アントニオ・デ・ニグリス

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はデ・ニグリス第二姓(母方の)はグアハルードです。

アントニオ・デ・ニグリスAntonio de Nigris Guajardo1978年4月1日 - 2009年11月16日)は、メキシコモンテレイ出身の元サッカー選手メキシコ代表であった。ポジションはFW。2009年11月、31歳で心臓発作により急死した[3]

アントニオ・デ・ニグリス Football pictogram.svg
名前
愛称 Tano[1][2]
ラテン文字 Antonio de Nigris Guajardo
基本情報
国籍 メキシコの旗 メキシコ
生年月日 1978年4月1日
出身地 モンテレイ
没年月日 (2009-11-16) 2009年11月16日(31歳没)
身長 186cm
体重 77kg
選手情報
ポジション FW
代表歴
2001-2008 メキシコの旗 メキシコ 16 (4)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

経歴編集

クラブ編集

ヌエボ・レオン州モンテレイに生まれ、地元のCFモンテレイからデビューした。2003年にスペイン・セグンダ・ディビシオン(2部)のビジャレアルCFに移籍し、ポリ・エヒド時代も含めて2年間ほどスペインでプレーするが、大きなインパクトは残せなかった。コロンビア・プロサッカーリーグオンセ・カルダスに在籍していた2004年にはインターコンチネンタルカップに出場し、FCポルトとの試合でPKを決めたが、PK戦の末に敗れている。その後再びメキシコに戻ったが、2006年3月20日にブラジル・セリエAサントスFCと契約し、コパ・ド・ブラジルブラジリエンセFC戦でデビューした。同年後半にはトルコのガズィアンテプスポルに移籍し、アンカラスポルMKEアンカラギュジュと短期間にトルコのクラブを渡り歩いた。心臓に問題が見つかってアンカラギュジュとの契約を解除され、トルコサッカー連盟からプレーのライセンスを剥奪された。

2009年夏、ギリシャ・スーパーリーグAEL 1964と2年契約を結んだ。同年11月16日、就寝中に心臓発作を起こして急死した[4][5]。31歳没。この時、妻との間には5歳になる娘がいた[3]

代表編集

2001年3月7日、ブラジルとの親善試合 (3-3) でメキシコ代表デビューし、その試合で初得点も決めた。3月25日に行われた2002 FIFAワールドカップ・北中米カリブ海予選ジャマイカ戦では、先制点を含む2得点を挙げて4-0での快勝に貢献した。5月から6月にかけて日本と韓国で共催されたFIFAコンフェデレーションズカップ2001に出場し、7月に出場したコロンビア開催のコパ・アメリカ2001では決勝で開催国に敗れたが準優勝の成績を残した。

その後7年間ほど代表から離れていたが、2008年2月6日のアメリカとの親善試合のためにウーゴ・サンチェス監督に招集され、久々の代表復帰を果たした。途中出場したこの試合では実力を発揮できなかったが、ロンドンで行われたガーナとの親善試合にも出場した。31歳で死去するまでに16試合に出場して4得点を挙げている[6][7]

人物編集

弟のアルド・デ・ニグリスもサッカー選手であり、以前デ・ニグリスも所属していたメキシカン・サッカーリーグCFモンテレイでプレーしている。兄のアルフォンソ・デ・ニグリス英語版は俳優や男性モデルとして活躍している。

所属クラブ編集

個人成績編集

代表での得点編集

脚注編集

  1. ^ De Nigris, otro golpe en el corazón (スペイン語) Super Deporte
  2. ^ イタリア出身の祖父によって付けられた
  3. ^ a b ラリサのデ・ニグリスが急逝 UEFA.com、2009年11月16日
  4. ^ El futbolista mexicano Antonio de Nigris falleció de un infarto (スペイン語) ESPN Deportes、2009年11月16日
  5. ^ De Nigris erliegt Herzinfarkt Transfermarkt.de、2009年11月15日
  6. ^ “メキシコ代表FWデニグリスが急死”. 日刊スポーツ. (2009年11月17日). https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/p-sc-tp3-20091117-566715.html 2020年2月20日閲覧。 
  7. ^ Mexikos Nationalstürmer de Nigris gestorben News Ticker (ドイツ語)

外部リンク編集