アントニオ・カルモーナ

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はカルモーナ第二姓(母方の)はアマヤです。(Template:スペイン語圏の姓名

アントニオ・カルモーナ・アマヤ西: Antonio Carmona Amaya, 1965年5月21日 - )はスペイン歌手グラナダで生まれた。

アントニオ・カルモーナ・アマヤ
Antonio Carmona Amaya
Antonio Carmona.jpg
2017年
基本情報
生誕 (1965-05-21) 1965年5月21日(56歳)
出身地 スペインの旗 スペイングラナダ
ジャンル ヌエボ・フラメンコ
(新しいフラメンコ)
ロマ音楽
ワールド・ミュージック
職業 シンガーソングライター
担当楽器 歌唱パーカッション
レーベル ユニバーサル ミュージック グループ
共同作業者 ケタマスペイン語版
ホセ・エル・フランセス

スペインの人気グループ「ケタマスペイン語版」のメンバーとして、兄フアンと共に活躍し、スペイン・ヒット・チャートの一位にたびたび曲を送り込んだ。1993年にはホセ・エル・フランセススペイン語版のデビュー作「サンブラスの通り」にケタマとして全面協力、パーカッションを担当した。[1]

2000年のスペイン映画ジターノスペイン語版」では、ホアキン・コルテス演ずる主人公の親友のミュージシャンを演じ、ソロ曲「Bohemio」が使われている。[2]

ディスコグラフィー編集

アルバム編集

サウンドトラック編集

  • 2000: Gitano (Sony) 「Bohemio」収録

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ CD「サンブラスの通り」解説
  2. ^ CD「ジターノ オリジナル・サウンドトラック」解説