovery Fuels Record Sign-Ups for CBS All Access”. Deadline.com. 2017年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月28日閲覧。

外部リンク編集