アントワーヌ・グリマルディ (1697-1784)

アントワーヌ、シュヴァリエ・グリマルディAntoine Grimaldi, chevalier [de] Grimaldi, 1697年10月2日 - 1784年11月28日)は、モナコの政治家。1732年より死去する1784年まで、50年以上にわたりモナコの事実上の摂政であった。

アントワーヌ・グリマルディ
Antoine Grimaldi

出生 (1697-10-02) 1697年10月2日
フランス王国パリ
死去 (1784-11-28) 1784年11月28日(87歳没)
モナコ
家名 グリマルディ家
父親 モナコ公アントワーヌ1世
母親 エリザベート・デュルフォール
テンプレートを表示

生涯編集

モナコ公アントワーヌ1世とダンサーのエリザベート・デュルフォール(Élisabeth Dufort)の間の非嫡出子で[1]、1715年父に認知された。1731年父と異母妹のルイーズ=イポリット女公が相次いで亡くなり、女公の夫ジャック1世が公位を継いだ。翌1732年5月20日、ジャック1世によってモナコの「総督(gouverneur-général)」に任命された。ジャック1世とその息子オノレ3世はそのままパリのオテル・ド・マティニョン英語版に移り、以後モナコの国政に関与することはなかった。シュヴァリエは有能な摂政であり、オーストリア継承戦争では巧みな外交交渉でモナコの中立状態を維持することに成功したとされる。

生涯独身を通し、1784年に87歳の高齢で死去した。初めて国政を引き継いだオノレ3世はこのとき齢64歳に達していた。

引用・脚注編集

  1. ^ Paul Theroff. “MONACO”. Paul Theroff's Royal Genealogy Site. 2020年2月11日閲覧。